学校生活の悩み

部活を辞める理由と言い方:親や顧問・友達を納得させる方法!

更新日:

※このページは 5 分で読めます。

この記事では、中学校や高校・大学でこれまで頑張ってきた部活を辞めようと考えている方向けに、部活を辞めるときの理由と言い方(伝え方)について説明します。

せっかくがんばって続けてきた部活を辞めるのは残念なことですが(あなた自身が一番そう思っていますよね)進路や将来の方向性から考えて部活を辞めるという決断をするのが正しいこともあります。

今まで応援してくれた親や顧問、一緒にがんばってきた友達を納得させるための具体的な方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

部活を辞める理由:顧問を納得させる方法と言い方

部活 辞める 理由

顧問の先生に部活を辞める理由を伝えるときには、次のような理由を選ぶと良いでしょう。

部活を辞める理由:顧問に伝える場合の言い方

  • 成績が下がってしまい、親から辞めろといわれている
  • 部活で体力を使い切ってしまって他のことに集中できない。学校生活を部活だけにしたくない
  • レギュラー争いが精神的につらい。性格的に合わない
  • 他にやってみたいことができた(英会話など勉強したいことがある・やってみたい習い事がある・アルバイトで社会経験を積んでみたいなど)

基本的には「親からも部活を辞めるように言われている」ということが伝わるようにするとともに、「部活以外にもやってみたいことができた」というポジティブな理由が伝わるようにすると納得してもらえる可能性が高いででしょう。

Sponsored Links

部活を辞める理由:顧問に伝えるのは避けたほうが良い理由

部活 辞める 理由

一方で、顧問に対して部活を辞めることを伝えるときには、次のような理由は避けたほうが良いです。

↓これらの理由は「これを克服するために部活がある」というポリシーを持っている顧問も多く、反対されてしまう可能性がとても高くなるからです。

部活を辞める理由:顧問には言わないほうが良いこと

  • 友達や先輩との人間関係がうまくいかない(それをうまくできるようにするのが部活の一つの目的だ、と反対される可能性が大)
  • 顧問の先生のやり方についていけない(顧問自身、自分が批判されることは避けたいと考えますので、「まあそういわずに。君の意見も今後は取り入れるから」というようにまるめこまれてしまう可能性大)
  • 自分の実力では部活についていけない(それを頑張って克服しないと、と反対される可能性大)

顧問の立場からすると、チームから抜ける人が出ることは顧問自身の評価にもかかわることですから、あなたが辞めないように説得してくることが考えられます。

その一方で、顧問としてはあなたの人生で部活よりも優先すべきこと(将来の進路や勉強など)が出てくることは十分に承知していることですから、きちんと理屈を説明できれば納得してもらうことはそれほど難しくはないでしょう。

Sponsored Links

部活を辞める理由:親を納得させる方法と言い方

部活 辞める 理由

親に部活を辞めたいことを伝えるときには、次のようなことを理由にすると良いでしょう。

部活を辞める理由:親に伝える場合の言い方

  • 部活を続けていくことが自分の人生にとってプラスになるとは思えない。短い学生生活をむだにしたくない
  • 目標としていた大会が終わり、達成感を得たのと同時にモチベーションがさがってしまった。まわりもなんだか気が抜けてしまったようで、このまま部活を続けるのが良いようには思えない
  • とりあえず嫌なことがあっても1年間は頑張ろうと思って今までやってきた。1年間が経ってみてやっぱりこの部活は自分に合わないと感じるので辞めたい
  • どうしても偏差値の高い大学に行きたい。勉強時間をもっと確保したい
  • 先輩や顧問がパワハラ的でどうしてもなじめない。自分にあっているとは思えない(できるだけ具体的なエピソードを伝える)
  • まわりと自分の能力を比べてしまって、劣等感を感じてしまう(まわりは経験者が多い、など)

Sponsored Links

部活を辞めることを親に納得させるためのポイント

部活 辞める 理由

親の立場としては、あなたが「一度始めたことを途中で意味なく投げ出すこと」はできるだけ避けてほしいと考えているはずです。

一方で、人生では方向転換が必要になることもあります。

つまり、親の立場として「認めることができる方向転換」と「認めることができない方向転換」の2つがあるわけですが、この2つの判断ポイントとしては、次のような点が考えられるでしょう。

部活を辞めるのを親に納得してもらうために伝えるべきこと

  • 部活で目標としていたことがある程度は達成できたこと
  • 部活以外に、エネルギーをつぎこめる他のことがでてきたこと

1つ目に関しては、目標にしていた大会が終わったことや、1年間(どのぐらいの期間かはあなたしだいです)は嫌なことがあっても頑張ろうと思ってやってきて、その期間が過ぎた。結果としてやっぱり辞めたいと思ったということを伝えましょう。

2つ目については、できるだけ具体的に部活以外の目標が生まれたことを伝えるのが良いです。

良い大学に行きたいので勉強時間をもっと確保したい、留学したいので英語を勉強したい、社会勉強のためにアルバイトをしてみたい、など、「自分の将来にとって部活よりもプラスになることがあると思う」ということが伝わるようにすると良いですね。

Sponsored Links

部活を辞める理由:友達を納得させる方法と言い方

部活 辞める 理由

友達や、あなたを直接的に指導してくれた先輩に部活を辞めることを伝える場合には、次のような理由を選ぶと良いでしょう。

部活を辞める理由:友達や先輩に伝える場合の言い方

  • 成績が下がってしまって、親に辞めろと言われている
  • 正直、やる気がなくなってしまった。部活をやっていて充実感がない
  • 行きたい大学(高校)があって、そこに合格するためには今の勉強時間では無理。部活を辞めてもっと勉強時間を増やしたい
  • 家の事情でアルバイトをしないといけない

友達に部活を辞めることを納得してもらうには、親からいわれている、アルバイトでお金を稼がないといけない、偏差値の高い大学に行きたいので勉強しないといけない、といった、「どうしようもない理由がある」ということを伝えるのが良いでしょう。

次のページへ >




Sponsored Links

-学校生活の悩み

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.