会社・職場のマナー

mboとは何か?目標管理のメリットデメリットを解説!ノルマ管理との違いは?

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

MBOとはマネジメント・バイ・オブジェクティブの略で、直訳すると「目標によるマネジメント」となります。

※マネジメントバイアウトの略として使われるMBOもありますが、ここでは目標管理制度のMBOについてお話しするのでご注意ください。

MBO(目標管理制度)の最大の特徴は、「目標やその達成度をチームメンバーが自分で決めること」です。

MBOの特徴
チームの構成員それぞれが、自分の目標を自分で決めること(リーダーは支援にまわる)

会社や上司から与えられた目標をこなすのではなく、自分で決めた目標を自分で達成するよう努力し、上司やリーダーはそれをサポートするという形をとるのがポイントです。

この記事ではMBOを導入するメリットやデメリット・具体的な導入方法と注意点について解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

MBOとは?単なるノルマ制度との違いを解説!

mboとは

冒頭でも触れましたが、MBOは「組織メンバーが目標を自分で設定すること」が特徴の目標管理制度です。

普通会社でよく使われるノルマ管理制度では、会社が出した目標を社員がクリアするという形をとります。

しかしMBOでは上司が目標を与えるのではなく、上司は社員が自分で目標を決めてそれを乗り越えることのサポートに徹するという点に違いがあるのです。

MBOと単なるノルマ管理の違い

  • MBO:チーム構成員が自分で自分の目標を決め、リーダーはその支援に徹する
  • 単なるノルマ管理:リーダーが目標を決め、構成員はそれに向かって努力する

問題は、どちらを導入するべきか?です。

次の項目では、ノルマ管理制度と比較した場合の、MBOのメリットやデメリットについてみていきましょう。

Sponsored Links

MBO導入のメリット

mboとは

MBOを導入することのメリットとしては、次のようなことがあげられます。

MBO導入のメリット

  • メリット1:モチベーションが出る
  • メリット2:社員の能力が伸びる
  • メリット3:社員と密なコミュニケーションがとれる

順番に解説します。

メリット1:モチベーションが出る

上から与えられた仕事を黙々とこなすよりも、もっと自由で主体的に仕事ができた方が楽しく主体的に取り組むことが可能になります。

MBOでは主体性に重点を置き、目標は自分で決め、その達成を上司を中心としたメンバーがサポートします。

これにより「仕事は上から与えられたものをこなすもの」という見方が、「仕事は自分で取り組みそれをサポートし合うもの」という風に変わるのです。

上からのノルマが達成できないと怒られるのではなく、自分で決めた目標を達成できたら褒められる。

そういった仕事観を社内で共有することで、社員の仕事へのモチベーションがアップします。

Sponsored Links

メリット2:社員の能力が伸びる

MBOは主体性と共に社員の自律心を伸ばします。

確かに、チームの構成員の中にはいろんなタイプの人がいるでしょう。

「こいつは上から目標を与えないとすぐ怠けようとするから」と決めつけて上からノルマを投げ与える方が簡単…というケースもあるかもしれません。

しかし、こうした管理方法では、問題のある社員はいつまでも自分の問題を乗り越えることができません。

MBOはまず社員の自律心を尊重しサポートするところから始まります。

つまり、「お前ならできる!」からスタートするのです。

もちろん、「自分にはそんな能力はないし、仕事は与えられた方が楽」と言う人も多いでしょう。

しかしそんな人ほど根は真面目なので、周りから丁寧なサポートを受けて目標を達成し自信をつけた頃には見違えるほど変化するはず。

社員ひとりひとりが自分の目標を設定して取り組むにはやはり社員にもそれなりの自律心が必要であることは理解しておく必要があります。

主体性を身に着けた社員は自分で考えて動けるようになりますし、視野も広くなります。

自身の成長の経験を活かし後続の社員教育も上手くやってくれるでしょう。

Sponsored Links

メリット3:社員と密なコミュニケーションがとれる

MBO導入成功の鍵のひとつに「上司のサポート」があります。

例えば後でも説明しますが、社員が自分で目標を設定するときも社員と上司がじっくりと話し合います。

このとき、上司は「会社の目標」と「社員の目標」の方向性をうまく合わせるという仕事があります。

社員の目標が会社の目標と全然かけ離れていては意味がありませんよね。

ですが社員の目標が会社の目標を細かく分けたもののひとつに過ぎなくなってしまっていては、それはノルマ制度と同じになってしまいます。

目標が社員の今の能力や個性に合っていて会社の目標にも沿ったものになるよう上司は手伝わなくてはいけません。

その過程で質の良いコミュニケーションを繰り返すことで、上司は社員の能力や個性を細かく把握していきます。

そして最終的には個人の目標やその達成具合を見ていくことで、会社の目標そのものをもう一度見返して考え直すこともできるようになるのです。

Sponsored Links

実際にMBOを導入し運用する流れ

mboとは

次のページへ >




Sponsored Links

-会社・職場のマナー

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.