Sponsored Links

スポーツの知識

オリンピックの由来は?戦争と関係ある?意味や語源を解説!

オリンピック 由来

(オリンピックの由来や歴史について説明します)

オリンピックは紀元前9世紀(今から3000年近くも前です)から行われている競技会です。

ものすごく長い歴史のある大会なのですが、もともとは「神様にささげるお祭り」だったことをご存知でしょうか?

この記事では、オリンピックの語源由来や歴史について、簡単にわかりやすくまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

オリンピックの由来とは?

オリンピック 由来

(オリンピックはもともと「オリュンポス十二神」にささげるお祭りでした)

オリンピックは「ギリシアの神様にささげるお祭り」に由来があります。

つまり、昔のオリンピックは神様の前で素晴らしい競技をして、喜んでもらうための宗教的なものだったのです。

ここでいう「神様」というのは、イエスキリストではなくて、古代ギリシアの神様のことです。

(なにせオリンピックが始まったのは、イエスキリストが生まれるよりも900年も前の話です)

古代ギリシアの神様には、ものすごくたくさんの種類がいます。

↓たくさんいる神様の中でも、「もっともパワーを持っている」とされていた神様のことを「オリュンポス十二神」と呼んでいます。

オリュンポス十二神とは

  • ゼウス(ジュピター):一番強い神(神々の王)
  • ヘーラー:ゼウスの妻
  • アテナ(ミネルヴァ):知恵や工芸品の神様
  • アポロン:芸術の神
  • アフロディテ(ヴィーナス):愛と美の神
  • アレス(マルス):戦いの神
  • アルテミス(ダイアナ):狩猟や豊穣の神
  • デメテル:農業の神
  • ヘーパイストス:炎の神
  • ヘルメース(マーキュリー):旅人の神
  • ポセイドン(ネプチューン):海の神
  • ディオニュソス(バッカス):お酒の神

「オリュンポス十二神」

↑なんだか「オリンピック」と名前が似ていますよね。

そうです。オリンピックとは、もともとはこのオリュンポス十二神にささげるためのお祭りだったのです。

なお、「オリュンピア」とは、今のギリシアがあるペロポネソス半島西部に位置する古代ギリシアの都市のことでもあります。

[ad#co-1]

オリンピックはいつから行われているの?

オリンピック 由来

(オリンピックは紀元前9世紀から行われています)

オリンピックが最初に行われたのは紀元前9世紀ごろと言われています。

これは気が遠くなるほどのものすごい昔です。

↓どのぐらい昔か?というとこのぐらい昔です。

紀元前9世紀はどのぐらい古い?

    • 日本人はまだ文字も何も持っていません。
    • イエスキリストが生まれるよりも900年ほど前です。
    • ブッダが生まれるより400年ほど前です。
Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-スポーツの知識

© 2020 トレンドジャンプ!