Pocket

親しい人に書くお手紙やお礼状を書く時に一番迷うのが「手紙の書き出し」ではないでしょうか。

この記事では10月に書く手紙の書き出し文例をシーン別に紹介しています。

>>10月の季語(表現方法の例文あり)についてはこちら

>>10月の時候の挨拶(上旬・中旬・下旬別)についてはこちら

手紙の書き出しには、季節に合わせた時候の挨拶を入れることで、相手に与える印象もぐっと違ってきます。

なお、手紙の書き出しは、出す相手やシーン別に使い分ける必要があります。

ビジネス用などに出す手紙ではあらたまった形式の手紙、親しい人や友達むけの手紙では親しさを演出するような書き出しが望ましいですね。

以下ではシーン別に10月の季節感を意識した書き出し例文を紹介します。


Sponsored Links

10月の手紙の書き出し例文①:ビジネス向け

10月 手紙 書き出し

ビジネス向けの手紙では、「拝啓」「謹啓」などの頭語から始まり、季節感を意識した時候の書き出しを添えるのが一般的です。

最後は「敬具」などの結語で締めましょう。

ビジネス向けの10月の書き出し例文

  • 涼しげな空気が心地よく感じられる季節が到来しました。
  • 秋涼の候、貴社にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 中秋のみぎり、貴社ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。
  • 秋もだいぶ深まってまいりました。皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 秋霜のみぎり、貴社ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 錦秋の候、皆様にはますますご活躍のことと存じます。
  • 仲秋の候、お変わりなくご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 秋の深まりを感じる今日この頃、皆様ご清祥のことと存じます。
  • 秋たけなわ、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 秋冷のみぎり、朝夕はめっきり冷え込むようになってまいりました。

 


Sponsored Links

10月の手紙の書き出し例文②:親しい友達や親族向け

親しい友達や親族に向けた手紙の書き出しでは、相手の健康を気遣う言葉や、こちら側の親族の具体的な近況などを添えると良いでしょう。

親しい友達や親族向けの10月の書き出し例文

  • 秋風が涼しく感じられる季節になりましたね。子供らと一緒に近所の公園で遊ぶのもだいぶ過ごしやすくなってきた今日この頃です。
  • 空気澄み渡り、秋たけなわの季節になりました。~ちゃんは小学校の運動会に向けて練習を頑張っているころでしょうか。
  • 朝夕の冷え込みが一段と増してきました。風邪などひいていませんか。
  • 実りの秋を迎え、食がすすむ季節がやってきました。
  • 天高く馬肥ゆる秋、食べ物が美味しい季節になってきました。
  • 秋風の吹き渡る季節になってきました。お元気ですか。
  • ハロウィーン準備がまっ盛りで、新しい風物詩に街が賑わっているこの頃です。
  • 木々の葉が鮮やかな季節となりました。紅葉狩りにはお出かけですか。
  • 実りの秋、そして食欲の秋、秋の味覚で食卓も彩っていることでしょう。
  • 秋も深まってまいりました。皆様お変わりなくお過ごしですか。

Sponsored Links

10月の手紙の書き出しを書く場合のポイントや注意点

10月の手紙を書く際に注意したいポイントとして次のようなことがあります。

どんなに頑張って書いた手紙であっても、マナーに反する手紙になってしまっていると「失礼な人」という印象を与えかねませんから注意してください。

①ビジネス用と挨拶用では異なる

ビジネス用などのあらたまった手紙と親しい人に送る挨拶用とでは、書き出しが異なります。
例文を参考にしてみてください。

また、ビジネス用の手紙は頭語(拝啓、前略など)と結語(敬具、草々など)を入れるのが通常です。

Sponsored Links

②結びの言葉にも季節感を

手紙の書き出しを季節感を意識したものにした場合、手紙の結びも季節感が欲しいところです。

書き出しはしっかりしているのに、結びがいまいちだと「内容を書くのにくたびれてしまったのかな…」という雰囲気の手紙になりがちなので注意してください。

ただし、ビジネス用の場合は結びでは季節の挨拶は必要ありません。

「右ご報告申し上げます。」「取り急ぎ近況お知らせ致します。」「略儀ながら書中でごあいさつ申し上げます。」などの言葉で締めるのが一般的です。

10月の手紙の結びの言葉

  • 秋風の心地よい季節、お元気でお過ごしください。
  • 爽やかな季節となりました。ますますのご活躍をお祈りいたします。
  • 朝夕に肌寒さを感じるこの頃、くれぐれもご自愛くださいますように。
  • 秋も深まり冷え込みが増してきました。健康には十分ご留意ください。
  • 秋の味覚を楽しめる季節、たっぷりと満喫されますように。

まとめ

今回は、10月の手紙の書き出しに使える例文を紹介しました。

10月は秋たけなわで、行事もひしめいています。

食欲の秋、スポーツの秋など、話題も盛りだくさんありますから、手紙を書く機会も増えることでしょう。

お世話になった人や離れた友達に、ぜひ季節感を意識した手紙で近況を伝えてみてくださいね。

Sponsored Links

関連記事と広告