10月の時候の挨拶:上旬・中旬・下旬に分けて紹介!ビジネス・案内状の例文

季節の歳時記・手紙の書き方
10月 時候の挨拶

時候の挨拶は、メールや手紙の書き出し部分で季節感を演出するために重要な役割がある挨拶文ですね。 この記事では、10月の上旬・中旬・下旬のそれぞれの時期に使える時候の挨拶を例文で紹介します。 「こんな表現の仕方もあったんだ」というちょっと意外な文例も紹介していますので、印象的なメールや手紙の書き出しにしてみたい方は参考にしてみてくださいね。

羅生門のあらすじを簡単に短く!読書感想文を書くコツ(ネタバレあり)

読書感想文の書き方
羅生門 あらすじ

芥川龍之介の「羅生門」は学校で必ず習う作品ですよね。 しかし、「うっすらと記憶はあるけどどんな話だったか覚えていない」「いったい何を伝えたかった話なのか当時はよくわからなかった…」という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 この記事では、「羅生門」のあらすじを簡単に短く説明し、ネタバレを含む結末の内容についてもわかりやすく解説させていただきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

風と共に去りぬのあらすじを簡単に!小説や映画・宝塚のネタバレ

読書感想文の書き方
風と共に去りぬ あらすじ

マーガレット=ミッチェル原作の「風と共に去りぬ」は、映画や宝塚歌劇でも上演されている名作小説です。 しかしこの作品、長編小説というだけあってとにかく長い…! 「ずっと原作を読んでみたいとは思っているんだけど、なかなか時間が無くて…」という方もきっと多いのではないでしょうか。 そんな方のために、この記事では「風と共に去りぬ」の作品あらすじについて、簡単にわかりやすく解説させていただきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

細雪のあらすじ(谷崎潤一郎)を簡単にわかりやすく!結末ネタバレあり

読書感想文の書き方
細雪 あらすじ

「細雪」は谷崎潤一郎文学の中でもとくに有名な作品ですね(映画化もされました) 一度は読んでおきたい名作ですが、なかなか長い物語なので手に取るのを躊躇(ちゅうちょ)してしまっている方もひょっとしたら多いかもしれません。 今回は、「細雪」の内容をざっくりと理解しておきたいという方向けに、あらすじを簡単にわかりやすく紹介します(一部結末ネタバレあり) 作品を読み始める前の参考にしてみてくださいね。

承知いたしましたの意味:上司への敬語としてOK?メール返信の例文

会社・職場のマナー
承知いたしました 意味

職場の上司と話したり、メールを打ったりするのってちょっと緊張しますよね! 内容的なことよりも、言葉づかいで注意されることが多くてモヤモヤ…という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 今回は、目上の人に対して「承知いたしました」という言葉を使うときの意味や注意点についてくわしく解説します。 わかっていると思っていても、意外に知らなかった…ということはベテランの人でもよくあることですから、ぜひチェックしてみてくださいね!

単純接触効果とは?心理学の実験例や恋愛・営業・LINEへの応用方法

心理学の知識
単純接触効果

単純接触効果とは、「よく顔をあわせる人には自然と心を開いてしまう」という人間の心理のことをいいます。 この記事では、人間関係で悩んでいる方に、単純接触効果で異性や、営業先と距離を縮めるコツをお伝えします! 片思いで異性へのアプローチに悩んでいる方や、営業で成績がなかなか上がらない…という方に効果のある方法ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

趣味を仕事にするメリット・デメリット:具体的方法を体験者が解説!

会社・職場のマナー
趣味を仕事に

「趣味を仕事にする」というのは最近よく聞くキーワードですよね。 私も、あまり興味がなかったIT業界から、自分の趣味だったライター業に独立した経験があります。 ここでは趣味を仕事にするメリットやデメリットと共に、その具体的方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「斜陽」あらすじを簡単・簡潔に短く紹介!(ネタバレあり)読書感想文のポイントは?

読書感想文の書き方
斜陽 あらすじ

「斜陽」は、敗戦により没落して行く貴族の姿を描いた作品です。 走れメロスや人間失格と並んで太宰治の代表作といわれている作品ですから、興味のある方も多いのではないでしょうか。 そんな方のために、この記事では「斜陽」のあらすじを、簡単・簡潔に説明します。 読書感想文を書く時にも役に立つと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

星の王子様のあらすじを簡単に短く!読書感想文向け詳しいネタバレあり

読書感想文の書き方
星の王子様 あらすじ

サン=テグジュペリ原作の「星の王子様」は、世界各国で翻訳され、学校の教材にも使われることの多い名作です。 物語の途中で差し込まれているかわいいイラストとは対照的に、哲学的なメッセージで多くの学びを与えてくれる作品として親しまれていますね。 この記事では、「星の王子様」のあらすじを簡単にわかりやすく紹介しますので興味を持った方はぜひ原作を読んでみてください。 読書感想文を書く必要がある方向けのネタバレ含む詳しい解説もつけていますので、参考にしてみてくださいね。

歴史漫画のおすすめは?中学受験・高校受験にも最適な完結編を紹介!

歴史人物のお話
歴史漫画 おすすめ

「歴史って、教科書を読んでもたいくつでよく分からない…」って思った経験、ありませんか? そんな方には漫画でおおまかにストーリーや時代の流れを理解するのがおすすめですよ! 教科書だと単なる「暗記項目」にしか思えない歴史上の人物も、漫画の登場人物になると一気にいきいきと物語を追いかけることができるようになるんです。 今回は、中学受験・高校受験にも最適な歴史漫画8本を厳選して紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

「風立ちぬ」あらすじを簡単にわかりやすく!(ネタバレあり)読書感想文のポイント

読書感想文の書き方
風立ちぬ あらすじ

ジブリ映画で有名な「風立ちぬ」ですが、この物語はもともと堀辰雄原作の小説です。 「風立ちぬ」は原作者の堀辰雄の実体験をもとに作られたといわれ、人の死を扱う重いテーマの中にどこか希望を感じさせる魅力的な作品です。 この記事では、「風立ちぬ」の物語をまだ読んだことがない方向けに、内容のあらすじや見どころについて簡単にわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「坊ちゃん」あらすじを短く簡単にまとめ:読書感想文を書く時のポイントは?

読書感想文の書き方
坊ちゃん あらすじ

「坊ちゃん」は、夏目漱石の古典的な名作といわれる作品ですから、一度は読んでみたいと感じている方も多いのではないでしょうか。 しかし、いざ読み始めてみると「言い回しが古くてなんだか理解しにくそう…」と感じてしまった方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方は作品の大まかな内容や、ストーリーの流れを理解してから読み始めてみると作品をより楽しめると思いますよ。 この記事では、坊ちゃんの大まかなあらすじについて、簡単にわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人間失格:あらすじを短く簡潔にわかりやすく!読書感想文におすすめ

読書感想文の書き方
人間失格 あらすじ

「恥の多い生涯を送って来ました」 「人間失格」はこの一文で多くの人に知られている太宰治の代表作品です。 この物語の主人公の人生と太宰治自身の人生には共通部分があり、作品発刊の1か月後に太宰が自殺していることから、彼の遺作ともいわれていますね。 今回は時間がない方向けに、「人間失格」のあらすじや見どころについて、簡単にわかりやすく紹介していきたいと思います。

「雪国」あらすじを簡単にわかりやすく解説!読書感想文のポイント

読書感想文の書き方
雪国 あらすじ

ノーベル賞を受賞した文学者・川端康成の作品の中でも特に有名なのが「雪国」です。 この記事では、「雪国」のあらすじや見どころについて簡単にわかりやすく解説させていただきます。 忙しくて読むひまがない!という方や、読書感想文を書きたくて読んだけど、何だか意味がわからなかった…という方まで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

三四郎のあらすじを簡単にわかりやすく!読書感想文を書くポイント

読書感想文の書き方
三四郎 あらすじ

この記事では、夏目漱石の「三四郎」のあらすじについて簡単にわかりやすく解説します。 夏目漱石の作品は読書感想文のテーマとしても定番ですから、挑戦している方も多いのではないでしょうか。 ただ、「読み始めてはみたけれど、登場人物も多いし、言い回しも古くて意味がよくわからない…」と思ってしまった方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんね。 この記事では作品のおおまかな内容をしるためのあらすじや、読み取るべき重要なキーワードについて簡単にわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

時をかける少女のあらすじ!ネタバレ結末含む作品内容を簡潔に紹介!

読書感想文の書き方
時をかける少女 あらすじ

筒井康隆原作の「時をかける少女」は映画やアニメ・ドラマにもなった名作小説です。 この記事では、「時をかける少女」のおおまかなあらすじや登場人物の紹介、一部ネタバレを含む作品内容について簡潔に紹介します。 作品をまだ見たことがないという方は参考にしてみてくださいね。

同調圧力の意味とは?なぜ日本人だけが悩む?職場や学校のいじめの例と原因

言葉の意味
同調圧力

学校でのいじめや職場でのハラスメントの原因の1つとして、「同調圧力」ということばが最近クローズアップされています。 同調圧力とは、ごく簡単にいうと「多数の意見にしたがうように無言の圧力がかかるような状態」のことですね。 海外生活が長い私にとって、日本に久しぶりに戻るときには同調圧力の強さを感じることが少なくありません(海外の自宅に戻ると、正直ホッとすることがあります) この記事では、日本と海外の違いに注目して同調圧力の問題について考えてみましょう。

ページの先頭へ