季節の歳時記・手紙の書き方

贈り物のお礼状の文例!ビジネスやはがきで使える例文を紹介!

更新日:

※このページは 2 分で読めます。

これを守らないとお礼の気持ちが伝わるどころか、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

投函する前に、以下のような点に注意しておきましょう。

贈り物に対するお礼状を書く際のマナー・注意点


  • ①贈り物よりも「相手の心遣い」に感謝する言葉を意識する
  • ②お礼状は贈り物を受け取ってから3日以内に出す
  • ③贈り物をもらった理由に合わせたお礼状を書く

以下、順番に解説いたします。

Sponsored Links

①贈り物よりも「相手の心遣い」に感謝する言葉を意識する

一番大切なのは、送ってくれた相手の心遣いに感謝することです。

相手は相応の好意があるから、贈り物を贈ってくれます。

その思いを尊重してお礼状を書くようにしましょう。

贈り物の感想を述べるのもその一環です。

相手に「贈って良かった」と思わせるお礼状が、良いお礼状と言えます。

②お礼状は贈り物を受け取ってから3日以内に出す

お礼状は早く出すのがマナーです。

相手は贈り物が無事に届いたか、喜んでくれるか心配しているでしょう。

早く安心してもらうためにも、お礼状は早く出すようにすべきなのです。

本来は贈り物が届いた日の内に、書いて出すのが理想的とされています。

大体遅くても受取日から3日以内に出すようにしましょう。

③贈り物をもらった理由に合わせたお礼状を書く

贈り物をもらうにも理由があることも多いです。

たとえば結婚祝いや卒業祝いといったお祝いや、お歳暮やお中元のような季節のご挨拶だってあります。

その理由に合わせて、今後の抱負やお礼を述べるようにしましょう。

そのような理由がなく、単なる心遣いからもらった場合は「お心遣いに誠に感謝致します」くらいで問題ありません。

Sponsored Links

まとめ

今回は、贈り物をいただいた際のお礼状の文例を紹介しました。

本文でも見たように、お礼状は、贈り物そのものよりも「相手の心遣い」への感謝を表現するのが大切です。

きちんとしたお礼状を出すことができれば、相手ともっと良い関係を築くことができますよ。

紹介した例文や注意点を参考に、素敵なお礼状を作ってみてくださいね。

Sponsored Links




Sponsored Links

-季節の歳時記・手紙の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.