Pocket

この記事では、ビジネスや学校・親戚などに、あらたまった形式の手紙を書く場合の文例を紹介します。

7月は1年でもっとも暑い時期ですから、手紙の書き出しでは季語を用いて真夏の暑さを演出しつつ、相手の体調を気づかう表現を心がけると良いですね。

特に手紙の書き出しは、その手紙の印象を決定づけるものとなるので、失礼のない文章で始めましょう。

以下では、7月に手紙を書くときの書き出しの例文を紹介していますので、ぜひアレンジして活用してみてくださいね。


Sponsored Links

7月の手紙の書き出し例文:ビジネス向き

7月,手紙,書き出し

まずは、7月に送るビジネス向けの手紙の書き出しについてみていきましょう。

ビジネス向きの手紙の書き出しでは、次のフォーマットを意識すると書きやすいです。

~の候、貴社ますます~のことと~ます。

上の「~」の部分をその場に即して補っていけば、よい書き出しが自動的に出来上がりますよ。

例えば、「盛夏の候、貴社ますますご盛栄のことと存じます」といったような書き出しが考えられますね。

上のそれぞれの赤字の部分のバリエーションを次で説明していますので、組み合わせて使ってみてください。

普段から親しいお付き合いのある取引先の担当者に手紙を出すときや、季節イベントなどの案内状に手紙を添える場合などは、季節感を意識して季語を積極的に入れると良いですね。

それぞれの「~」をうめる7月に適した表現としては、次のようなものが考えられます。

Sponsored Links

「~の候」

  • 拝啓、~の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
  • ~の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

なお、上の「~の候」の~には、

 

  • 盛夏
  • 猛暑
  • 炎暑
  • 大暑
  • 極暑
  • 酷暑

 

などの気候や暑さを入れて表現すると季節感が出てよいです。


Sponsored Links

「貴社ますます~のことと~ます。」

  • 拝啓、~の候、貴社ますます~のことと~ます。
  • ~の候、貴社ますます~のことと~ます。

貴社ますます~「~」に入れる言葉

「ますます~」という部分には、

 

  • ご盛栄
  • ご隆盛
  • ご発展
  • ご健勝
  • ご隆昌
  • ご活躍
  • ご壮健

 

という言葉を加えますが、どれも会社がますます繁盛して、発展してという意味で使われるものです。

Sponsored Links

「のことと~ます」の「~ます」に入れる言葉

「~ます」という部分には、

 

  • お慶び申し上げます。
  • のことと存じます。
  • 至りに存じます。

 

という言葉で書き出しの文章を締めるのが一般的です。

この他にも、

  • 酷暑の候、いかがお過ごしでしょうか?
  • 平素は弊社に対し格段のご厚情を賜りまして、厚くお礼申し上げます。
  • 梅雨が明け暑さが厳しくなってきましたが、貴社ますますご壮健のことと存じます。
  • 猛暑をしのぎがたい日々の中の業務ですが・・・、
  • 例年にはない過ごしやすい気候となっておりますが・・・、
  • 今年の夏は例年にはないほどの猛暑となっておりますが、

といった、少し砕けた書き出しで始めるのもおすすめです。

Sponsored Links

7月 手紙の書き出し例文:学校向き

一般的な手紙やプリント類の書き出しで書くと、本文に繋げやすくなります。

  • 海開き、山開きのニュースに心躍る季節となりました。
  • 盆踊りのお囃子が聞こえてくる頃となりました。
  • 蝉の声が聞こえてくる暑い季節となりました。
  • 朝顔がぐんぐんツルを伸ばし、咲き競う季節が到来しました。
  • 猛暑の季節になりました。
  • 盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。
  • 夏空に雲の峰がひときわ高く立つころとなり、夏本番となってきました。
  • 梅雨も明け、暑さも一段と増してまいりました。
  • 海山の恋しい季節を迎えました。
  • 寝苦しい毎夜を迎えています。
  • 耐えがたい暑さが毎日続いています。
  • そろそろ夏休みも近くなってきましたが、皆様お元気にお過ごしですか。
  • 各地では花火大会も開催される季節となってきました。
  • 入道雲が本格的な夏を感じさせる気持ちのよい暑さとなってきましたが、
  • 梅雨が明け、本格的な暑さを迎える毎日ですが、

Sponsored Links

7月 手紙の書き出し例文:親戚向き

親戚などへ宛てて書く手紙は、季語や時候の挨拶は入れるものの、それほど堅苦しくせずに書きましょう。

やわらかい雰囲気が伝わるような言葉を使用すると、温かみのある手紙を書くことができます。

  • 梅雨も明けて本格的な暑さとなってきましたが、皆さんお元気でしょうか。
  • 今年は一段と猛暑が続いておりますが、体調など崩されていませんか?
  • 蝉の声に夏を感じるようになってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 連日暑さが厳しく体にこたえる毎日となっていますが、お元気でしょうか。
  • 朝夕には涼しげな風鈴の音が心地よい季節となってきましたが、いかがお過ごしですか?
  • 猛暑の毎日、夏バテなどで食欲不振や体調不良となっていませんか?
  • しばらくお会いしていない間にすっかり暑い毎日となりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
  • そろそろ子供たちも夏休みですね。今年の予定はもう決められましたか?
  • マリンスポーツを楽しめる季節になりましたが、今年の予定はどうでしょう?
  • ひまわりが元気よく大きくなっている毎日、ご家族の皆さんは変わりはありませんか?


Sponsored Links

書き出しに関するまとめ

ここまでは、7月の手紙の書き出しについてシーン別に使いやすい例文を紹介しました。

手紙をどのような用途で使用するのかによって、最適な書き出しには違いがあります。

暑さを感じるような書き出しにすると、7月に書かれる手紙の雰囲気を出すことができますね。

手紙を書くたびにまったくのゼロから文章を考えるのは大変なので、本文で紹介した例文を参考に、自分の中でいくつかパターンを決めておくと良いでしょう。


Sponsored Links

7月の手紙の挨拶文について

以下では、7月の手紙で使える挨拶文を紹介します。

ビジネスで手紙を出すときに使用する季語や、締め・結びの文をより具体的な文例集として紹介しますので、参考にしてみてください。

7月の季語は種類がとても多くあり、使用するときの気候に合わせて選ぶことが大切になってきます。

どのような季語があり、その使い方などにも触れてみましたのでご活用ください。


Sponsored Links

7月の手紙:一般的な書き出しの例文

7月,手紙,挨拶文

7月の手紙の書き出しに入れる挨拶文としてすぐに活用できる文例を紹介します。

挨拶文は手紙を送る相手との関係の深さによって使い分けないといけませんが、次で紹介するものであればシーンを問わず使うことができます。

「失礼にならないようにしたいけれど、あまり堅苦しい印象を与えるのもちょっと…」という場合に使いやすいものを選びましたので、活用してください。

  • 猛暑の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 暑さの厳しい中、ご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 夏らしい季節となってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。平素は格別なご高配を賜り御礼申し上げます。
  • 拝啓 小暑の候 貴社におかれましては益々のご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • ようやくの梅雨明け、本格的な暑さとなってまいりましたが・・・、
  • 例年になく湿度を感じない快適な日々となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 今年の夏は暑さだけではなくジメジメとした湿度が厳しいようです。
  • 猛暑が続きしのぎがたい毎日、いかがお過ごしでしょうか。
  • 寝苦しい夜が続いておりますが、体調を崩されてはいませんか?


Sponsored Links

7月の手紙:挨拶文で使用する季語は?

7月に使える季語の例

  • 小暑
  • 梅雨明け
  • 盛夏
  • 大暑
  • 炎天
  • 七夕
  • 熱帯夜
  • 浴衣(ゆかた)
  • 金魚
  • 納涼
  • 風鈴
  • 海水浴
  • 夏休み
  • 花火
  • 入道雲
  • 避暑
  • 金魚
  • かき氷
  • ビアガーデン

夏の季節を連想させる単語はまだまだあり、7月に開催される祇園祭などのお祭りも季語として使われることが多いです。

地元でかかわりのある相手に手紙を出すときには、地域のお祭りについての単語なども季語になります(今年も「~祭りの準備が始まりました。子供たちはおおはしゃぎです、など)

Sponsored Links

挨拶文での季語の使い方

手紙の書き出しの挨拶は、季語を取り入れた文章にすると良いでしょう。

例えば、「梅雨が明けて、暑い季節になってきました」など、文の冒頭で使い、本文に入ります。

また、季語は手紙の締め(結び)の挨拶に使っても問題ありません。

締め(結び)の言葉として使用する場合は、「まだまだ大暑が続きますが、暑さに負けずにご自愛ください」など、相手を気遣う言葉とともに季語を使うと良いですね。

手紙にこなれた感じを出すには、季節感や臨場感を意識するのがポイントになります。

季語を時候の挨拶で使う方法

季語を時候の挨拶で使うと、かしこまった印象の手紙にすることができます。

例えば、「盛夏の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」という文例を考えましょう。

この場合、季語は「盛夏」ですが、これを「盛夏の候」という表現に変えると時候の挨拶になります。

締めの結びの言葉としては、季語に気遣いの言葉を加えて締めくくることで、相手に対しての配慮の気持ちを表すことができます。

この時に注意したいのが、始まりの言葉として使った季語と同じ印象の季語を使用しないことです。

始まりの時候の挨拶として「盛夏の候」を使用したのなら、結びの言葉には「まだまだ暑い日が続きますが、夏バテなどにならぬようご自愛ください」というように、少し砕けた印象にすると印象が良いですね。

Sponsored Links

ビジネス向けの締め・結びの文例

ビジネス向けの手紙では、季語や時候の挨拶を入れる必要はありません。

しかし、ビジネスの関係性など柔軟に季語や時候、気遣いの挨拶などを加えても失礼にあたらない場合もあるので、臨機応変に対応するとよいでしょう

ごく一般的な締め・結びの文例を紹介します。

  • 本格的な夏を迎えましたが、貴社のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。
  • 暑さもようやく厳しさを増してまいりましたが、〇〇様にはお変わりなくご健勝のこととお喜び申しあげます。

挨拶文に関するまとめ

ビジネス向けの7月の手紙の挨拶文は、ビジネスの相手との関係性によってどのような挨拶文が適切で、失礼にあたらないのか等を考えて作るようにしましょう。

とても近い関係の中でビジネスが行われているなら、あまりにも仰々しい手紙の挨拶文は、逆に好ましくない印象を与えてしまう場合もあります。

もちろん、それほど近い関係ではないのに気軽すぎる文面もNGですね。

ビジネスの相手との関係性を考えた上で、季語や時候の挨拶などを取り入れてみてください。

Sponsored Links

7月の手紙の結びの言葉について

ビジネスで使用する手紙は季節によって最適な季語を結びの言葉として使用することで、品のあるイメージの良い手紙となります。

以下では7月に使用すると最適な季語とその使い方、結びの言葉の例文集を紹介します。

例文をそのまま使用できるように紹介していきますので、ビジネスで使用する手紙にぜひご活用ください。


Sponsored Links

7月の手紙 結びの言葉の例文集

7月の手紙の結び

手紙を締めくくる結びの言葉は、手紙の書き出しと同様に手紙の印象の良し悪しを決定づけるとても大切なものです。

自分の言葉で結びの言葉で締めることができるのが理想ですよね。

しかし、あまり慣れていない方の場合は、例文集から手紙の内容に合うものを見つけて使用する方が安心です。

以下では7月の手紙で使う結びの言葉の例文を紹介していきますので、迷ったときにはぜひ活用してみみてください。


Sponsored Links

ビジネス向けの手紙の結び例文(7月)

  • 今年は梅雨明けが遅れ、はっきりしない日が続いていますが、ご自愛のほどをお祈り申しあげます。
  • 皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。

親しい友人や親戚向けの手紙の結び例文(7月)

  • 今年は梅雨明けが遅い分、暑さが長引びきそうですが、おたがい体調管理には気をつけましょう。
  • 梅雨明けとともに、より暑さがこたえますが、体調管理を十分になさってください。
  • 夏本番を迎え森林浴が心地よい季節になってきましたので、近いうちに一緒に森林浴に出かけませんか。
  • 暑さはこれからが本番です。体調管理には充分気をつけて。
  • 厳しい暑さが続くと思いますが、体調管理には充分気をつけてお過ごしください。
  • エアコンのききすぎで体調をくずさないよう、おたがい元気にこの夏を乗り切りましょう。
  • 熱帯夜がつづきますが、クーラーをつけっぱなしで寝たりなさいませんよう、くれぐれもご注意を!
  • 食欲も減退する暑さがつづきますが、スタミナ補給もどうかお忘れなく。
  • 夏休みには、ご家族おそろいで遊びにいらしてください、お待ちしております。

Sponsored Links

女性が書く場合におすすめの手紙の結び例文(7月)

  • 炎暑の毎日が続きますが、夏バテなどなさらないようお祈り申しあげます。
  • 夏風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。
  • 八月に入ると全国的に猛暑の日が多いとのことですので、どうかお体を大切になさってください。
  • 暑さ厳しき折ではございますが、どうかますますご壮健に。
  • 近々、わが家の庭でバーベキューパーティーを開きますので、ぜひいらしてくださいね。
  • 帰省なさるようでしたら、必ずご一報くださいね。

Sponsored Links

7月の手紙 結びで使用する季語と使い方

7月,手紙,結び

7月の手紙を締めくくる結びの言葉(結後)は、手紙の書き始めに使用する頭語とセットになっています。

手紙の頭語と結後でポピュラーなものといえば「拝啓」と「敬具」で、拝啓から始まった手紙の最後は、敬具で終えるものという風になっています。

「拝啓」を手紙の頭語にしない場合は、どんな結後を使っても、締めくくりも特別決まりはありませんので、手紙の内容にあわせて締めるとよいです。

例えば、

  • またお会いできる日を楽しみにしています。
  • 取り急ぎ近況報告とさせて頂きます。

などと表現したり、季語をうまく織り交ぜて使用するとよいですね。

Sponsored Links

7月の手紙の結びで使用することの多い季語

炎暑、酷暑、梅雨明け、夏休み、花火大会、猛暑など暑い夏を連想させるような言葉となっています。

これらの季語に相手の体調を思いやる文面をプラスすることで、結びの言葉にすることができます。

結びの季語の使い方

結びで使用する季語は、相手に暑い夏や夏休み、夏の行事などを連想させます。

季語を上手に使いこなせるようになると手紙の上級者ですね。

季語を利用して手紙の結びにするときには、次のような例文を参考にしてください。

例文を参考にご自身の言葉で7月の手紙の結びの言葉を考えてもよいですし、この例文をそのまま活用してもOKです。

  • 酷暑の候、お元気でお過ごしください。
  • 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。
  • 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。
  • 寝苦しい夜が続いています。くれぐれもご自愛ください。
  • うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。
  • きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。
  • 草木も生気を失う日が続いております。ご自愛専一に。


Sponsored Links

ビジネスで使用する7月の手紙の注意点

7月,手紙,結び

ビジネスで使用する手紙には、結びの言葉として季語や相手の体調を気遣うような言葉は使用しません。

  • 以上よろしくお願い致します。
  • 取り急ぎご連絡まで。

というように、手紙で連絡しましたという言葉で締めくくものという風に覚えておくようにしましょう。

今回のまとめ

今回は、7月の手紙の書き方と例文を紹介しました。

ビジネスで使用できるものとプライベートで使用できるものとでは違いがありますので、用途に合わせて使い分けてみてくださいね。


Sponsored Links

Pocket

関連記事と広告