健康・美容の悩み

二日酔いで吐く原因とは?嘔吐後に急に楽になる・治る理由も解説!

投稿日:

※このページは 2 分で読めます。

これで治ったと思って良いのか、それとも違うのか、ちょっと気になりますよね。

以下では、二日酔いで吐くととても楽になる理由と、知っておくべき注意点についてご紹介します。

Sponsored Links

吐くと胃のアルコールはなくなる

結論から言うと、二日酔いは吐けば楽になると言われるのは、吐くことで胃の内部のアルコールがなくなるからです。

体内のアルコールの量が一定以下の場合は、吐くことによってそれらのアルコールのほとんどが外に出るため、気分の悪さもすっきりするというわけですね。

吐いても吐いても楽にならない場合は?

一方で、吐けば吐くほど気分が悪くなる…という場合もありますね。

このようなときは、もう体中にアルコールが回っていて毒性に反応している状態と考えられます。

そのため、吐いても気分は良くならないということが考えられます。

また、吐くことで脱水症状を起こしてしまい、二日酔いの症状が悪化してしまうこともありますから、無理やり吐くようなことは避けなくてはなりません。

二日酔いの時は、脱水症状にならないように適度な水分補給を行う必要があることも知っておきましょう。

指をのどに入れて無理やり吐いてはダメ!

二日酔い 吐く

二日酔いがひどいと、早く吐いて楽になりたいと指をのどに入れて無理やり吐こうとする方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれはNG行為です。

人は、吐く前の段階で唾液をたくさん分泌して食道を遺産や胆汁から守ろうとしますが、この段階を経ない時に強制的に吐いてしまうと食道を痛めてしまいかねないのです。

過剰なアルコールを体外に排出しなくてはいけない場合は仕方ありませんが、無理やりのどに指を入れて何度も吐くことはやめておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は、二日酔いで吐く原因と吐くと楽になる理由や吐くと治るのかについてご紹介しました。

本文で紹介しましたが、嘔吐は人間の体の生命維持装置という部分は特に重要です。

二日酔いでお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links




Sponsored Links

-健康・美容の悩み

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.