住宅ローン控除は単身赴任するとどうなる?入居前転居や必要な手続き

税金の知識
住宅ローン控除と単身赴任

「マイホームを買ったら単身赴任になりやすい」という都市伝説もあるぐらい、サラリーマンにとって転勤と住宅ローンの問題は深刻ですよね。 特に注意しておきたいのが住宅ローン控除の扱いです。 家族みんなで引っ越ししてしまうと住宅ローン控除は受けられなくなるわけですが、それじゃあ単身赴任なら?と疑問に感じておられる方も多いかもしれませんね。 今回は、住宅ローン控除と単身赴任の関係について、わかりやすく解説させていただきます。

徴兵制のある国一覧表:韓国やスイスは先進国でも採用…実際戦うの?

その他の雑学
徴兵制のある国

今、世界で徴兵制のある国はどのくらいあるのでしょうか。 身近なところでいえば、おとなりの韓国に徴兵制があることがよく知られていますね。 今回は、徴兵制を採用している国の一覧と、徴兵制の意義(実際に戦うことがあるのか?など)について具体的に解説させていただきます。

手紙は「結びの言葉」で差が出る!季節別に文例と書き方を解説!

季節の歳時記・手紙の書き方
手紙,結びの言葉

手紙の最後に書く「結びの言葉」は、手紙全体の印象を引き締める役割がある重要な部分です。 ビジネスで使う手紙やメールはどうしても無味乾燥になってしまいがちですが、結びの言葉に季節感を出したり、ちょっとセンスを感じさせる言葉を織り交ぜることができると、ぐっと相手の印象に残る手紙になりますよ。 今回は手紙やメールで使う結びの言葉について、そのまま使える文例や、具体的な書き方のポイントについて解説させていただきます。

文明開化の影響とは?江戸時代と明治時代で変化した文化・政治意識

歴史人物のお話
文明開化,影響

明治に入って言われた「文明開化」とは今までの日本的な物を旧式として欧米のモノを進んだものとしてどんどん受け入れていくというものでした。 この明治時代に生まれた言葉である「文明開化」とはつまり「西洋化」です。 しかし、本当に西洋化すること「イコール」文明が進むことでいいのでしょうか。

西郷隆盛と勝海舟の関係は?江戸城無血開城の会見の功績やエピソード

歴史人物のお話
西郷隆盛,勝海舟

明治新政府軍の実質的なリーダーとして活躍した西郷隆盛に対して、幕府軍を指導したのが幕臣勝海舟でした。 明治新政府軍は京都の鳥羽伏見の戦いで始まる戊辰戦争(明治新政府軍と幕府軍の戦いを総称してこのように呼びます)を勝ち進み、ついに幕府の本拠地である江戸城の攻撃にとりかかります。 しかし、江戸の町は当時の世界でももっとも人口の多かった大都市です。 この大都市で戦いが発生すれば非戦闘員である市民に多くの犠牲が出ることは確実でした。 これを避けるため、明治新政府軍のリーダー西郷隆盛と、幕府軍のリーダー勝海舟は会談を行います。 結果として2人は江戸城無血開城を成し遂げることになります。

西郷隆盛の犬の名前や種類は?なぜ上野公園の銅像で一緒に並べた?

歴史人物のお話
西郷隆盛,犬

西郷隆盛といえば、犬を連れている上野公園の銅像が有名ですね。 この西郷さんが引き連れている犬には、実在のモデル犬が存在したことはご存知でしょうか。 今回は、西郷隆盛がどんな犬種を飼育し、どんな名前を付けて可愛がっていたのかについて史実をもとに解説させていただきます。

新撰組の最後の戦いはどんな状況だった?最後の生き残りの武士は誰?

歴史人物のお話
新撰組,最後

幕末期に幕府の治安維持部隊として大活躍した新撰組は、幕府が明治新政府軍に倒されるとともに最後のときを迎えます。 もともと京都の治安維持を担当していた新撰組ですが、戊辰戦争(明治新政府軍と幕府軍の戦いをこう呼びます)が京都から江戸、さらに東北地方へと進んでいくにしたがって各地を転戦していきます。 この中で、目覚ましい活躍を見せていた新撰組隊員もひとり、またひとりと倒れていきました。

孝明天皇と明治天皇の関係は?南朝・明治維新勢力の毒殺説の真相とは

歴史人物のお話
孝明天皇,明治天皇

孝明天皇と明治天皇は、ともに幕末から明治にかけての激動の時代に生きた人物です(親子です) 海外列強の圧力という難局を乗り切り、日本が大国に成長していく動乱期を国家元首として生きた2人の人物は、実は対照的な性格を持っていました。 今回は孝明天皇と明治天皇の関係や性格の違い、さらにはそれぞれの天皇にまつわる暗殺説について検証していきましょう。

福沢諭吉の韓国の評価は「韓国とは関わるな」?脱亜論を唱えた理由とは

歴史人物のお話
福沢諭吉,韓国

福沢諭吉は「脱亜論」(日本は清国や朝鮮などのアジア圏から脱して、西洋化するべきだという意見)を主張したことでも知られています。 「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」という平等思想を説いた一方で、アジアからの脱皮を目指す方向性を打ち出したことには「矛盾している」という意見もあります。 今回は、近代日本の代表的な思想家である福沢諭吉が韓国についてどういう風に考えていたのか?について考えてみたいと思います。

西郷隆盛の金玉(睾丸)は大きかった?陰嚢が腫れあがる病気とは?

歴史人物のお話

明治維新の立役者の一人として、今なお人気のある西郷隆盛は金玉が大きかったという話は有名です。 西郷は身長約180㎝、体重も100㎏を越える巨漢だったそうで、だから睾丸も大きかったのかというとそういう訳ではなく、実は病気で睾丸が腫れ上がっていたためだったというのです。 西郷どんと金玉の大きくなる病との関わりについて解説させていただきます。

ページの先頭へ