「手紙の書き出し」を例文で超わかりやすく解説!ビジネス~友達親戚

「手紙の書き出し」は手紙全体をスムーズに書き上げるための重要ポイントです。

書き出しの後に続く「本文」では具体的な要件を伝えることに集中すればOKですから、最初の書き出し部分というハードルさえクリアしてしまえば、あとはすらすらと書き上げることができますよ。

一方で、相手から見て「手紙のマナーができている人だな」という印象を与えるのがこの書き出し部分ですから、マナー違反が無いように注意しておきましょう。

この記事では、手紙の書き出し方法について例文を用いてわかりやすく解説しますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

手紙は「書き出し・本文・結び」の3つでできている

手紙は、大きく分けて次のパーツでなりたっています。

  • ①書き出し
  • 頭語
  • 時候の挨拶
  • 前文の挨拶
  • ②本文
  • ③結び

①の手紙の書き出し部分は、頭語・時候の挨拶・前文の挨拶の3つのパーツから成り立っています。

Sponsored Links

手紙の書き出し・本文・結びの例文

↓上の手紙の各パーツに例文を入れると、例えば次のようになります。

①書き出し

頭語
拝啓

時候の挨拶
新芽の緑が鮮やかな季節となってきました。

前文の挨拶
~事業所のみなさまにおかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

②本文
さて、このたび私どもは~

③結び
まずは書中をもちましてごあいさつとさせていただきます。

敬具

手紙の書き出しでは、「頭語」「時候の挨拶」「前文の挨拶」の3つを書く必要があります。

ビジネス相手のようにフォーマルな相手に手紙を書く場合と、親せきや友人に対して書く場合とで書き方が異なりますので、それぞれのケースの書き出し方法を例文で紹介しましょう。

Sponsored Links

手紙の書き出し例文:ビジネス向け

繰り返しになりますが、手紙の書き出し部分では次の3つのことを順番に書きます。

①頭語
拝啓

>>この部分のバリエーション

②時候の挨拶
陽春の候、

>>この部分のバリエーション

③前文の挨拶
皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

>>この部分のバリエーション

※以下本文がつづきますく
さて、ご好評をいただいております~についてですが…

Sponsored Links

書き出し部分の例文サンプル(ビジネス用)

上のルールに従って作成した、手紙の書き出し部分の例文サンプルをいくつか紹介します。

拝啓 寒冷の候、ご清祥のこととお喜び申し上げます。このたびは、~

拝啓 新春の候、ますますご壮健のことと拝察いたします。このたびは、~

拝啓 初春の候、ご家族おそろいで楽しいお正月を過ごされたことと存じます。このたびは、~(以下本文が続きます)

拝啓 惜春のみぎり、ますますご健勝の段、何よりと存じます。このたびは、~(以下本文が続きます)

拝啓 秋晴れのさわやかな日が続いております。みなさまにおかれましてはお健やかにお過ごしでしょうか。このたびは、~(以下本文が続きます)

Sponsored Links

手紙の書き出し例文:友人や親戚あて

友人や親せきあてに手紙を書くときには、上で見たビジネス用の書き出しとは違い、もっと簡単な内容にしても問題ありません。

頭語や時候の挨拶はとてもフォーマルな印象(悪く言えばよそよそしい印象)がありますので、親しい友人や親せきあての手紙では必要ないでしょう。

友人や親戚あてに手紙を書く時の例文としては以下のようなものが考えられるでしょう。

Sponsored Links

書き出し部分の例文サンプル(友人や親せきあて)

毎日暑い日が続いていますが、お元気ですか。
おかげさまで私ども家族は元気に過ごしております。

先日は遠方より我が家に遊びに来ていただきありがとうございました。

娘たちの相手をしていただき、とても楽しい3日間になりました。

次にお休みがとれたときにもぜひ遊びに来てくださいね。

今年の暑さは特に厳しいようです。まだまだ暑い日が続くようですので、体調などくずされないようどうぞご自愛くださいませ。

Sponsored Links

手紙の書き出し部分の各項目の意味を説明

手紙の書き出し部分では、頭語・時候の挨拶・前文の挨拶の3つを書く必要があることを説明しました。

以下では、それぞれの項目が持つ意味やバリエーションについて確認しておきましょう。

Sponsored Links

①頭語

頭語は「拝啓」のように、慣習的に手紙の初めに入れる言葉で、手紙の最後に入れる「結語」と対応しています。

「拝啓」と「敬具」のように、「この頭語を入れたときには、この結語を入れないといけない」というルールが決まっているので注意してください。

また、親しい友人や親せきに手紙を出すときには、頭語や結語は省略して問題ありません。

頭語の組み合わせのバリエーションとしては、次のようなものがあります。

Sponsored Links

頭語の組み合わせバリエーション

  • 一般的な手紙

拝啓→敬具(敬白・拝具・かしこもOK)
啓上→敬具(敬白・拝具・かしこもOK)
拝進→敬具(敬白・拝具・かしこもOK)
一筆申し上げます→敬具(敬白・拝具・かしこもOK)

※結語の「かしこ」は手紙の書き手が女性の場合のみ使えます。

  • かなりフォーマルな手紙

謹啓→謹言(謹白・敬白もOK)
謹呈→謹言(謹白・敬白もOK)
粛啓→謹言(謹白・敬白もOK)
恭啓→謹言(謹白・敬白もOK)

  • 初めて手紙を出す相手の場合

初めてお手紙を差し上げます。→敬具(拝具・謹言・かしこもOK)
突然のお手紙を差し上げますご無礼をお許しください。→敬具(拝具・謹言・かしこもOK)

なお、次のような種類の手紙では、頭語と結語・時候の挨拶は入れないのがマナーなので注意してください。

頭語と結語・時候の挨拶を省略しないといけない(入れてはいけない)手紙

  • 年賀状
  • 暑中見舞い
  • 寒中見舞い
  • お詫び状
  • お悔み状
  • 死亡通知
  • 喪中をお知らせする手紙
  • 抗議文や催促状

Sponsored Links

②時候の挨拶

時候の挨拶は手紙の季節感を演出する部分です。

通常は「~の候」という表現を使いますが、「~のみぎり」「~の折」という書き方でも問題ありません。

例えば、「小寒の候」は「小寒のみぎり」「小寒の折」でもOKですよ。

各月の時候の挨拶には、それぞれ以下のようなものがあります。

Sponsored Links

時候の挨拶のバリエーション

  • 1月の時候の挨拶

初春の候
新春の候
小寒の候
厳寒の候
大寒の候
酷寒の候
仲冬の候
寒冷の候

  • 2月の時候の挨拶

余寒の候
晩冬の候
春寒の候
残寒の候
向春の候
立春の候
残雪の候
梅花の候
寒明の候

  • 3月の時候の挨拶

早春の候
浅春の候
孟春の候
弥生の候
春分の候
浅暖の候
春陽の候
春寒の候
若草の候
雪解けの候

  • 4月の時候の挨拶

陽春の候
仲春の候
春麗の候
桜花の候
春嵐の候
清和の候
春爛漫の候
桜花爛漫の候
花冷えの候

  • 5月の時候の挨拶

新緑の候
薫風の候
緑風の候
若葉の候
万緑の候
晩春の候
立夏の候
軽暑の候
惜春の候

  • 6月の時候の挨拶

入梅の候
梅雨の候
長雨の候
初夏の候
向暑の候
桜桃の候
薄暑の候
小夏の候
深緑の候

  • 7月の時候の挨拶

梅雨明けの候
盛夏の候
向暑の候
猛暑の候
大暑の候
炎暑の候
仲夏の候
酷暑の候
灼熱の候
甚暑の候
真夏の候

  • 8月の時候の挨拶

残暑の候
処暑の候
晩夏の候
残夏の候
暁夏の候
暮夏の候
立秋の候
早涼の候
新涼の候

  • 9月の時候の挨拶

初秋の候
秋涼の候
早秋の候
涼風の候
爽涼の候
新秋の候
孟秋の候
秋分の候
秋色の候
秋霜の候

  • 10月の時候の挨拶

仲秋の候
清秋の候
爽秋の候
秋冷の候
秋雨の候
錦秋の候
紅葉の候
金風の候
秋晴の候
秋月の候
秋麗の候

  • 11月の時候の挨拶

晩秋の候
霜秋の候
暮秋の候
深秋の候
暁秋の候
立冬の候
深冷の候
向寒の候
冷雨の候
霜寒の候
初冬の候
小雪の候

  • 12月の時候の挨拶

師走の候
初冬の候
寒冷の候
霜寒の候
歳末の候
新雪の候
歳晩の候
月迫の候
霜夜の候
忙月の候
極月の候
孟冬の候
厳冬の候
短日の候

Sponsored Links

時候の挨拶があることでフォーマルな雰囲気の手紙になりますから、友人や親せき宛で出す手紙には必ずしも必要ありません。

一方で、時候のあいさつは手紙ならではの良さが出る部分ですから、ビジネスの手紙ではしっかりとした内容の時候の挨拶を入れておきたいところですね。

なお、当然ながら、時候の挨拶はあなたが手紙を出す季節が何月か?によって書き方が異なります。

それぞれの季節の具体的な時候の挨拶の書き方については、次の記事で例文をたくさん紹介していますので参考にしてみてくださいね。

>>1月~12月:各月の手紙の書き出し例文はこちら

③前文の挨拶

前文の挨拶では、相手の安否を気づかう文章や、あなたの側の状況などを簡単に説明する文章を入れます。

下の例文の中から書きやすいものを選んでみてください。

Sponsored Links

前文の挨拶のバリエーション

  • 皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • ~様におかれましては、一段とご健勝にお過ごしのことと拝察申し上げます。
  • ご無沙汰をしておりますが、その後お変わりありませんでしょうか。
  • おかげさまで私ども家族も元気に過ごしております。
  • 私もおかげさまを持ちまして相変わらず元気に働いておりますので、どうぞご安心くださいませ。
  • 家族一同大過なく過ごしておりますので、ご安心ください。
  • 家族ともども健康で楽しい毎日を過ごしております。
  • ~様には平素より一方ならぬご厚情を賜り、心より感謝いたします。
  • いつも身に余るお心遣いを頂戴し、心よりお礼申し上げます。
  • 平素より何かとお心にかけていただき、大変感謝しております。

↓手紙の書き出しについては、以下の記事も参考にしてみてください。

11月の手紙の書き出し:ビジネス・親しい人に分けて例文を紹介

手紙の書き出し
11月 手紙 書き出し

11月といえば紅葉の季節ですが、どことなく冬の訪れを感じる季節でもありますね。 今回は、11月に手紙を出す方向けに、書き出し文の例文を紹介します。 ビジネスのお客様や親しい人への挨拶に手紙をしたためたいけれど、なんとなく書き方が分からない…という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

9月の手紙の書き出し例文!ビジネスやお礼状~カジュアルな友達あて

手紙の書き出し
9月 手紙 書き出し

この記事では、9月に出す手紙の書き出しの例文を紹介しています。 9月は暑い夏や楽しかった夏休み・お盆休みも終わり、仕事や学校の日常生活に戻る季節ですね。 ビジネスや親しい友人などへ送る手紙では、秋の訪れを感じさせる書き出しで季節感を演出しましょう。

8月の手紙の書き出し例文:お客様向けビジネス~親戚や親しい人あて

手紙の書き出し
8月 手紙 書き出し

8月は、夏休みやお盆があるので、普段会う機会の少ない親戚が集まる楽しい季節ですね。 久しぶり会えた親戚や友人へ楽しかったと手紙を書いたり、ビジネスでも手紙を書く機会も多いのではないでしょうか。 この記事では、8月手紙の書き出しの例文を紹介します。 手紙を送る相手に合わせて、ぴったりの例文を選んでアレンジしてみてくださいね。

10月の手紙の書き出しは?ビジネス・親しい友達などシーン別の例文

手紙の書き出し
10月 手紙 書き出し

親しい人に書くお手紙やお礼状を書く時に一番迷うのが「手紙の書き出し」ではないでしょうか。 この記事では10月に書く手紙の書き出し文例をシーン別に紹介しています。 手紙の書き出しには、季節に合わせた時候の挨拶を入れることで、相手に与える印象もぐっと違ってきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

手紙の書き出し方法【ビジネス~親戚・友達例文あり】時候の挨拶は?

手紙の書き出し
7月,手紙,書き出し

この記事では、手紙の書き出し部分の書き方について、例文サンプルを紹介しながらくわしく解説します。 友達や親せきの人などにあてて書くカジュアルな手紙で使える書き出しから、お客様などビジネスで目上の人にあてて書く手紙まで使える例文を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手紙の書き始め文例:春夏秋冬の季節別に使える書き出しを紹介!

手紙の書き出し
手紙,書き始め,文例

文章というのは「書き始め(書き出し)」が一番むずかしいですよね。 本文で書きたいことはたくさんあるのに、いつも書き出しで手が止まってしまう…という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 手紙の書き出しでは春華春闘を意識した「時候の挨拶」から入るのが一般的ですが、型通りのものだとどうしても固い印象になってしまいがちです。 今回はビジネスだけでなく、親戚や友人に手紙を送るときにも使いやすい書き始め文例を紹介させていただきます。

6月の手紙の書き出し文例:ビジネスやお礼状に使える時候の挨拶は?

手紙の書き出し
6月の手紙の書き出し

6月といえば梅雨の時期。じめじめとした嫌な季節というイメージがあります。 しかし、街路に咲くあじさいや、ジューンブライドで結婚式を挙げる人が増えるなどこの時期ならではの美しい情景もたくさんあります。 6月に出す手紙には、こうした季節感を上手に織り込みたいものですね。 今回は6月に出す手紙の書き出しについて、文例を挙げながら解説させていただきます。

5月の手紙の書き出し:春季語や時候の挨拶を含む例文・挨拶文の紹介

手紙の書き出し
5月の手紙の書き出し

端午の節句やゴールデンウィークの連休など、5月は何かと手紙を書く機会が増えますね。 今回は、5月に出す手紙の書き出しについて具体的に解説させていただきます。 なお、手紙の場合には自分が出す時ではなく、相手の手元に届く時期に合わせるのがマナーですので注意してくださいね。

【3月の手紙の書き出し】桜や春の季語を含む文例を紹介!

手紙の書き出し

3月は卒業式、人事異動など、別れの季節ですね。「立つ鳥跡を濁さず」でスッキリとした気持ちで次の旅立ちに備えたいものです。 今回は3月に書く手紙の書き出しについて、今すぐ使える具体的な形で解説させていただきます。 桜や春の季語を使った文例も紹介しますので、アレンジしてぜひ使ってみてくださいね。

ページの先頭へ