季節の歳時記・手紙の書き方

贈り物・お礼の品に添える手紙の書き方【例文あり】

更新日:

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

  • お世話になっているあの人に贈り物を届けたい。
  • 贈り物には手紙も添えないとそっけないと思われる?
  • 親族の場合はそんなに迷わないけど、職場の上司となると、なんと書けばいいかよくわからない…。

贈り物には、できれば手書きの手紙を同封するのがのぞましいですね。

(添え状・送り状・一筆箋のかたちで同封しましょう)

菓子折りなどを渡す場合にも、ちょっとした手書きの手紙が同封されていたら嬉しいものです。

以下では、贈り物に同封する手紙の書き方を例文付きで解説しますので、参考にしてみてください。

Sponsored Links

贈り物に添える手紙にはこの2つを書く

贈り物 手紙

↓贈り物に添える手紙(添え状・一筆箋)には、以下の2つのことを書きましょう。

贈り物の手紙にはこの2つを書く

  • ①この贈り物を送る理由
  • ②この品物を選んだ理由

①と②について順番に解説します。

①贈り物を送る理由を書く

贈り物を送る相手には「なぜこの贈り物をするのか?」をしっかりと伝わるようにしなくてはなりません。

なぜ贈り物をするのか?の説明

  • 「実家に帰省した際のお土産です」
  • 「以前いただいたものへの返礼です」
  • 「退職祝い、結婚祝いです」など

「そんなに親しくもないのに、わざわざ贈り物を送ってくるなんて、何か裏の目的があるのでは?」と、変な勘繰りをされないように配慮が必要です。

何かと物騒な世の中ですので、相手も自宅に届く郵送物には敏感になっている可能性があります。

なお、お中元やお歳暮などの「恒例行事」の場合には相手も「なぜこの贈り物が送られてきたのか」はすぐにわかります。

そのため、こうした説明は必要ない場合もあります。

Sponsored Links

②その品物を選んだ理由を書く

「なぜ、あえてこの品物を選んだのか?」を書きましょう。

これが伝わるようにしておくと、相手に「自分のことをしっかり見てくれているんだな」と思ってもらえます。

↓※例えば、以下のような例文が考えられます。

なぜこの品物を選んだか?を書く

  • 甘いものがお好きだとうかがいましたので、こちらの名産品と評判のお菓子を選びました。
  • 今年も実家のりんごがおいしく実ったので、ぜひお召し上がりください。
  • 旅行先で、以前に~さんがお好きだとおっしゃっていた~を偶然見つけました。少しですがお送りします。

次のページへ >




Sponsored Links

-季節の歳時記・手紙の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.