Pocket

「未経験で資格なしでも税理士事務所に転職できるんだろうか…」こんな疑問を持っていませんか?

税理士事務所というはいうまでもなく税理士の事務所ですから、税理士資格や科目合格がないと採用されないかも…というイメージがある方も多いかもしれませんね。

今回は、税理士事務所へ転職を目指す方向けに、未経験で資格なしでも転職できるのかを説明させていただきます。


Sponsored Links

20代なら未経験簿記3級だけでも採用される可能性あり

結論から言うと、税理士事務所の場合、年齢によって資格の有無が決まってくることが多いです。

たとえば、20代なら簿記3級でも採用される場合もあります。

一方で、30代だと実務未経験、簿記資格だけ(税理士試験の科目合格なし)ではちょっと厳しいかもしれません。

未経験から税理士事務所へ転職を目指すのであれば、年齢によって必要な資格もアピールすべきことも変わってくることを理解しておく必要があるんです。


Sponsored Links

税理士事務所に転職するために必要な資格

税理士事務所に転職するためには、最低限必要な資格があります。

まずは転職するために必要な資格について確認していきましょう。

まずは簿記資格を取得しよう

20代、30代問わず、税理士事務所に転職するには、最低でも簿記3級の知識は必要です。

簿記3級であれば早い人であれば2か月~3か月程度の勉強でも合格できます。

税理士事務所を強く希望しています!と面接で相手に伝えたとしても、「実は簿記3級は持っていません」ということでは「本当に本気なの?」と思われかねません…。

現在簿記の資格をまったくもっていないという方であれば、まずは日商簿記3級を取得し、その後は転職活動をしながら2級までをひとつの目標にするとよいでしょう。

※簿記試験は6月、11月、2月の年3回実施されます。

20代なら簿記3級のみで、2級は勉強中でも採用されるケースがあります。

ただし、30代で未経験の場合は簿記2級でもやや厳しく、次に説明する税理士試験の科目合格があるのが理想です。

次のステップは税理士試験の科目合格

日商簿記2級を取得したら、次のステップは税理士試験の科目合格になります。

この記事を読んでいる方にはいうまでもないかもしれませんが、税理士試験は会計科目2科目(簿記論、財務諸表論)と税法科目3科目(法人税法、消費税法など)に合格すると、税理士資格を得ることができます。

税理士事務所の仕事は税理士試験の勉強内容ととても関連していますから、勉強が進んでいる人ほど実務への適応は早くなるのは間違いありません。

30代で未経験から転職を目指すなら、事務所へのアピールとして少なくとも1科目以上の科目合格はしておきたいところですね。

ただし、1科目あたり300~600時間程度が平均勉強時間と言われる難関試験なので、「これから勉強を始める」という方は、本気で勉強をするかどうかは慎重に判断されたほうが良いと思います。

(5年ぐらい勉強しているけどまだ合格できていない…という人は、税理士事務所では実は珍しくありません)

>>未経験OKの税理士事務所求人を見てみる

未経験で資格なしから税理士事務所に転職する方法

未経験で資格なしから税理士事務所に転職するには、事前に対策を考えておく必要があります。

年齢によっても必要な資格やアピールするポイントが変わってきます。

簿記資格や税理士試験の科目合格を目指す

未経験で資格なしから転職を目指すなら、まずは簿記資格や税理士試験の科目合格を目指しましょう。

年齢問わず簿記資格は必要で、20代なら勉強中でも可能性はありますが、30代なら最低でも簿記2級に合格しておく必要があります。

20代なら入社後にじっくり育てるという事務所もありますが、30代になると即戦力を求める事務所が多くなるからです。

30代の場合は税理士試験にから2~3科目合格が理想ですが、1科目合格で他の科目を勉強中でも、他にアピールできるもの(次の項目で説明)があれば採用される可能性はあります。

資格以外にアピールするポイント

未経験から転職を目指す場合、資格以外にもアピールできるものがあれば採用される可能性が上がります。

たとえば、税理士事務所の仕事は取引先の決算・税務申告を行うので、経営者と関わる機会が多くあります。

そのため、営業マンとしての経験があれば、意外と事務所側には好印象を与える事ができます。

簿記や税務の勉強が得意な人はコツコツ作業するのが得意な一方、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人も多いんです。

今までの仕事の経験や実績から、わかりやすく説明できる能力やコミュニケション能力があることをアピールできれば、多少資格が不足していても採用される可能性を上げることができるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

未経験で資格なしから税理士事務所に転職するのは簡単ではなく、年齢によっても難易度が変わります。

まずは簿記資格の取得を目指し、更なるステップアップとして税理士試験の科目合格を目指すとよいでしょう。

また、資格以外にアピールできる仕事の経験や実績があると、年齢が高くても採用される可能性は上がります。

ご自身の年齢を踏まえたうえで、まずは簿記資格取得から始めてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

Pocket

関連記事と広告