季節の歳時記・手紙の書き方

たらちねの母(垂乳根の母)短歌の意味は?万葉集での修辞

更新日:

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

短歌の勉強をしていると、枕詞というものが出てきますね。

「たらちねの母」は、年を取った親を想う気持ちをうたうときに使われることが多い枕詞です。

>>新元号「令和」の由来は万葉集?

ここでは、「たらちねの母」の言葉としての意味や、万葉集その他の歌集での修辞としての使用例について解説させていただきます。

Sponsored Links

「たらちねの母」とは、年老いた母親という意味

たらちねの母の意味

(たらちねの母の意味とは?)

「たらちね」は「垂乳根」と書きます。

これは「母」にかかる枕詞で、母親の垂れた乳房を表しています。

すなわち、「たらちねの母」とは、「垂れた乳房の母親」つまり、年老いた母親という意味になるのが基本です。

ただし、次の項目で説明させていただくように、「たらちね」には、それ以外の意味や解釈の仕方が用いられることもありますから注意しておきましょう。

「たらちね」という言葉には父親の意味もある

「たらちね」には、垂れた乳房という意味だけではなく、より広く「親」を表す場合があります。

実際の使用例としては「今鏡」に以下のようなものがあります。

 

「たらちねはいかに哀れと思ふらむ三年になりぬ足たたずして」(今鏡)

 

この場合、「たらちね」は枕詞ではなく、「親」の意味で使われることに注意してください(その後に「母」は付きません)

ここでは「たらちね」は、父親、母親、両親という意味で使われていることになりますね。

Sponsored Links

「垂乳根」と「足乳根」では、意味が違う?

「たらちね」を漢字で書くと「垂乳根」が一般的ですが、実は「足乳根」という書き方をすることもあります。

この漢字を使う場合、「垂乳根」の意味とはまったく異なりますので注意が必要です。

「足乳根」の場合、必ずしも年老いた女性とは限らない

「足乳根」には、「乳を垂らす女,また乳の足りた女,満ち足りた女の意」があります。

つまり「たらちね」を「足乳根」と書いた場合、乳房が満ち足りている様子を表すのです。

この場合、「たらちねの母」は年老いた母親ではなく、乳飲み子を抱えた若い母親の意味になります。

具体例としては斎藤茂吉の以下のような句がありますね。

 

「のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母はしにたまふなり」(斎藤茂吉)

 

これは、「満ち足りた乳で自分を育ててくれた母親」という意味に転じたものになります。

ただし、若い母親の意味で「足乳根」が使われている歌は非常に少ないです。

足千根・多良知祢・足常…

このほかにも、たらちねの漢字使用例としては「足千根」「多良知祢」「足常」など、色々な表記があります。

それぞれの漢字を使った句や文章での表現例を見ておきましょう。

①「たらちね=足千根」での使用例

足千根の 母に障らば いたづらに 汝も我れも 事なるべしや

②「たらちね=多良知祢」での使用例

多良知祢の 母に申して 時も過ぎ 月も経ぬれば・・・(長歌のため一部抜粋)

③「たらちね=足常」での使用例

足常の 母が養ふ蚕の繭隠り 隠れる妹を 見むよしもがも

次のページへ >




Sponsored Links

-季節の歳時記・手紙の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.