学校生活の悩み

大学生でバイトしないのは甘え?しないほうがいい場合もある?

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

大学生 バイトしない

(大学生でバイトしないのは甘えですか?)

大学生は、バイトをする人としない人の2種類に分かれますね。

ひょっとしたら、「大学生になったらもう年齢的には成人。親に学費を出してもらってしかもバイトをしないなんて甘えだ」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、大学生がバイトをすることにはメリットとデメリットの両方があります。

重要なことは、このメリットとデメリットの両方を知って、自分で責任を持って判断することです。

まわりがみんなバイトしているから自分もする…。というのでは、むしろ子供の考え方です。

「自分の行動の結果を予測して、生じる責任を自分でとる」というのが大人の判断の仕方です。

大学生は良くも悪くも「社会人になるための準備期間」と言えますから、バイトをするかどうか?はあなた自身が決めましょう。

以下では、大学生がバイトをするメリットやデメリットについて具体的にまとめました。

バイトをすべきか、すべきでないかを迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

大学生がバイトをするデメリットは?

大学生 バイトしない

(大学生がバイトすることによるデメリットとは)

まずは大学生がバイトをすることのデメリットから見ていきましょう。

大学生がバイトをすると、以下のようなデメリットがありますので注意してください。

デメリット①:時間を拘束される

まず、バイトをすると大学生活以外に拘束時間が発生します。

大学の友達と好きな時に遊ぶということもできなくなりますし、勉強時間が減ってしまうこともあるでしょう。

バイトをする場合には、学生生活とのかねあいで時間管理をよりしっかりとする必要があります。

ただし、文系の大学生は学生生活にものすごく時間がありますから、それほど困ることもないかもしれません。

バイトをしていないと、むしろ時間があまりすぎてルーズになるくせがついてしまうかもしれませんね。

(理系の場合は進級のために講義の内容についていくだけでも必死…という学部も多いので注意)

また、バイトをしているとバイトの中での楽しいことが見つかる可能性もあります。

バイトの中で出会った人と友達になったり、彼氏彼女が見つかったりといった具合ですね。

こうなると「バイトをしている時間」も無駄な時間ということではなくなります。

↓※少ない時間でたくさん稼げるバイトといえばこれですが…、通っている大学の偏差値に自身がある方限定になりますね。



>>日本一の塾講師専用求人サイト【塾講師JAPAN】

デメリット②:体力が奪われる

バイトで働くと体や頭を使うので、とても疲れます。

お金をもらうのですから、バイト中は店長や上司の指示に従わなくてはなりませんから、精神的なストレスもありますね。

どのぐらい体力を奪われるか?はバイトの種類にもよるのでケースバイケースですが、

体力に全く自信がない…。という人はバイトは避けた方が良いかもしれません。

(ただし、社会人になったらそういうことはいってられなくなるのも事実なので、学生のうちに少しずつトレーニングしておくというのも一つの考え方です)

デメリット③:人付き合いが増える

バイトをすると色々な人と出会いますので、交遊範囲が広がる反面、人付き合いが増えます。

付き合いが苦にならない人には関係ありませんが、苦手な人にとってはストレスを感じる時間が多くなるかもしれませんね。

デメリット④:生活習慣が乱れる

これは職種にもよりますが、夜遅くまで働くようなバイトは大学生はできるだけ避けた方が良いでしょう。

家に着いた頃には次の日だった…なんてことを続けていたら、まともな大学生活を続けることが難しくなります。

睡眠時間はとても大切ですから、バイトをすべきかすべきでないか、どういうバイトを選ぶか、は慎重に判断しないといけません。

デメリット⑤:食生活が乱れる

こちらも職種によりますが、忙しくて決まった時間にご飯が食べられないと、食事の時間が乱れてしまいます。

食事の時間が乱れると、食べる量が多くなりすぎたり、少なくなりすぎたりします。

自己管理をしっかりすることが大切です。

Sponsored Links

大学生がバイトをするメリットは?

大学生 バイトしない

(大学生がバイトをするメリットとは)

次のページへ >




Sponsored Links

-学校生活の悩み

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.