御中 書き方
(御中の書き方は?恥をかかないために知っておきたい「基本ルール5つ」を解説します!)

「会社宛にモノを送る時、宛名は御中と書けと言われたけれど、どうやって書けばいいの?」

今回はこの疑問にお答えします。

結論から言うと、「御中」は会社に対して言う場合の「様」だと思えば良いのです。

「トヨタ自動車株式会社 様」だとおかしいので、「トヨタ自動車株式会社 御中」と書く、というわけですね。

↓「御中」は「相手の会社名につける敬称」


  • (誤り)「トヨタ自動車株式会社 様」
  • (正解)「トヨタ自動車株式会社 御中」

相手からもらった返信用封筒が手元にある場合は、もともと記載されている「行・係・宛」を二重線で消して、「御中」とすぐ右横に書くのがマナーです。

以下、もう少し具体的に説明していきます。

Sponsored Links

御中の書き方で絶対に知っておきたい5つのルール!

「御中」の基本的な書き方のルールはこの5つです。

御中書きの5つの基本ルール


  • ①宛名(相手の名前)が、会社の名前や団体の時に「御中」を使う
  • ②「御中」は宛名の後ろ続けて書く
  • ③送りたい人の個人名が分かっているのなら「御中」ではなく「様」を使う
  • ④返信用封筒で宛名の下が「行・宛・係」になっていたら、それを消して「御中」と書く
  • ⑤「御中」と「様」は一緒に使わない

Sponsored Links

①宛名(相手の名前)が、会社の名前や団体の時に「御中」を使う

手紙や荷物・メールを送る際、受け取る相手が誰だか分からないことがあります。

たとえば「○○株式会社の人事部の人」としか分からない場合、宛名(送る相手の名前)には「○○株式会社 人事部 御中」と書けばOKです。

②「御中」は宛名の後ろ続けて書く

見た目の問題ですが、「御中」は宛名の後ろに一文字空けて書きましょう。

封筒でもメールでも、「○○株式会社 御中」と書くとキレイに見えます。

キレイに書くことも礼儀なので、見た目も意識すべきですね。

Sponsored Links

③送りたい人の個人名が分かっているのなら「御中」ではなく「様」を使う

送りたい人の名前が分かっているのなら、「様」を使いましょう。

「御中」を使えるのは、宛名が会社や団体の時だけです。

つまり、送る相手が「○○株式会社の人」としか分からない時は「○○株式会社 御中」と書きます。

もし「○○株式会社の山田雄太さん」と分かっているのなら、宛名には「○○株式会社 山田雄太 様」と書く方が、送られた相手も分かりやすいです。

④返信用封筒で宛名の下が「行・宛・係」になっていたら、それを消して「御中」と書く

会社から返信用の封筒をもらうことがありますが、その時宛名は「○○株式会社 ○○部 行」と印刷してあることがほとんどです。

そのまま出すと失礼なので「行」の字だけを消して、近くに「御中」と書きます。

Sponsored Links

⑤「御中」と「様」は一緒に使わない

「御中」と「様」を同時に使うのは二重敬称になり失礼です。

二重敬称とは、「さん」「様」「社長」のような相手を敬う呼び方を二つ使ってしまうことです。

「社長様」や「各位殿」も二重敬称です。

二重敬称は基本的にマナー違反とされています。

「御中」も敬称なので、「○○株式会社 人事部 御中 山田雄太 様」と書いてはいけません。

この場合は「○○株式会社 人事部 山田雄太 様」と書くのが正しい書き方です。

Sponsored Links

そもそも「御中」の意味は「会社や団体を敬った呼び方」

「御中」は会社や団体に対して使う「敬称」です。

普段私たちは、相手の名前を呼ぶ時「山田さん」「田中社長」「吉田様」などと呼びますよね。

その「さん」「社長」「様」が「敬称」です。

これらは個人を呼ぶ時に使うもので、同じ感じで会社や団体の名前を呼ぶと「御中」になります。

だから宛先で「○○株式会社」だけしか書かないのは、相手を呼び捨てで呼んでいるのと同じなのです。

Sponsored Links

封筒やメールの「御中の書き方」

書き方は普段個人に宛てて送る時の書き方と変わりません。

いつも「○○様」と書いているところを「○○株式会社 御中」と書けば良いだけです。

封筒やはがきは宛先を書く欄の中央に大きく。

ビジネスメールは本文の前に宛名を書くのが礼儀なので、そこを「○○株式会社 御中」と書けば間違いいありません。

Sponsored Links

「行・係・宛」を消して「御中」を書く場合

封筒に最初から宛名が印刷されている場合、いつも「行」か「係」か「宛」と書いてあります。

この場合はこの部分だけ消して、近くに「御中」と書かなければなりません。

ですがどうやって消して、どこに「御中」と書けば良いのでしょうか。

Sponsored Links

縦書きの封筒の場合

縦書き封筒の時は、「行」を縦の二重線で消します。

それから消した「行」の左か下に「御中」と書きましょう。

横書きの封筒の場合

横書き封筒なら、「行」を横の二重線で消します。

そして消した「行」の右に「御中」と書きます。

基本は書式に逆らわないように右に書きますが、下か上でも失礼になるようなことはありません。

Sponsored Links

まとめ

御中の書き方について解説しました。

「御中」は「様」や「さん」と同じで、相手の会社を敬う大切なものです。

これがないと失礼になってしまいますので、必ず書くようにしましょう。

Sponsored Links