承認欲求とは「認めてもらいたい」「自分の事を知ってほしい」という気持ちを指します。

近年ではSNS疲れという言葉をよく聞くと思いますが、これは承認欲求の強い人がSNSにたくさんいることによって起こると私は考えています。

この記事では承認欲求が強い人の特徴や、遭遇した場合の対処法について解説しますので、SNS疲れしてしまった方はぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

承認欲求の意味とは

承認欲求

承認欲求とは、文字通り他人から「承認」されたいと願う「欲求」のことです。

学校や職場など集団生活している中で、自分という存在を認めてほしい気持ちは誰にでもありますので、承認欲求がある程度あることは人間として自然なことです。

しかし、問題となるのは、過度に強すぎる承認欲求を持ってしまう場合です。

そんな欲求が強すぎると皆の注目を引くため迷惑な行動に走り、SNSにアップするなど、ニュースになるような出来事が発生することも少なくありません。

Sponsored Links

承認欲求が強い人の特徴は?

承認欲求

上でも見たように、私たち全員が承認欲求の強い人ばかりではないですよね。

人間に個人差があるように承認欲求の強さにも個人差があり、主にその人の性格が承認欲求の強さに表れます。

以下では承認欲求が強い人の特徴についてみていきましょう。

承認欲求が強い人の特徴①:目立ちたがり屋

傾向のひとつとして目立ちたがり屋が挙げられます。

「認めてほしい!」「かまってほしい!」という気持ちが全面に出ることが多いです。

Sponsored Links

承認欲求が強い人の特徴②:寂しがり屋

寂しがり屋も承認欲求が強い傾向にあります。

目立ちたがり屋とは対照的に気持ちを全面には出さず、「気付いてくれないかな」「こっちを見てほしいな」と、さりげなくアピールします。

承認欲求が強い人を見抜くためには

承認欲求が強い人は総じて「自分の話ばかり」していて「人の話を聞かない」傾向にあります。

というのも自分を認めてほしい気持ちばかり表に出るので、他人にあまり興味が無いからなんですね。

あなたの身の回りにも自分の話ばかりしてこちらの話を聞いてくれない人がいたら要注意しましょう。

Sponsored Links

SNSでこんな人を見かけたら要注意!

承認欲求

SNSを日ごろから利用している方は実感されていると思いますが、承認欲求が強い人はSNS依存者が多いです。

というのもSNSは近所の人だけなく、世界中のありとあらゆる人へ向けて自分自身を発信することが出来るからなんです。

そんな人たちはどのように承認欲求を満たしているのでしょうか?

Sponsored Links

リア充をアピール

羨ましい!素敵!と言われることが目的です。

「私はこんなにリアルが充実しているんですよ」と友だちやパートナーと一緒に写真付きで投稿することで利用者へ向けてアピールします。

「いいね」に振り回される

SNSを利用する目的のひとつに「いいね」という機能があります。

人気や知名度の指標でもある「いいね」の数に一喜一憂し、仕事やプライベートなど生活のあらゆる場面に影響を及ぼすこともあります。

自ら炎上するようなことも

過去には承認欲求が強すぎるあまり、注目されるためコンビニの冷凍庫に入ったり、刃物をもって運送会社に乗り込んだりと罪を犯してしまう人もいましたね。

少し考えれば他人に迷惑がかかることは百も承知なのですが、頭の中では注目されたい欲求しか無いため実際に行動に出てしまう傾向にあります。

Sponsored Links

承認欲求の強い人に遭遇してしまったらどう対処すれば良い?

承認欲求

承認欲求の強い人とかかわってしまってどうすることもできず、苦笑いするしかなかったという経験は、あなたにもあるのではないでしょうか。

承認欲求は個性なので認めてあげたい気持ちはあっても、正直に言って長く付き合い続ける自信が無い…という人は少なくないでしょう。

そんな時に取るべき対処法を解説します。

興味・関心を持たない

承認欲求の強い人は、自分を認めてもらおうという目的を満たすためにと寄ってきます。

ですので、自分を認めてもらえないと感じた相手からは遅かれ早かれ離れていきます。

なので、それほど接触の多い相手出ない場合には、「私はあなたには興味がありませんよ」というそぶりを見せ、やり過ごしてみるのも1つの対処法です。

Sponsored Links

本人に自覚させる

あまりにもひどい様であれば本人に「あなたは承認欲求が強い」ということを自覚させるのもひとつの手段です。

聞く耳をもたない人もいますが、承認欲求を理性で抑えるように説得することで改善される場合もあります。

ただし、場合によっては関係性が壊れてしまうこともありますので細心の注意を払いましょう。

Sponsored Links

まとめ

承認欲求

今回は承認欲求の強い人と、対処法について解説しました。

文中でも述べたように認められたい気持ちは誰にでもあるものですので、折衷案を見つけて上手く付き合っていくことが大切なのだと私は思います。

そんな人との付き合い方を考える時には参考にしてみてください。

Sponsored Links