Pocket

国際税務を経験したいと考えいる税理士の方が、BIG4といわれる外資系大手税理士法人以外の選択肢を考える場合には、外資系企業の経理管理職が転職先候補になります。

外資系企業が日本に現地法人を置いているようなケース、あるいは日系企業が海外展開も積極的に行なっているようなケースで、日本法人で採用活動がされているようなところを狙っていくイメージになります。


Sponsored Links

税理士が一般企業に入社した後の担当実務

入社後に担当する実務としては日本法人の決算書をIFRSやら米国の会計基準で連結に持っていくというような仕事がメインになりますね(その他もろもろありますが)

国内勤務(日本法人の経理業務)で数年間のトレーニングを経て、国際税務も担当するようになるというケースも多いでしょう。

会計事務所での実務経験はあるけれど、国際税務については未経験…という方もこのフィールドは狙えますから、国際的に活躍するというビジョンを持っている方は積極的に挑戦していく価値はあると思います。

外資系企業の場合、経理財務セクションは年収も高い傾向がありますから、英語に抵抗がない方は国内の会計事務所だけにとどまるのはもったいないかもしれませんよ。


Sponsored Links

税理士がBIG4以外の外資を狙う場合の注意点

外資系を狙う場合は、転職エージェントを有効活用するのは必須です。

ハローワークは論外ですが、自力で企業ホームページからエントリーするというのでは差別化がなかなか難しい上に効率的に転職活動を進めることができないためです。

転職エージェントを使う際には、「会計事務所経験→一般企業経理管理職」への転職プランを専門にしている転職エージェントを選ぶようにしましょう。

関連記事と広告