Pocket

税理士転職は何歳まで?

>>確定申告後に動く方へ!おすすめの求人

税理士求人の掲載数1位!
年収800万円~など多数あ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

募集中の求人を見てみる

 

税理士の転職は何歳までなら間に合う?大手税理士法人をねらうなら?

税理士事務所での実務経験が3年以上で、税理士試験も3科目以上の合格がある。

今回は上記の条件に合致する方向けに、転職活動の進め方について具体的にアドバイスをさせていただきます。

何歳までに転職活動を始めるかにもよりますが、税理士試験の科目合格が3科目以上ある方の場合、BIG4を含む大手税理士法人への転職も視野に入れることが可能です。

また、税理士事務所以外にも、大手企業を含む一般企業経理への転職も選択肢とする人も多いですよ。

それぞれの進路に合わせて転職活動のポイントについて解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。


Sponsored Links

税理士事務所での実務経験者の転職は何歳まで?【ケース別】

どの転職先を選ぶか?によって何歳までに転職活動を始めるべきかは異なりますので、ここではケース別に転職活動のポイントについて見ていきましょう。

具体的には、税理士事務所経験者(特に科目合格以上の人)の転職先としては次の3つが有力です。

 

  • ①大手〜中堅の有力税理士法人
  • ②一般企業経理(中小企業)
  • ③一般企業経理(大手企業)

 

以下で順番に見ていきましょう。

①税理士事務所→中堅〜大手税理士法人への転職

現在所属している税理士事務所から、さらに別の税理士事務所への転職を考えるという場合には、大きく分けて次の3つの転職先が選択肢になります。

 

  1. 大手税理士法人(BIG4含む)
  2. 中堅税理士法人
  3. 個人事務所レベルの会計事務所

大手税理士法人(BIG4含む)への転職は何歳まで?

大手税理士法人の場合、実務未経験なら20代前半まで+5科目合格が必須、実務経験3年以上ありなら30代でもOK、という条件のところが多いです。

基本的には実務経験者の採用が優先される傾向がありますね。

また、20代の方で税理士資格をテコにして採用を目指すという場合であれば、選択している試験科目も重要になります(いうまでもなく法人税法、消費税法が重要です)

逆にいうと、しっかり税理士実務ができる人であれば年齢はそれほど大きなハードルとならない可能性が高いです。

会計事務所での実務経験が3年以上という人であれば、大手税理士法人だからといって尻込みする必要はないと思いますよ(もちろん、ライバルとなる転職希望者は優秀な人が多くなりますが)

中堅税理士法人への転職は何歳まで?

中堅規模の税理士法人や、資産税に特化した税理士法人なども、税理士実務経験者の転職先として人気があります。

こちらも採用の条件としては年齢制限よりも実務経験の有無が重要視される傾向がありますね。

基本的には実務未経験であれば20代まで、会計事務所での実務経験者であれば年齢不問というケースが多いです。

ただし、資産税特化型の税理士事務所の場合は専門知識が問われますから、科目合格は相続税法を選択しているとアピールポイントになるでしょう)

個人会計事務所への転職は何歳まで?

個人規模の会計事務所の場合、採用したい人材像としては次の2種類があります。

  1. 低コストで雇える20代未経験者:実務未経験で税理士試験勉強中の人、多くは20代独身者(合格後に独立または転職を検討している)
  2. 年齢不問の即戦力要員:会計事務所の実務経験者で税理士試験3科目以上、年齢は基本的に問わず、長く事務所で働いてくれそうな人

個人事務所の場合、未経験者であれば20歳代までが年齢的なハードルになるかと思われます。

②税理士事務所→中小企業経理への転職

税理士事務所での勤務から、中小企業の経理管理職へと転職していくケースはとても多いです。

中小企業では「社長の右腕となる経理」というポストは常に人材不足ですから、税理士事務所経験者はこの市場をうまく突いていくと年収アップに繋げやすいと思います。

転職活動は何歳までに始めるべき?

税理士事務所から中小企業経理への転職を考える場合、遅くとも30代前半までには転職活動を始めておきたいところです。

税理士事務所内でリーダー職などのマネジメント経験がある方であれば30代後半〜40代でも可能性がありますが、こういった経験がまだないという場合にはできれば20代のうちに転職活動を始めたいところです。

20代の方の場合、中小企業経理では「管理職候補として入社→数年間経験を積んで30代前半で経理管理職に昇進」というケースが多く見られます。

スタッフとしての入社の場合、想定年収は400万円〜500万円程度、マネジメント職になった場合には600万円〜700万円の年収が相場でしょう。

>>実際の経理求人はこちらでのぞけますよ

中小企業の経理は一人で何役もこなすケースが多い

現在、税理士事務所で働いているという方は、日常的に経理担当者とやりとりをしている方が多いと思います。

いうまでもないかもしれませんが、中小企業の経理担当者は、一人で何役もの業務をこなしているというのが実際のところです。

決算税務申告までの経理業務は大前提として、金融機関との交渉や人材採用、新規得意先の財務審査までが担当業務に入る可能性が高いです。

非常に忙しくなる分、経営者レベルでやりがいのある仕事に取り組める一方、大手企業に比べると年収は劣るかもしれませんね(ただし、中小企業経理担当者でも、役員レベルにまでなれると逆転現象が見られます)

顧問先に経理管理職として採用されるケース

税理士事務所で担当している顧問先に、経理の管理職として採用されるケースも少なからずありますね。

年齢的な面では、よく見かけるケースとしては30代前半〜40代前半の方で、税理士事務所での実務経験が5年〜10年程度。

引き抜かれる顧問先の担当年数は5年程度で、その顧問先の会計に関しては知り尽くしているという状態にヘッドハンティングが実現するケースが多いですね。

得意先の経営者に「むしろこの人を雇った方がメリットが大きいんじゃないか」と思ってもらえるかどうかが転職成功につながるかどうかのポイントになりますね。

ただし、顧問先が個人レベルの零細企業ではこの手の引き抜きのケースはまれです。

この規模の企業の場合、税理士事務所と顧問契約を結ぶ動機として経理スタッフの人件費削減のためというケースが多く、コスト削減の方に意識が向きがちだからです。

税理士試験リタイア組の事前の策?

特に、「税理士事務所に入社して、当初は税理士試験と同時進行で頑張っていたけれど、どうにも難しい…」となったときに、事前の策として顧問先の経理管理職として転職していくというケースは多いです。

こういった例に見られるように、会計事務所に入社する人は「定年退職までその事務所で頑張る」という考え方の方は少ないと思います。

現在の事務所での経験をもとに、独立または大手税理士法人、または顧問先などの一般企業経理へのキャリアアップを狙うという形が定着している感じですね。

悪くいうと最初に入社する会計事務所は踏み台という形になりますが、実際にこの形で年収をアップしつつ転職活動を成功させる人はとても多いです。

(それだけ会計事務所で得られる実務経験はハイレベルで貴重ということでもあります)

③税理士事務所→大手企業経理への転職

大手企業の場合、経理スタッフ採用の年齢的な制限というのはおおよそ相場が決まっています。

具体的には「年齢的には35歳まで、転職回数は3回までの人」というのが採用面接に残るための条件としているのが一般的ですね。

実際には多少の誤差(36歳でも採用された、転職回数5回でも採用された、というケース)はあるのですが、およそこの基準で採用面接まで進めるかどうかが決まるケースが多いです。

理由として、日本の大手企業というのは「他社のカラーが強い人」を敬遠する傾向があることが挙げられます。

大手企業というのは非常に多数の応募者を決められた期限までに採用枠をうめないといけない、という形で採用活動が動いていますから、必然的にある程度の足切り枠(言葉は悪いですが)を設ける必要があるのです。

その度合いを見る際に慣行として定着しているのが「年齢35歳まで、転職回数3回まで」という条件というわけですね。

>>一般企業経理の求人情報を見てみる

税理士事務所の経験は、経理の実務経験として認められるか?

会計事務所(税理士事務所)出身者として気になるのは、会計事務所での経験が「経理の実務経験」として認めてもらえるのか?だと思いますが、この点は特に問題ないケースが多いです。

実際に求人情報を見ていただくと理解されやすいかと思いますが、「事業会社での経理経験者か、会計事務所経験者」という形で求人を出している企業は多いです。

実際に仕事にスムーズに馴染めるか?ですが、これは個人的な体験としても「会計事務所の実務の難易度>>>>経理実務の難易度」ということになるかと思います。

会計事務所で年間20件以上の決算を組んできた、という人であれば経理事務の仕事というのはそれほど難しく感じないと思います。

むしろ難しいのは大きな組織内でうまく仕事に適応していくことだと思われます。

会計事務所の場合は小さな組織で家族的な環境ということが多いと思いますが、大手企業では「一定のサイクルで交代するボスのもとで、うまく社内政治を生き残っていく」という働き方も必要になります。

特に、経理セクションというのは幹部職が交代することが少ないですから、上の人間とうまくコミュニケーションをとりながらやっていくというのはサラリーマンとして生きていく上で大切なことです。

会計事務所の仕事は一匹狼…というケースが多いですから、意外にこの社内政治が苦手という人が多いので注意しておくと良いでしょう。

管理職としての入社の場合、35歳以降も可能性あり

一方で、マネジメント要員(経理課長や部長ポストの補充)として採用活動を行っている場合、35歳以降でもマネジメントの経験がある方は採用される可能性はあります。

「マネジメントの経験」というとなんだかハードルが高いようですが、例えば3人〜5人程度のチームのリーダー職などでもマネジメント経験とみなされる可能性が高いです。

「マネジメント経験のある人」という形で募集がされていると尻込みしてしまう…という人は多いと思いますが、積極的にチャレンジして見る価値はあります。

大手企業の経理管理職ポストの場合、年収は700万円〜という好条件のケースも少なくありませんよ。

Sponsored Links

関連記事と広告