読書感想文の書き方

モアイは語る:本文あらすじ要約や感想!テスト問題解説と指導案

投稿日:

Sponsored Links

※このページは 4 分で読めます。

この記事では、「モアイは語る」の授業について、本文のあらすじや感想、授業の進め方やテスト問題例を紹介します。

指導案を考えている先生方や、テスト問題対策をする必要がある生徒の皆さんは参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

モアイは語る:本文のあらすじ要約

モアイは語る

大きなものでは高さ二十メートル、重さ八十トンにも達するモアイ像。いったい千体近い巨像を誰が作り、どうやって運んだのか。

また、あるときを境として、この巨像モアイは突然作られなくなる。

いったい何があったのか。

文明はどうなってしまったのだろうか。

実は、この絶海の孤島で起きた出来事は、私たちの住む地球の未来を考えるうえで、とても大きな問題を投げかけている。

わかってきたイースター島の歴史について述べながら、モアイの秘密に迫っていく。

モアイは語る:感想文の書き方

「モアイは語る」についての感想を書くときには次のようなポイントを押さえましょう。

感想文を書く時のポイント

  • ①文中に書いてある事実を書き抜きながら述べる
  • ②本文を読むまでに知らなかったことについて述べる
  • ③筆者が本文で伝えたかったことについて自分の意見を述べる

以下、順番に解説させていただきます。

①文中に書いてある事実を書き抜きながら述べる

「モアイは語る」のような説明文の感想を書くときには、本文中の言葉をできるだけ用いて文章を作るようにします。

そうすることで文章に説得力が増し、どこから何を考えたかということがわかりやすくなります。

②本文を読むまでに知らなかったことについて述べる

説明文を書く筆者は、その分野に関して研究をした上で文章を書いています。

そのため、説明文を初めて読んだときには読者が知らなかった事実が書いてあることが多いです。

あなた自身が初めて知った事実について述べることで感想文の質が上がります。

③筆者が本文で伝えたかったことについて自分の意見を述べる

作品の中で、筆者が主張したかったことについて自分なりの解釈をまとめて書きましょう。

筆者と自分の意見が異なることもありますが、その際には共感した部分について述べるか、こういった考え方もあるのではといった提案のような形で述べるとよい文章になります。

モアイは語る:感想文の例

タイトルにもある「モアイ」について多くのことを知りました。モアイがどれだけ大きく重量のあるものなのか、また、それを運ぶことがどれだけ難しいことなのかをイメージして考えることができました。

特に「島の人々はヤシの木をころとして使い、完成したモアイを海岸まで運んだ」という部分から、イースター島の文明がいかに発達していたのか分かり驚きました。

そんな文明が発達した島であるのに、資源の使い方を間違えてしまって滅びてしまいました。

筆者が述べているように私もこの事実は他人事ではないと思います。

私たちは豊かに暮らしていますが、資源の使い方は確実に間違えています。

この生活をすぐにでも変えなければきっとイースター島と同じ未来になってしまう、できることは何だろうと考えさせられました。

モアイは語る:授業指導案作成のポイント

「モアイは語る」の授業指導案を考える際には、次の2点を押さえて授業を構成する必要があります

指導案作成時のポイント

  • ①文章の構成や論の展開に着目して、筆者の主張を捉える
  • ②筆者の考え方についてどう思うか、生徒に自分の考えを持たせる

以下、それぞれの項目についてくわしく解説させていただきます。

Sponsored Links

①文章の構成や論の展開に着目して、筆者の主張を捉える

本文の構成は「問い」と「答え」を組み合わせた形となっています。

その「問い」を解決していくことで筆者の主張につながっていくことを押さえておくとよいです。

②筆者の考え方についてどう思うか、生徒に自分の考えを持たせる

筆者が読み手に主張を伝えるために展開を工夫している点に注目してください。

読み手が読む際、はじめの「問い」で興味を持ち、論が進むにつれて主張に近づいていくという構成を生徒に気づかせたいです。

モアイは語る:テスト問題の出題例と解答

次のページへ >




Sponsored Links

-読書感想文の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.