プログラミング 数学
(プログラミングを勉強するには数学はどれくらい必要?現役のプログラマが解説します!)

プログラミングと数学についてのよくある疑問


  • 「これからはプログラミングが重要!」といわれるけど、数学は学生時代から超苦手…。
  • 必要ならある程度は勉強しなおすので、どれくらいの範囲の数学知識が必要なのか具体的に知りたい。
  • 数学超苦手な文系人間でもプログラマになれる?

今回は、こうした疑問にお答えします。

結論から言うと、数学や計算が苦手な方でもプログラマになれます。

(私が働いている会社のプログラマは、3分の1が数学が苦手…という文系出身者です)

ただし、これは「プログラミングに数学が全く必要無い」というわけではありません。

「基本的なプログラミングを理解するためには高度な数学は必要ないけれど、さらに上のレベルを目指すなら数学の知識もある程度必要」と考えておくのが正しいでしょう。

この記事では、「プログラミングに数学がどれくらい必要なのか」についてくわしく解説しましょう。

Sponsored Links

プログラミングでは数学は中学生ぐらいのレベルが必要

結論から先に言うと、プログラミングの学習をスムーズに行うには、中学校で習う程度の数学が必要です。

プログラミングの目的は、もともと人間がしていた作業を自動化することですが、コンピュータは人間の言葉を理解できません。

そのため、人間の言葉をプログラミング言語に「翻訳」してコンピュータに伝えるのがプログラマの仕事です。

その処理を行うためには、「数学的な処理」が要求される機会が多いので、最低限の数学知識(中学までの数学知識)が必要となるのです。

Sponsored Links

プログラミングに役立つ数学の分野は「四則演算」

ただし、初歩的なプログラミングの範囲でよいのであれば、小学校で習う「四則演算」ができればある程度はできます。

「四則演算」とは次の4つのことです(念のため)


  • 足し算
  • 引き算
  • 掛け算
  • 割り算

Sponsored Links

つまり、この記事を読んでいるあなたがもし小学生であったとしても、プログラミングを一から勉強してある程度のレベルまで進むことは可能だということですね。

どのぐらいのレベルか?というと、例えば業務システム開発やアプリの開発では、四則演算ができればプログラミングが可能です。

ただし、より専門的な分野のプログラミングでは、四則演算の他にも様々な数学的知識を持っておくのがのぞましいでしょう。

結論的に、プログラミングと数学の勉強についてまとめると、以下のようなことがいえます。

プログラミングを勉強するにはどれくらいの数学が必要?


  • 基本的なプログラミングを理解するためには足し算・引き算・かけ算・割り算ができればOK
  • ただし、よりハイレベルなプログラミングをできるようになるためにはそれ以上の数学的知識もある程度必要

Sponsored Links

数学が苦手な文系でもプログラマになれる!

高校~大学とずっと文系できたという人は、数学の知識がごっそりと抜け落ちてしまっているという人も多いかもしれません。

しかし、実際には「文系のプログラマ」として活躍している人(働いている人)はたくさんいます。

プログラマだからといって、数学の知識を熟知している必要はなく、「仕事で数学の知識が必要になったときに勉強する」というスタンスで問題ないのです。

なお、「IT人材白書2-17」という統計によると、IT企業で採用された社員の36.1%は文系出身というデータがあります。

プログラマというと「数学超得意な理系人間」というイメージがありますが、必ずしもそうではないのです。

Sponsored Links

最低限の数学の基礎は抑えよう

上で見たよりも、もう少し高度なプログラミングができるようになるためには、四則演算の他にも次のような数学を勉強しておくのが良いでしょう。

もう少し高度なプログラミングができるようになるために、知っておいた方が良い数学の範囲


  • 関数
  • 変数
  • 三角関数

難しそうに感じるかもしれませんが、これらは中学校で習う最低限の数学の範囲です。

これらを理解していると、スムーズにプログラミングの勉強を理解していくことができますよ。

Sponsored Links

数学の知識は携わる業種によって異なる

さらに高度なプログラミング(宇宙開発や数値解析を行う専門的な職場)をできるようになるためには、次のような数学の知識が求めらえます。

特に、将来的にAIの開発に携わるなら次のような知識も必要になるでしょう。

さらに高度なプログラミング(宇宙開発や数値解析・AI開発など)に必要になる数学


  • 虚数
  • 行列
  • 線形代数
  • 微分積分
  • 確率・統計

これらは高校レベルの数学ですが、苦手な人が勉強しなおすにはかなり時間がかかるかもしれません。

数学が苦手ならば、いきなりこうした職場を探すのではなく、初歩的なところから経験を積んでいくのが良いかもしれません。

そのうえで、業務で必要になった分やの数学知識を仕事をしながら補充していき、仕事も転職によってレベルアップしていく、というやり方がスムーズだと思います。

Sponsored Links

数学が必要な理由は、コンピュータは「計算機」だから

コンピュータへの命令は、数式によって行われます。

「複雑な計算」や「単純かつ膨大な量の計算」を人間がするとミスが出やすいですよね。

その点、コンピュータなら一瞬で解がはじき出されます。

そのような仕組みをプログラミングするには、数学の知識が必要です。

ロボットアームの軌道を計算するときも、円の方程式を使います。

ゲームでキャラクターを動かすにも、座標を使うのです。

Sponsored Links

まとめ

プログラミングをするには、四則演算ができる程度の数学の知識があれば大丈夫です。

そのうえで、専門的な職場に就職したい人やゲーム開発・AIの開発などを目指している場合は、それ相応の数学の知識が求められます。

文系で計算が苦手な人でも、プログラマになることは十分に可能です。

転職を検討しているという方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Sponsored Links