読書感想文の書き方【評価されるコツ:例文あり】小学生・中学生・高校生・大学生まで!

小学校や中学校、高校の夏休みの宿題といえば読書感想文ですよね。

本を読んだ感想をすなおに書けばOKとはいいつつも、何から書けばいいかさっぱり…という方も多いのではないでしょうか。

ここでは読書感想文を書くときの作業ステップをわかりやすく説明しますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

読書感想文の書き方:この5ステップで作業しよう!

読書感想文 書き方

読書感想文を書く時には、次の5ステップで作業しましょう。

この順番に作業していけば、読書感想文の苦手な人でも、簡単に書きあげることができますよ。

読書感想文を書くための5ステップ

  • ①おもしろいと思った部分、なるほどと思った部分をメモしながら本を読む
  • ②あらすじを書く
  • ③全体の構成(どういう順番で書くか)を考える
  • ④書き始める
  • ⑤修正をかける

以下では、それぞれの内容についてくわしく見ていきましょう。

Sponsored Links

①おもしろいと思った部分、なるほどと思った部分をメモしながら本を読む

本を読まないことには読書感想文は書けませんので、まずは本を読んでいきましょう。

その際、ばくぜんと読んでいくのではなく、自分がおもしろいと感じた部分、なるほどなと思った部分にふせんやマーカーで色をつけていくようにしてください。

最後まで読み終わったら、マーカーで色を付けた部分をメモに書き出していきます。

このとき、すべてのマーカー部分を書き出す必要はありません(本の全体を詠んだ後に読み直してみると、そんなに重要じゃないかもということはよくあることです)

自分の中で特に重要だと思った部分をメモ帳に書き出したら、今度は「なぜその部分が重要だと思ったのか?」についてもかんたんにメモしておきましょう。

Sponsored Links

②あらすじを書く

次に、読んだ本のあらすじを作りましょう。

あらすじというのは、「この話をおおまかに説明するとこういう話です」というように、別の人に説明するためのものです。

「この話は、~という中学生の主人公が、ある日突然~という事件に巻き込まれるお話です。

主人公の~は、クラスメートの仲間と協力しながら事件を解決していきますが、実はこの事件には主人公の父親が関係していることが分かってきます。

物語の後半では、彼の父親との意外な接点が明らかになり、主人公は人生の新しい一歩を踏み出すきっかけをつかみます」

というように、「この話はだいたいこういう話ですよ」ということがわかるような文章を書きましょう。

物語の内容全部を書くわけではないので、おおまかな流れを別の人(たとえば学校の先生)に説明するつもりで順番に書いてみましょう。

Sponsored Links

③全体の構成(どういう順番で書くか)を考える

あらすじが書けたら、今度は「これから書き始める読書感想文の各パーツを、どういう順番で並べようか?」ということを考えます。

むずかしい言葉でいうと、これを「文章の構成を考える」といいます。

どんな文章でも、何の計画もなく書き始めてしまうと途中で書きにくくなってしまいます。

実際に読書感想文を書き始める前に、全体の設計図を作るような気持ちで、文章の構成文を考えましょう。

読書感想文は、次のような構成にすると読む人にとっても内容を理解しやすい良い文章に仕上がりますよ。

読書感想文を書く順番

  • 書き出し文 :なんでこの本を読んでみようと思ったのか?を書きます
  • あらすじ  :すでに上で作ったものをそのまま差し込みましょう
  • 本のみどころ:本を読むときにメモしたものを自然な文章にしましょう
  • まとめ   :この本を読んで何を学んだか、といったことを書きます

この構成文にそって作った読書感想文の例文を後で1つ紹介しますので参考にしてみてください。

Sponsored Links

④構成をもとに感想文を書いてみる

ここまでで読書感想文の構成文(設計図)ができたら、いよいよ実際に書き始めます(あらすじはすでにできているかもしれませんが)

書き出し文では、この本を読んでみようと思ったきっかけや、「~についての話ということで、あまりイメージがわかなかったけれど、実際に読み始めてみたらとても感動した」というような形で書き始めると良いでしょう。

文章は後で全体を見直しますので、ここではあまり細かい文章表現などは気にせず、一気に書き上げるぐらいの気持ちで進めましょう。

また、必ずしも上から(書き出し部分から)順番に書いていく必要はありません。

書き出しが書きやすいと感じるなら書き出しから書いてもいいですし、本の見どころから書き出したい場合には、見どころから書いていってもOKです。

また、本文を書いていて、「もっと構成をこうしたほうがいいかも」と思ったらそのつど変更していってもかまいません(そういうことはよくあります)

Sponsored Links

⑤読み返し、修正をかける

構成通りに全体ができ上ったら、一度全体を読み直しましょう。

本文を書いているときには特に不自然には思わなかったとしても、全体を読み返すと文章のリズムがおかしかったり、もっとこういう書き方をしたほうがいいかも、と思ったりする部分が出てくるはずです。

できればこの作業は自分1人でやるより、お父さんやお母さん、兄弟や友達などといっしょにやってもらえるのがベストです。

もっとこうしてみたら?という部分を教えてもらえると思いますので、参考にしながら修正していきましょう。

Sponsored Links

読書感想文の例文

読書感想文 書き方

↓上で紹介した「読書感想文を書く順番」をもう一度確認しましょう。

読書感想文を書く順番

  • ①書き出し文 :なんでこの本を読んでみようと思ったのか?を書きます
  • ②あらすじ  :すでに上で作ったものをそのまま差し込みましょう
  • ③本のみどころ:本を読むときにメモしたものを自然な文章にしましょう
  • ④まとめ   :この本を読んで何を学んだか、といったことを書きます

ここではみなさんよく知っているお話の「桃太郎」をテーマに、上の順番にそって読書感想文の例文を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

①書き出し文を書く

書き出し文では、この本を読んだきっかけや、テーマに選んでみた理由などについて簡単に説明しましょう。

書き出し部分の例文

桃太郎というお話は、小さいころに絵本などで読んだことがあったので、おおまかな内容は理解していました。

しかし、あらためて読んでみると「この本には自分がもっと深い意味があるのかもしれない」と気づきました。

今回は、小さいころには気づけなかった「桃太郎」の深い内容について考えてみたいと思い、この本を読書感想文のテーマに選びました。

Sponsored Links

②あらすじを書く

次に、本のおおまかな内容を、あなたの読書感想文を読んでもらう人に説明するつもりで簡単に書きましょう。

あらすじ部分の例文

桃太郎のお話は、桃から生まれた桃太郎が、仲間と協力しながら鬼を退治するお話です。

ある日、おじいさんとおばあさんが川で流れてきた大きな桃をわってみると、中から男の赤ん坊が出てきます。

おじいさんとおばあさんはこの子に桃太郎という名前をつけ、育てることにしました。

桃太郎は立派な青年に成長しますが、ある日「鬼が島という遠くの島で、鬼が村人をいじめて困っている」という話を聞き、「それなら自分が鬼を退治しに行こう」と決意します。

1人では鬼と戦うことが難しいと感じた桃太郎は、イヌ・サル・キジの3匹を仲間にし、鬼退治に向かったのでした。

Sponsored Links

本の見どころを書く

次に、あなたがこの本を読んでおもしろいと思ったところ、なるほどと思ったところについて書いていきます。

マーカーをひきながら本を読み、本を読んだ後にはそれらをメモにまとめてあると思いますから、それを参考にしながら書いていきましょう。

見どころは1つだけでも良いですが、指定された分量(400文字、500文字など)に合うように2つ、3つと書いても問題ありません。

本の見どころ部分の例文

  • おばあさんが、大切な桃太郎の無事を願い、心を込めて作ったきび団子をあげると、犬・猿・キジが桃太郎の仲間になりました。この部分では、「仲間に協力してもらうためには、その見返りに何かお礼をあげないといけない」ということを学ぶことができます。
  • 桃太郎は、たった3匹の仲間と鬼退治にでかけます。3匹しか仲間がいなくても立ち向かう桃太郎は、勇敢で仲間とのきずながとても強いのだと思いました。

Sponsored Links

まとめを書く

最後にまとめを書きます。

この本の良かったところや、自分の生活をこう変えてみようと思った、という気づきなどを書きましょう。

「見どころ」の部分に入れた自分の感想と、まとめの部分での感想をリンクさせるような内容にすると、全体にまとまり感が出ますよ。

まとめ部分の例文桃太郎の話はもともとよく知っているつもりでしたが、あらためて読んでみると、小さいころに読んだ時とは違う感想を持ったことにおどろきました。

桃太郎のように、信頼できる仲間がいれば、どんな困難にも立ち向かえるのだと思えたことは、とても良いきっかけになったと思います。

Sponsored Links

読書感想文を書く時にはずしてはいけないポイント

読書感想文 書き方

ここまで読書感想文を書く方法について順番に説明してきましたが、読書感想文を書くときには、絶対にはずしてはいけないポイントがあります。

それは、「見どころの部分」ではあなたの感想や、「この本の著者は、この部分でこういうことを読者に読み取ってほしいのではないかと思います」といったように、あなたのオリジナルの感想をもりこまないといけない点です。

読書感想文を書く目的は、本を読んであなた独自の発見や感想について言葉にし、それを他の人にも伝えられるようになることだからです。

「書き出し」の部分や「あらすじ」の部分も読書感想文の重要なパーツではありますが、これらはあくまでもおまけのようなものと考えてください。

読書感想文の中で一番大切なのは、「本のみどころ」の部分ですから、「なぜここが見どころだと思ったのか」をあなた自身のオリジナルの内容で書くことが大切なのです。

なので、全体の文章のボリュームにも注意しながら、「本のみどころ」部分にもっとも重点をおいて書くように気を付けてみてくださいね。

Sponsored Links

読書感想文の書き方:評価される文章にする3つのコツ

読書感想文 書き方

せっかく読書感想文を書くなら、先生や学校から評価される文章にしたいですよね。

結論からいうと、次の3つの条件を満たしている文章が「良い読書感想文」と評価されるためのポイントといえるでしょう。

「評価される読書感想文」にするための3つのポイント

  • ①あらすじを上手にまとめている
  • ②見どころを感想を交えて伝えている
  • ③最後に自分と照らし合わせている

Sponsored Links

まず、あらすじの部分で、あなたの読書感想文を読む人(先生など)が、どういう本を読んだのか?について具体的にイメージできるようにしてあげなくてはなりません。

次に、「あなたにしか書けないオリジナルの感想がたくさんふくまれているようにすること」が、良い読書感想文と評価されるためのポイントです。

オリジナルな感想というとむずかしく感じてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

あなたの正直な感想と、あなたのこれまでの生活と物語の内容をリンクさせて(関連付けて)伝えれば、自動的にオリジナルの内容になるからです。

例えば、「物語の中で、桃太郎は~という行動をとりますが、これはわたしの生活でも経験があります。以前、わたしのおばあちゃんが~」というように、物語の登場人物の行動と、あなたがこれまでの人生で実際に体験したことを関連づけて説明するようにしたらよいのです。

まとめ

今回は、読書感想文の書き方について解説しました。

本文でも紹介しましたが、読書感想文を書く目的は、本を読んで、あなたがどのような感想や気づきを得たのかを、文章で他の人にも伝えられるようになることです。

自分の気持ちを他人に文章で伝えることは大人になってもとても役に立つ能力といえますから、ぜひ楽しみながら取り組んでみてくださいね。

Sponsored Links

三国志あらすじを簡単に解説!細かい内容(赤壁の戦い)のネタバレもあるよ!

読書感想文の書き方
三国志 あらすじ

この記事では『三国志』のあらすじについて解説します。 三国志はゲームや映画でも定番の人気題材ですが、「キャラクターや用語が多すぎて、どういう内容か分かりづらい」「キャラクター名は知ってるけど、全体的な内容は知らない」という方も少なくないのではないでしょうか。 キャラクターの紹介を交えながらわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「オセロー」あらすじを簡単・簡潔に!シェイクスピア作品をわかりやすく解説!

読書感想文の書き方
オセロー あらすじ

「オセロー」はシェイクスピアの4大悲劇の一つとして世界中で読み継がれている作品ですね。 この記事では、シェイクスピア「オセロー」のあらすじを簡単に、わかりやすく解説します。 もっと詳しく知りたい人のために作品の見どころについても解説していますので、これからシェイクスピア作品に挑戦したい!という方はぜひ参考にしてみてくださいね(一部ネタバレを含むので注意してください)

「たけくらべ」あらすじを簡単に!内容ネタバレと読書感想文の例文あり

読書感想文の書き方
たけくらべ あらすじ

五千円札の肖像画にもなっている樋口一葉の代表作といえば「たけくらべ」です。 作品の名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、古典的な文章で書かれているため、むずかしい印象がある作品ですね。 今回は「たけくらべ」のあらすじと内容を簡単にわかりやすくご紹介いたします。 読書感想文の制作などにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「注文の多い料理店」あらすじを簡単に説明!結末ネタバレ・読書感想文のポイントもあるよ!

読書感想文の書き方
注文の多い料理店 あらすじ

「注文の多い料理店」は、宮沢賢治の代表作の一つです。 有名なお話ではありますが、「くわしい内容は忘れてしまった」という方や、「読書感想文のテーマにしたいけど、どういう風に書いたら良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。 今回は、「注文の多い料理店」のあらすじについて簡単に説明するとともに、読書感想文を書く時のポイントについて解説します(結末ネタバレを含みますので注意してください)

源氏物語のあらすじを簡単に!登場人物の詳しい紹介や結末ネタバレあり

読書感想文の書き方
源氏物語 あらすじ

紫式部原作の「源氏物語」は、日本人なら誰もが知っている古典の名作です。 ですが、古文で全54巻もあるとなると、興味があっても手を出しずらいですよね。 今回は、そんな方にために「源氏物語」のあらすじを簡単に紹介します。 学校の授業で習うという方、興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

「老人と海」あらすじを簡単・簡潔に!読書感想文を書くポイントは?

読書感想文の書き方
老人と海 あらすじ

ヘミングウェイの名前は日本でもとても有名ですが、「名前は知っていても作品は読んだ事がない…」という方も、意外と多いのではないでしょうか? そんな方のために、この記事では、アーネスト・ヘミングウェイの「老人と海」について、簡単・簡潔に紹介します。 1952年に発表された「老人と海」は、ヘミングウェイのノーベル文学賞受賞に繋がった世界的ベストセラーです。 読書感想文の題材になる事も多い作品ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「野菊の墓」あらすじを簡単に紹介!物語のネタバレ含む小説解説

読書感想文の書き方
野菊の墓 あらすじ

伊藤佐千夫の「野菊の墓」はテレビドラマや映画にもなっている名作です。 しかし、その原作を読んだことはありますか。 「かわいそうな話だということは知っているけれど、それ以上はわからない…」という方のほうが多いのではないでしょうか。 そんな方のために、この記事では「野菊の墓」のあらすじとポイントを簡単に紹介します。 「野菊の墓」が名作である理由がきっとおわかり頂けると思います。

「夜のピクニック」あらすじを簡単に!読書感想文むけの結末ネタバレ解説あり

読書感想文の書き方
夜のピクニック あらすじ

直木賞作家、恩田陸さんの「夜のピクニック」は、2006年に映画化され「読書感想文におすすめの本」に選ばれることも多い青春小説です。 しかし、「読書感想文を書きたいけど、何をポイントに書いたらいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。 そんな方のためにこの記事では「夜のピクニック」のあらすじと、読書感想文を書くヒントになるポイントを簡単にご紹介します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

「日の名残り」あらすじ!映画と小説の違いや結末ネタバレ内容も解説

読書感想文の書き方
日の名残り あらすじ

「日の名残り」は、1989年にイギリスで刊行された、カズオ・イシグロの小説です。 カズオ・イシグロは日系イギリス人という事もあり、2017年にノーベル文学賞を受賞した際には、日本でも大きな話題となりましたね。 「日の名残り」は、1993年にジェームズ・アイヴォリー監督により映画化されていますので、ご覧になった方も多いかと思います。 ここでは「映画は見たけど、小説は長くて読む気になれない…」といった方のために、小説のあらすじとみどころを簡単に紹介します。

「草枕」あらすじを簡単に紹介!夏目漱石作品で読書感想文を書くポイント

読書感想文の書き方
草枕 あらすじ

「草枕」は、「吾輩は猫である」「坊ちゃん」と並ぶ、夏目漱石の初期の名作です。 「とかくに人の世は住みにくい」という冒頭文で広く知られていますが、じゃあ内容は?と聞かれたら、そう言えば知らないな…。と言う方も多いのではないでしょうか。 そんな方のために、この記事では「草枕」のあらすじを、簡単・簡潔に説明します。 読書感想文を書く時のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「騎士団長殺し」あらすじを簡単にまとめ!ネタバレ含む内容紹介あり

読書感想文の書き方
騎士団長殺し あらすじ

村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」は、村上春樹のファンだけでなく、小説ファンが待ちに待った最新作ですね。 しかし、この作品は長編小説というだけあって、総ページ数は1000ページ以上ととにかく長い...! 「ずっと原作を読んでみたいと思っているけれど、そんなに長い小説は読めないよ…」という方も多いと思います。 そんな方のために、この記事では「騎士団長殺し」のあらすじをわかりやすく説明し、ネタバレ解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1Q84のあらすじを簡単に紹介!一部ネタバレ感想含む内容解説あり

読書感想文の書き方
1q84 あらすじ

村上春樹の12作品目の長編小説にあたる「1Q84 」は、Book1・Book2・Book3と分けて販売されましたが、全巻ミリオンセラーを記録した名作小説です。 しかし、この作品、長編小説と呼ばれるだけあってBook3まであるのでとにかく長い…! 「ずっと原作を読んでみたいと思っているけれど、最後まで読み切る自身が無くて…」という人も多いのではないでしょうか? そんな方のために、この記事では「1Q84」という作品のあらすじについて、簡単にわかりやすく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ノルウェイの森」のあらすじを簡単に(※結末ネタバレあり)

読書感想文の書き方
ノルウェイの森 あらすじ

「ノルウェイの森」は、世界中で翻訳されている村上春樹のベストセラー小説です。 ハルキニストと呼ばれるファンが世界中にいる人気作家村上春樹ですが、作品は短編小説から長編小説までたくさありますね。 そんな数ある作品の中で、村上ワールド初心者におすすめの作品が「ノルウェイの森」なんです。 この記事では、「ノルウェイの森」のあらすじと結末を簡単に紹介していますので、興味が持てそうな方はぜひ作品を手に取ってみてくださいね。

「罪と罰」あらすじを簡単に!ドラマ・漫画の原作をネタバレ解説

読書感想文の書き方
罪と罰 あらすじ

「罪と罰」は、日本でもこの作品を元にしたドラマや漫画が作られていますね。 この作品はもともとロシアの文豪ドストエフスキー原作の長編小説で、ロシア文学を代表する名作です。 ただ、今から100年以上前に書かれた作品ですから、文章が難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。 この記事では、ちょっと難しい印象がある「罪と罰」のあらすじや、作者が伝えたいと思っていたことについて、簡単にわかりやすく解説します。

「吾輩は猫である」あらすじを簡単・簡潔にまとめ!読書感想文で書くべきポイント

読書感想文の書き方
吾輩は猫である あらすじ

「吾輩は猫である。まだ名はない。」の書き出しで始まる「吾輩は猫である」は夏目漱石の初期の代表作ですね。 とても有名な作品なので、作品の最初の部分なら知っているという方も多いでしょう。 ただ、この作品で夏目漱石が伝えたかったことや、結末については知らない人が多いのではないでしょうか。 この記事では、「吾輩は猫である」のあらすじについて簡単に紹介するとともに、ネタバレを含む結末もお教えします(ネタバレ部分については読みたい方だけ読んでくださいね)

檸檬のあらすじを短く簡単にわかりやすく!読書感想文の書き方ポイントは?

読書感想文の書き方
檸檬 あらすじ

この記事では、『檸檬』について知らない人のために、あらすじや登場人物を紹介します。 短い作品ですが、その分、何を意味しているのかわかりにくいところもあるので、『檸檬』のなにに注目すべきなのかも合わせて解説します。 評価の高い文学作品なので、読書感想文にもおすすめです。

「君たちはどう生きるか」あらすじ要約を簡単に!ネタバレと読書感想文の例文あり

読書感想文の書き方
君たちはどう生きるか あらすじ

この記事では、「君たちはどう生きるか」のあらすじを紹介しています。 名作という評価のあるこの作品ですが、読書感想文を書く際にはどういう書き方をすればいいのか分からないと悩むんでいる方も多いのではないでしょうか。 読書感想文を書く際のポイント(どういう部分に注目してこの本を読むべきか)についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「オズの魔法使い」あらすじを短く簡単に!詳しく知りたい人向けネタバレあり

読書感想文の書き方
オズの魔法使い あらすじ

「オズの魔法使い」は、誰もが一度は名前を聞いたことがある児童文学の名作ですよね。 しかし、「どういう内容で、どういうことを伝えている作品なのか?」と聞かれると、うまく答えられない…という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 この記事では、「オズの魔法使い」のあらすじについて簡単に紹介するとともに、作者がこの作品に込めた思いをネタバレ込みで詳しく紹介していきます。

「告白」あらすじを簡単に短くまとめ!ネタバレ含む面白いとこも紹介!

読書感想文の書き方
告白 あらすじ

湊かなえの「告白」は、発売後まもなく話題になり、映画化された事でも大きな反響を呼んだ作品ですね。 話題になった作品ではありますが、ミステリーには日ごろからあまりなじみがない…という方の場合、原作本にはなかなか手が伸びないということもあるのではないでしょうか。 今回は「告白」のあらすじからネタバレまでをわかりやすく解説しますので、興味が持てそうでしたらぜひ原作も読んでみてくださいね!

「ライ麦畑でつかまえて」あらすじ:結末ネタバレ含む内容を詳しく紹介!

読書感想文の書き方
ライ麦畑でつかまえて あらすじ

「ライ麦畑でつかまえて」は、永遠の青春小説として世界中で翻訳されている作品です。 有名な作品ではありますが、外国文学はなんだかむずかしそう…となかなか手を伸ばせない人もいるのではないでしょうか? 今回は、「ライ麦畑でつかまえて」のあらすじから結末のネタバレまでを詳しく解説していきます!

ページの先頭へ