手紙の書き出し

手紙の書き出し【文例あり】

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

手紙 書き出し

(この記事では、手紙の書き出し部分のルールについて解説いたします)

  • 手紙の「書き出し」はどう書く?
  • 拝啓や前略などの言葉から書き始めるのが正しい?

メールやラインで連絡を取り合うケースが増えた分、手紙を書く機会はめっきりと少なくなりましたね。

手紙の書き方で特にややこしいのが、「書き出し部分」の書き方です。

手紙の書き方にはいろいろとルールがあり、間違えると失礼に当たることもありますから注意しておきましょう。

↓結論から言うと、手紙の書き出し部分には次の3つのことを書くのが正解です。

手紙の書き出しにはこの3つを書く

  • ①頭語(拝啓・前略などの言葉です)
  • ②時候の挨拶(季節ごとに書き方が違います)
  • ③相手の安否確認(相手の健康を気づかう文章です)

なお、友人や親戚など親しい人に書く手紙では、①や②はなくても問題ありません。

最初から「暑い日が続いていますが、体調などくずされていないでしょうか」といったような内容から書き出しましょう。

(親しい関係の人にあまりにもかた苦しい手紙を書いてしまうと、よそよそしく感じてしまうこともありますから注意してください)

以下では、手紙の書き出しについて文例を紹介します。

フォーマルな書き方と、ややくだけた書き方の両方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手紙の「書き出し」にはこの3つのことを書く!

手紙 書き出し

手紙の「書き出し」には、次の3つのことを書きます。

手紙の「書き出し」に書く3つのこと

  • ①頭語
  • ②時候のあいさつ
  • ③安否確認のあいさつ

↓こちらの赤文字の部分が手紙の書き出しにあたります(目上の人へのお礼の手紙など、かなりフォーマルな手紙な場合の例です。カジュアルな手紙の書き出しについてはこちらをクリック

①拝啓 ②春の気配がようやく整った今日この頃ですが、③鈴木先生におかれましてはますますご健勝のことと存じます。

さて、先日はご多忙の中、私どもの結婚披露宴に遠路よりお越しいただき、誠にありがとうございました。

~(中略)

新年度を迎え、お忙しいとは存じますが、健康にはくれぐれもご注意くださいませ。

敬具

四月十五日

山田太郎

鈴木恵一先生

これら3つの意味はそれぞれ以下の通りです。

書き出しの3つのパーツの意味

  • ①頭語:「拝啓」などの文章です。
  • ②時候のあいさつ:季節感を感じさせる文章です(1月~12月の例文はこちら)
  • ③安否確認のあいさつ:相手の状況をたずねる文章です。

これら3つを「書き出し」で書いたら、「さて、~」という形で本文に入っていくことになります。

なお、①と②についてはカジュアルな手紙では省略しても問題ありません。

次のページへ >




Sponsored Links

-手紙の書き出し

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.