要らないものを捨てることが断捨離だと思っている人が多いようですが、実は違います。

断捨離とは、ヨガの断行、捨行、離行を応用した考え方で、ただの掃除とはちょっと意味が違うのです。

断捨離を実践していくことは、単純に部屋がきれいになったり、服の量が減ったりというだけではなく、自分を見つめ直すことにもつながります。

今回は、断捨離の本当の意味と、断捨離がもたらしてくれる効果について解説します。

断捨離に興味があるけど、掃除だと思うとめんどくさく成る、よくわからなくて実践できないという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

今までとはちがった自分をみつけることができるかもしれませんよ。

Sponsored Links

断捨離とはどういう意味?

断捨離とは

本来、ヨガや仏教でいう「断捨離」とは、自分が持っている余分なものを捨てることでストレスから解放され、本来の自分を取り戻そうとするための手段です。

入ってくるいらないものを断ち「断」、いまある不要なものを捨てる「捨」、物への執着から離れる「離」という意味をあらわしています。

やましたひでこさんが、自身の著書で発表した造語です。

ついつい「もったいない」と思ってものが捨てられずにいると、どんどんものが溜まってしまいますよね。

ものが溜まってくると、どんどん部屋がものに浸食されていきます。

そうすると、だんだん掃除が行き届かない、部屋が物に圧迫される、ものが多すぎて必要なものが見つけられないなど、ストレスも一緒に溜まってしまう……。

Sponsored Links

断捨離の語源は仏教?ヨガ?

断捨離という言葉の発案者である、やましたひでこさんがその著書で述べているように、断捨離の語源はヨガにあります。

  • ヨガの断行:入ってくるものを断つ、欲望を断つ、いらない習慣を断つ。
  • ヨガの捨行:いらないものを捨てる、自分の地位を捨てる。
  • ヨガの離行:ものへの執着から離れる、こだわりから離れる。

先にも述べましたが、「断捨離」という造語はこれらの言葉から作った言葉です。

仏教でも「拘りを捨てる、執着をすてる」という修業をしますので、断捨利に通じるものがありますね。

Sponsored Links

断捨離を仕事や生活で実践するときのコツ

では、実際に断捨離をどう実践していけばいいのでしょうか?

断捨離を実践したいけど、どこから手を付けたらいいのかわからない人のために、その方法とコツを紹介します。

断捨離実践のコツ

  • ポイント①:断捨離するものを、ひとつにまとめる
  • ポイント②:手放す基準を明確にする
  • ポイント③:どうやって手放すか考える

Sponsored Links

ポイント①:断捨離するものを、ひとつにまとめる

まずは、取りかかるカテゴリーを決めたら、そのカテゴリーに属するものをすべて一か所に集めます。

集めることで物量を知ることができ、取捨選択をしやすくなるからです。

ポイント②:手放す基準を明確にする

なにが必要で、なにが不要か、その判断をする基準を決めないと断捨離はすすみません。

※断捨離基準の例

  • 使えないもの、壊れているもの
  • 1年以上使っていないもの
  • 役割が同じで重複するもの
  • まだ一度も使ったことがなく、この先も使う予定がないもの

基準を決めたら、さっそく断捨離スタートです!

ただし、想い出の品など、二度と同じものが手に入らないようなものは無理に捨てる必要はありません。

ポイント③:どうやって手放すか考える

手放すことを決めたものは、手放す方法を考えます。

壊れてしまって使えないものはゴミとして処分し、まだ使えそうなものはリサイクルを考えましょう。

ネットオークションやフリマを利用する方法もありますが、最近では、宅配買取りサービスなど便利なシステムがありますので、自分にあった手放し方を選択してください。

Sponsored Links

まとめ

今回は、断捨離とは何か?や語源・実践方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

断捨離は、自分を見つめ直すことであり、断捨利することで、本当に自分が求めているものがなんなのか気づくことができます。

すべてを自分が管理できるだけの量に調整するだけで、自分に余裕が生まれ、幸せな人生を送れるようになるのです。

少しでも不安を抱えているなら、ぜひ断捨離を始めてみましょう!

Sponsored Links