季節の歳時記・手紙の書き方

7月の手紙の挨拶文:ビジネス向け季語や締め・結び文例を紹介!

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

この記事では、7月の手紙の挨拶文例文を紹介します。

ビジネスで手紙を出すときに使用する季語や、締め・結びの文をより具体的な文例集として紹介しますので、参考にしてみてください。

7月の季語は種類がとても多くあり、使用するときの気候に合わせて選ぶことが大切になってきます。

どのような季語があり、その使い方などにも触れてみましたのでご活用ください。

Sponsored Links

7月の手紙 挨拶文の文例集

7月,手紙,挨拶文

7月の手紙の書き出しに入れる挨拶文としてすぐに活用できる文例を紹介します。

挨拶文は手紙を送る相手との関係の深さによって使い分けないといけませんが、次で紹介するものであればシーンを問わず使うことができます。

「失礼にならないようにしたいけれど、あまり堅苦しい印象を与えるのもちょっと…」という場合に使いやすいものを選びましたので、活用してください。

  • 猛暑の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 暑さの厳しい中、ご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 拝啓 夏らしい季節となってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。平素は格別なご高配を賜り御礼申し上げます。
  • 拝啓 小暑の候 貴社におかれましては益々のご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • ようやくの梅雨明け、本格的な暑さとなってまいりましたが・・・、
  • 例年になく湿度を感じない快適な日々となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 今年の夏は暑さだけではなくジメジメとした湿度が厳しいようです。
  • 猛暑が続きしのぎがたい毎日、いかがお過ごしでしょうか。
  • 寝苦しい夜が続いておりますが、体調を崩されてはいませんか?

7月の手紙:挨拶文で使用する季語は?

7月に使える季語の例

  • 小暑
  • 梅雨明け
  • 盛夏
  • 大暑
  • 炎天
  • 七夕
  • 熱帯夜
  • 浴衣(ゆかた)
  • 金魚
  • 納涼
  • 風鈴
  • 海水浴
  • 夏休み
  • 花火
  • 入道雲
  • 避暑
  • 金魚
  • かき氷
  • ビアガーデン

夏の季節を連想させる単語はまだまだあり、7月に開催される祇園祭などのお祭りも季語として使われることが多いです。

次のページへ >




Sponsored Links

-季節の歳時記・手紙の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.