Sponsored Links

歴史人物のお話

大器晩成型の人の特徴とは?【偉人や有名人・女性の例】何歳から活躍?

大器晩成型

大器晩成型」とは、ごく簡単にいえば「年齢を重ねてから成功するタイプの人」のことをいいます。

同じような意味の言葉(類義語)としては、「遅咲きの人」とか、「苦労人」とかいった言葉がありますね。

「大器晩成型」の意味


年齢を重ねてから成功するタイプの人。遅咲きの人。苦労人。

この記事では、大器晩成型と言われる人たちが、具体的にどんな人生を歩んでいったのか、何歳のときに成功したのかといったことについて解説します。

大器晩成型と言われている偉人や有名人の人生を知ると、あなた自身の悩みを解決するきっかけをつかめるかもしれません。

自分の将来について悩んでいる…という方や、いま何をやったらいいのかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

大器晩成型の人の特徴!偉人や有名人も若いころはダメダメだった?

歴史上の偉人で誰もが知っている大器晩成型の人と言えば、徳川家康でしょう。

彼は、自分の子供や孫が政権を完全に掌握する江戸幕府を作り、260年にもわたって日本全体を一族で支配することに成功しました。

>>徳川家康が座右の銘とした「貞観政要」の名言解説はこちら

歴史上の人物としてはトップクラスの功績を遺した人ですから、経営者や政治家の中には彼を目標にしているという人も少なくないでしょう。

しかし、彼の人生を細かく見ると、実は「大器晩成型=遅咲きの人」であることが分かります。

家康が関ヶ原の戦いで勝利を収め、江戸時代を築いていくのは、なんと60歳を過ぎてからのことなのです。

徳川家康は、10代には今川義元、20代~30代にかけては武田信玄、40代は織田信長、50代は豊臣秀吉…と、他のスーパースター的な偉人に対して隷属的な地位を強いられていました。

最後のライバルである豊臣秀吉が亡くなり、絶好のチャンスが訪れたときには家康は60歳を超えていました。

彼はこのタイミングまでずっと忍耐を続け、最後のチャンスで一気に成功を手にしたのです。

[ad#co-1]

日清食品の創業者である安藤百福:チキンラーメンを開発したのは48歳のころ

もう少し現代に近い例を挙げると、日清食品の創業者である安藤百福も大器晩成型の有名人だと言えます。

この人が世界初のインスタントラーメン、チキンラーメンを開発したのが48歳の頃です。

>>他にもこんなにいる!大器晩成型の偉人の例はこちらをクリック

大器晩成型の人たちも成功を収めるまでは苦難の連続だった

彼らが普通の人たちと違ったところは、どうしようもない状況に置かれても諦めずに努力を継続することができたということです。

徳川家康は幼少期を人質として過ごし、解放されてからも織田家の下で使われているしかないという境遇でした。

安藤百福はインスタントラーメンを開発するまでにも何度も事業を起こそうとしていますが、戦争などの影響もありいずれも失敗。

47歳の頃には、ほぼ全財産を失うという絶望的な状況を経験しています。

家康は織田家の下でうだつのあがらない日々を過ごそうとも、自分の番が回ってくるのをじっと耐えて待ち続けました。

安藤百福もどうしようもない状況に絶望するのではなく、そこから睡眠時間を削って休みなくインスタントラーメンの開発に明け暮れたのです。

[ad#co-1]

成功し始める年齢は人それぞれ

互いに60歳、48歳と誰が聞いてもこの二人の成功は遅咲きですよね。

しかしこの例を目の当たりにして、大器晩成型の人が何歳から成功するのかと考えると、人によってかなり開きがあることがわかります。

また経営者なら30歳を超えて成功しても遅咲きだとは言われませんが、それが芸能人なら遅咲きだと言われたりと、業界によってその基準は変わってきますね。

大器晩成型といっても具体的に何歳からということはなく、最後まで諦めなかった人が大器晩成型なのです。

[ad#co-1]

大器晩成型の偉人の例

この他にも大器晩成型の偉人のエピソードをいくつか紹介しておきます。

それぞれ見比べることでも、大器晩成型を形作る要素が明らかになってくるでしょう。

カーネル・サンダース:ケンタッキーが成功したのは70歳のころ

ケンタッキー・フライドチキンの創業者として知られるカーネル・サンダース。

この人がKFCのフランチャイズ事業に取り組み始めた頃にはなんと70歳を目前にしていたといいます。

30代後半でガソリンスタンドとカフェを経営し始めたカーネル。

カフェ事業に至っては州の料理への貢献が認められ、45歳の頃にケンタッキー州知事から「ケンタッキー・カーネル」の名誉称号を授かるほどでした。

しかしガソリンスタンドはバイパスが出来たことによる交通量の減少、大恐慌の煽りを受けて倒産。

カフェも火事によって焼失してしまい、65歳にして築いてきたものを全て失うことになってしまったのです。

しかしカーネルはこの状況に置いても諦めませんでした。

70歳を目前にして取り組み始めたフランチャイズ事業の営業を断られた回数は1000回以上。

彼が他の偉人たち同様、希望の見えない状況でも努力し続けることができたというのはその数字から明らかですね。

[ad#co-1]

ウォルト・ディズニー:ミッキーマウスを生み出したのは30歳のころ

ディズニーランドや、ミッキーマウスの生みの親として今や世界中から愛されるウォルト・ディズニー。

彼が最初から才能を持っていたかというと、そうではありません。

時期としては20歳前後、新聞に載せる漫画を描く仕事をしていたウォルトは後にアニメーターに転身します。

自ら起業するも経営面やもろもろのことが上手くいかず、倒産などの危機を何度も繰り返しました。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-歴史人物のお話

© 2020 トレンドジャンプ!