読書感想文の書き方

読書感想文のコツは?小学生~中学生向けに書き方のポイントを解説!

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

読書感想文 コツ

(読書感想文のコツは?評価される書き方のポイントを現役の国語塾講師が解説します!)

読書感想文に関するよくあるお悩み


  • 夏休みの読書感想文の課題が苦痛…。何から書き出せばいいの?
  • 読書感想文を書きやすい本の種類ってあるの?
  • 小学生の子供に読書感想文の書き方を教えたいけど、自分自身いまいちよく分かっていない…。

↑今回は、こうしたお悩みにお答えします。

読書感想文って、「こうやって書きましょう」ということを授業で教えてはくれない場合がほとんどですから、何から書いたら良いのか困ってしまいますよね。

この記事では、普段は塾で小学校・中学校の国語の先生をしている僕が、読書感想文のコツを具体的に解説します。

「先生やコンクールで評価される・良い点数をもらえる読書感想文」を書くためにはコツがありますから、ポイントを押さえて順番に書いていけば誰でもカンタンに読書感想文を書くことができますよ!

Sponsored Links

読書感想文のコツ!この5つのポイントを押さえよう!

いきなり結論からですが、良い読書感想文を書くコツは、次の5つのポイントを押さえておくことです。

評価される読書感想文を書くコツ


  • ①本を読んだきっかけを書く
  • ②あらすじを書く
  • ③自分の意見、気持ちを書く
  • ④今後の自分の生活に活かすことを書く
  • ⑤本の種類ごとに文章構成(設計図)を考えて、書き始める

以下、順番に見ていきましょう。

Sponsored Links

①本を読んだきっかけを書く

読書感想文を書く本は、「課題図書」としてあらかじめ決まっている場合もありますが、自分で自由に本を選べるケースもあるでしょう。

その場合には、「なんでこの本にしようと思ったのか」から書き出すと良いです。

「あなたがこの本を手に取った理由」が、読み手(先生やコンクルールの審査員)に伝われば、それ以降の文章も頭に入れてもらいやすくなります。

まずは、読書感想文のテーマとして選んだ本を、「どうしてこの本を選んだのか?」という理由から書き出すようにしましょう。

Sponsored Links

②あらすじを書く

次に、テーマとして選んだ本のあらすじ(だいたいの内容)を書きましょう。

あなたの読書感想文を読む人(先生やコンクール審査員)は、あなたが読んだ本をまったく知らないかもしれません。

そのため、読書感想文にはあらすじが必須なのです。

あらすじには次の3つの内容を書きます。

読書感想文のあらすじにはこの3つを書く!


  • 物語の中の人(主人公)が、
  • 何をキッカケに、
  • どう変わったか

この本にはどういう人物が登場して、どういう困難や冒険を体験し、その結果としてどういう人間に変化成長したのか?ということを順番に書いていけばOKです。

あらすじがあまり長くなってしまうとかんじんの「あなたの感想」を書くスペースが少なくなってしまいますから、簡単な内容だけで問題ありません。

Sponsored Links

③自分の意見、気持ちを書く

次に、本を読んだ結果として持つにいたった、あなたの意見や気持ちを書きましょう。

読書感想文のもっとも重要な部分は「あなた自身がこの本を読んでどのような意見を持ったか、どのような気持ちになったか」を具体的にわかりやすく書くことです。

あらすじだけがたくさん書いてあって、感想についてはちょっとだけ…という読書感想文をよく見かけますが、これでは評価はとても低くなってしまいますよ。

以下、読書感想文を書くテーマに選んだ本の種類ごとに、この部分(③自分の意見、気持ちを書く)の書き方を具体的に説明しましょう。

Sponsored Links

③-1:小説・物語文・伝記では「一番感動したところ」を書く

テーマに選んだ本が小説や物語文、伝記であれば「自分が一番感動したところ」を書きましょう。

感動とは、あなたの気持ちが動いたところ、楽しい、悲しい、嬉しい、カッコいいと思ったところのことですね。

次のページへ >




Sponsored Links

-読書感想文の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.