宗教に関する知識

阿修羅像の魅力や秘密を解説!顔の違いや手の意味に作者が込めた思いとは?

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

興福寺の阿修羅像といえば、「3つの顔に6つの手」が有名ですね。

このような姿をのことを三面六臂(さんめんろっぴ)の像といいますが、「顔や手がたくさんあるのには、どういう意味があるのだろう?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、阿修羅の由来から手や顔の意味までを詳しく説明していきます。

Sponsored Links

阿修羅像の顔の違い:それぞれの顔にはどんな意味がある?

阿修羅像

まずは阿修羅像のそれぞれの顔の意味から見ていきましょう。

1つの頭に3つの顔というと、なんだかちょっとグロテスクな感じもしますが、これには次のような意味があるのです。

①後悔を表わす左側の顔

向かって左側の顔は、幼年期の阿修羅を現わすといわれています。

反抗的な表情で、自分の過ちを認められず、感情的な阿修羅が描かれているのです。

おそらくこれは、仏の教えを知る前の阿修羅の姿を現しているのでしょう。

そこには過去の自分への後悔の念にじんでいるように見えます。

Sponsored Links

②懺悔(ざんげ)をしている右側の顔

向かって右側の顔は、思春期の阿修羅の顔といわれています。

自らの過ちに気づいて思い悩み、そして懺悔している少年になった阿修羅の表情です。

③仏の教えを悟った正面の顔

そして、正面は青年に成長した顔を現わしています。

後悔の念がある一方で、希望の光を見出している表情です。

つまり、悩みから抜け出そうとしている姿を表現しているのです。

Sponsored Links

阿修羅像の手の意味とは?

顔だけでなく、腕も人と比べて4本も多い6本の腕を持っています。

はじめて見た人はそれだけで圧倒されるのではないでしょうか。

以下では阿修羅の手にまつわる逸話を紹介しましょう。

第一の手

阿修羅像の第一の手は、何も持たずに合唱をしています。

この手は、仏教に帰依して仏法を守っていく姿を現わしています。

Sponsored Links

第二の手

興福寺に展示されている阿修羅像は何も持っていませんが、興福寺曼荼羅には左手に日輪、右手には月輪を持っています。

つまり、本来はそれぞれの手には日輪と月輪を持っていたと考えられています。

日輪は太陽を、月輪は月を意味することから、常時仏教を守っていることを現わしています。

第三の手

第二の手と同様に、第三の手も現在は何も持っていませんが、左手に弓を、右手には矢を持っていました。

つまり、仏教を守る八部衆としての役割を意味しています。

Sponsored Links

阿修羅像のモデルになった「阿修羅」とは?

阿修羅像

次のページへ >




Sponsored Links

-宗教に関する知識

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.