転職活動について

転職先は言わない方がいい?その理由と聞かれた時の対処法を紹介








Sponsored Links

「やあ、転職するらしいね。新しい職場ってどんなとこなの?」

↑このように上司や同僚に聞かれたとき、どう答えるのがベストでしょうか?

そもそも退職するときに理由が転職だと答えても良いものなのか、不安に感じますよね。

転職先の情報を今の職場の人に教えて、新しい仕事に悪い影響が出ないかどうか?はとても重要なことです。

結論からいうと、転職先については「言わない」がベストです。

この記事では転職先についてたずねられたときの解答方法について、具体例を用いて紹介します。

Sponsored Links

転職先は言わない方が良い!

転職先を言うと不利益をが生じることがあります。

一番よく聞くのは「転職先の良くない話を聞かされる」ということです。

単身赴任が多いとか、実はブラックだとか、そういう噂を聞かされて気にしないで居られることはほとんどありません。

転職に大切ことは自分のメンタルや新しい環境を良い状態でスタートさせることです。

事前に転職先を話してそういった悪い噂を聞かされると、良いスタートの妨げになってしまうことがあります。

引き留められるとデメリットだらけ

転職すると一度言ったら残ってもデメリットが多いです。

転職すると言うと会社側に引き留められることがほとんど、ですがその言葉に乗って会社に残ってはいけません。

何故なら残ったことに感謝されはするものの、結局は「一度は社を離れようとした人」という印象を周囲に持たれてしまうからです。

転職すると言う前に比べて良い点はありません。

すっぱりと切ってしまった方が良いことだらけなのです。

言った方が良いまれなケース

ごく一部の稀な場合に転職先を職場に伝えた方が良いことがあります。

例えば転職先でも同じ取引先と取引する場合に、顧客に「今度私の所属が変わりますが、あなたのお相手は私で変わりありません」とお伝えするとします。

すると顧客の人が今の転職前の職場に、自分が転職すると言っていたと話してしまうことがあります。

また聞きは印象も良くないですし尾ひれもつきやすいです。

こうなってしまうくらいなら先に言ってしまった方が色々と得策になります。

場合によっては仕事の移行がスムースに行くようにサポートも受けられるでしょう。

Sponsored Links

嘘はつかない方が良い

転職先で嘘をついたり、転職しないで退職すると言ったりはしない方がいいです。

「転職はしますが転職先は言いません」とハッキリ言うのは色々と難しいものがありますが、それでも嘘をついてはいけません。

その理由を以下のセクションで詳しくお伝えしていきます。

自分のメンタルを一番に

嘘をつくと人間結構疲れるものです。

なんとなく後ろめたい気持ちになったり、ボロが出ないよう気を付けたり。

転職で1番大事なのはより良い状態で転職をスタートさせること。

自分のメンタルを良い状態に持って行ってキープするためには、嘘は邪魔になってしまいます。

「決まってない」はだらだらのもと

「転職先は決まってない」と言うと悪いときには板挟みになってしまう場合があります。

どいういうことかと言うと、転職先が決まっていないと言うと会社からは「転職先決まってないならもう少し残って働いて」と頼まれることがほとんどです。

そうすると上手く仕事の引継ぎがさせてもらえず、転職先からは「早くうちの会社に来てくださいよ」と急かされることになってしまうということです。

こうなってしまうと切り替えどころを失ってしまい良いメンタルで転職スタートすることがかなり難しくなってしまいます。

転職先を教えたくないからと言って、決まってないと言うのはやめておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

転職が決まったあとで一番大事なことは切り替えて転職先で良いスタートを切ること。

そのために大切なのは自分のメンタルを最優先にすることです。

転職先を伝えてしまうことや中途半端な誤魔化しはその大きな妨げになってしまうので、控えましょう。

Sponsored Links






-転職活動について

© 2020 トレンドジャンプ!