読書感想文の書き方

春に【谷川俊太郎】指導案と国語テスト問題の解説!表現技法の意味

投稿日:

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

この記事では、中学国語で勉強する「春に(谷川俊太郎の詩)」の指導案やテスト問題作成のポイントについて解説させていただきます。

詩をテーマにした教材の指導は苦手としている先生方も少なくありませんが、ポイントを押さえればそれほど難しいことではありません。

生徒の皆さんは、テスト対策にもなる内容になっていますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

春に【谷川俊太郎】詩の本文

春に
谷川俊太郎

この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう
枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする
この気もちはなんだろう
あの空の青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい
地平線のかなたへと歩きつづけたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
大声でだれかを呼びたい
そのくせひとりで黙っていたい
この気もちはなんだろう

>>谷川俊太郎のその他の作品一覧

春に【谷川俊太郎】指導案のポイント

春に,谷川俊太郎

この作品の指導ポイントは、詩で使われている表現技法と、「エネルギー」という言葉の2つです。

この2つのポイントを押さえて作品の解説を行うことで、作品に込められた想いや意味に気づくことができるようになります。

以下、それぞれのポイントについてくわしく説明します。

指導案作成のポイント①:詩で使われている表現技法について

「春に」に限らずですが、詩が題材の授業では、生徒に表現技法を必ず教えましょう。

詩は少ない字数で、気持ちをどれだけ伝えることができるかがかぎです。

そのために、筆者は音や見た目で、リズム感が出るようにしたり、印象に残るようにしたりということをしています。

どういった表現技法を使っているかは記事の後半で説明します。

今後の詩の授業や、テストで詩が出てきた時に、より理解が深まるように、表現技法は強調して生徒に伝えてください。

指導案作成のポイント②:エネルギーという言葉について

「この気持ちはなんだろう」に始まり、「この気持ちは何だろう」で終わるこの作品は、読み手がうまく言葉にできないが、「そこには何かエネルギーがある」ということを伝えています。

幼稚園の時とも、小学校低学年の時とも違う、新しい感情が読み手に生まれているのです。

生徒たちの中にも何とも言えない気持ちになって、友達や親に上手く説明できなくて…ということを経験したことがある人が多いと思います。

そういった気持ちを、生徒だったらどう表現するかを考えさせることが大切です。

国語指導では論理的な思考能力を育てるだけでなく、表現力をつけさせることも重要な課題となります。

春に【谷川俊太郎】国語テスト問題の解説

次に、「春に」からの出題が考えられるテスト問題についてみていきましょう。

先生は問題作成の参考に、生徒はテスト対策のヒントに使ってください。

「春に」からのテスト出題としては、次のような問題が考えられます。

次のページへ >




Sponsored Links

-読書感想文の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.