カオスとは、ごく簡単にいうと「種類の違うものがいろいろと混ざってしまっている」という意味の言葉です。

最近ではネットやTwitterなどで「この状態はカオスだ!」というように言うことがありますよね?

これは、いろいろな意見や情報が入り乱れて大混乱になっているを意味しているわけです。

この記事では、カオスという言葉の意味や使い方、語源や反対語について簡単にわかりやすく紹介しますので、参考にしてみてください。

Sponsored Links

カオスの意味を簡単にわかりやすく解説!

カオス 意味

冒頭でも説明したように、カオスとは「いろんな情報や意見が飛びかう、混乱した状態」を意味する言葉です。

もともとは現在の宇宙ができるよりも前に存在したと言われている「秩序がない状態」を意味していました。

なお、科学の世界では、カオスとは理屈で予測することができないような状態のことを意味します。

Sponsored Links

カオスの語源や反対語は?

カオスという言葉は、もともと古代ギリシャ語で、反対語としては「コスモス」という言葉があります(日本語ではあまり使われないかもしれません)

カオスの意味は「秩序がない状態・混乱している状態」ですから、カオスの反対語であるコスモスは「秩序があり整っている状態」を意味することになります。

むかし、学問として天文学が進んでいたギリシャの人々は、秩序がある状態を「コスモス」と予備、秩序がない状態を「カオス」と呼んでいたのです。

古代ギリシャの人々は、世界は「秩序のない状態」から「秩序がある状態」に進化していくと考えていました。

Sponsored Links

カオスという言葉の使い方・使う場面とは?

カオス 意味

カオスという言葉は、「何この状況?カオスじゃん」と言ったり、単に「カオス(笑)」というように使うこともありますね。

カオスという言葉は、「混じり合っていてはっきり区別できない」、あるいは「大混乱している」ときに使うことができる言葉なので、覚えておくと非常に便利です。

ただし、カオスという言葉は相手をバカにするようなニュアンスも含まれているので、使う場面は選ぶようにしましょう。

Sponsored Links

ネットスラングとして使われることの多いカオス

カオスという言葉特によく使われるのは、ネットの動画サイトのコメント画面です。

例えば、特に海外の野球やサッカーの試合で、ときに選手同士がけんかとなったり、観客が乱入してきたりすることがありますよね?

そのような場合に、「カオス」という言葉がよく使われるわけです。

Sponsored Links

まとめ

カオス 意味

今回は、カオスという言葉の意味について解説しました。

本文で紹介しましたが、カオスという言葉は最近よく使われるようになったので、言葉の意味をきちんと理解しておくことが大切です。

「カオスの意味をよく知らなかった」、「もともとの意味を知らなかった」という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links