「転職活動について」の記事一覧(2 / 5ページ目)

税理士事務所の採用では転職回数が多いとやっぱり不利ですか?

転職活動について

「税理士事務所への転職を考えているけど、転職回数が多いから不利かも…」こんな悩みを抱えている方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 今回は、税理士事務所への転職を目指す方向けに、転職回数について質問された時の上手な答え方について解説させていただきます。

税理士事務所への転職活動で採用されやすい時期はいつ?

転職活動について

これから税理士事務所を目指して転職活動を始める!という方は、転職活動を始める時期についても注意しておいてください。 というのも、税理士事務所には求人が増える時期と、逆に少なくなる時期があるからなんです。 今回は、未経験から税理士事務所への転職を目指す方向けに、転職活動を始めるべきタイミングについて説明させていただきます。

在職中で仕事が休めない場合、転職活動はどう進めるべき?

転職活動について

在職中に転職活動を行っている人の中には、なかなか休みが取れず、転職活動をする時間がない…という悩みをお持ちの方もおられるでしょう。 ここでは、現在在職中の方向けに、仕事を休めない中で効率的に転職活動を行うためのポイントについて解説させていただきます。

税理士事務所への転職は何歳まで可能?経理未経験者でも就職できる?

転職活動について

経理未経験で税理士業界(税理士事務所)への転職活動を考えている人の場合、「だいたい何歳までに転職活動を始めれば良いのか?」が気になっている方は少なくないと思います。 今回は、税理士事務所への転職を目指している未経験の方向けに、転職活動を成功させるためのポイントについて解説させていただきますので、参考にしてみてください。

税理士の転職は何歳まで可能?大手事務所や一般企業経理の希望者へ

転職活動について

今回は、税理士事務所での実務経験が3年以上で、税理士試験も3科目以上の合格があるという方向けに、転職活動の進め方についてアドバイスをさせていただきます(「何歳までに転職活動を始めるか」も大切です) 税理士事務所、一般企業経理など、それぞれの進路に合わせて転職活動のポイントについて解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

税理士は独立すると貧乏になる?31%が総所得金額300万円以下というリアル

転職活動について

日本税理士会が平成26年に発表した「第6回税理士実態調査報告書」によると、独立開業している税理士のおよそ3割が「総所得金額300万円以下」という結果になりました(有効なアンケート回答数2万4950人) 総所得金額300万円以下というのはあえてリスクをとって独立したリターンとしてはやや厳しいものがありますよね。 「税理士として苦労して独立して、結果として勤務税理士の時より貧乏になってしまった…」というケースは実は少なくないのです。 今回は税理士が独立して成功するためにはどのようなキャリアプランを考えるべきか?について具体的に解説させていただきます。

税理士として独立すると顧客とのトラブルの可能性も…

転職活動について

税理士が独立開業を考える場合、顧客とのトラブルに備えておく必要があります。 中には必要なアドバイスをしてくれなかった…ということで数千万円単位の賠償金を関与先企業から求められてしまうようなケースもありますから、独立には様々なリスクがあることは理解しておかなくてはなりません。

税理士がBIG4以外への転職を希望する場合の進路は?

転職活動について

税理士資格を持つ人が高い年収を狙って転職活動を行う場合には、BIG4などの外資系大手税理士法人を狙うという場合が多いと思います。 しかし、勤務税理士としての転職先を考えるのであれば、候補になるのは必ずしもBIG4だけではありません。 今回は税理士有資格者で、会計事務所での実務経験が3年以上ある人向けにBIG4以外の転職先について解説させていただきます。

税理士が独立に際してトラブルになった裁判例

転職活動について

税理士として独立開業を考える場合に、避けて通ることができないのが顧客や従業員、元の勤務先との契約トラブルです。 特に多いトラブル事例としては従業員として入社した会計事務所で、その後独立を考えた税理士が既存の顧客を引き抜いてしまうケースです。 ここでは実際にあった裁判例を見ながら、税理士が独立に当たって直面する可能性が高い契約トラブルの具体例について検討してみましょう。

【企業内税理士の求人】メリットやデメリットは?平均年収を調査!

転職活動について

税理士に合格した後のキャリアプランを考える場合、企業内税理士として組織に属して働くか、開業税理士として自分の事務所を持つか…は悩ましい問題ですよね。 今回は企業内税理士にフォーカスしてそのメリットやデメリットについて解説させていただきます。

ページの先頭へ