日常を平穏に過ごしていたはずなのに突然嫉妬をされてどう対処をしたらいいのか困ったことはありませんか?

この記事では嫉妬をされた時の対処法を中心に解説します。

嫉妬する人の考えてることも解説しますので、参考にしてみてください。

Sponsored Links

嫉妬される人の特徴3個

嫉妬される

嫉妬されることの多い人というのは特徴があります。

多くの原因の中から特に嫉妬されやすいものを、嫉妬しやすい人の心理を掘り下げて解説します。

見た目が良い

嫉妬しやすい人というのは自分に自信が無い人が多いです。

コンプレックスを抱えていることが多く、特に身体的なものは自分と他人を比べやすいのでトラブルが起きやすいです。

人と接する際には嫌でもその人の容姿が目につきます。

自分に比べてあの人は細くて綺麗、自分に比べてあの人はカッコ良い、と自分と他の人を比べてしまいます。

そのたびに自分と相手との差にコンプレックスを刺激され、自分の持っていないものを持っている相手に対して羨ましい気持ちでいっぱいになってしまいます。

Sponsored Links

周りからの評価が高い人

嫉妬される

周りからの評価が高い人というのは、嫉妬しやすい人からすると「価値のある人間」となるので嫉妬の対象になります。

嫉妬しやすい人は他人から認められたい欲求が強くあります。

これは自分に自信が無いことが根底にあります。

基本的に自分の価値は自分で決めるものですが、自信が無いとこの「自分の価値」というものを他者に委ねてしまう傾向があります。

他者からの評価=自分の価値となってしまうので、周りからの評価が高い人に対して敵対心を持ちやすいです。

Sponsored Links

家が裕福

家が裕福というのはお金の心配事が無いと思われやすく、嫉妬の対象になりやすいです。

お金があるか無いかというのは精神面や時間に多大な影響をもたらします。

例えば、お金が無いと節約をしないといけなくなります。

缶コーヒーを買うことに悩んだり、昼食のメニューを見て値段で悩んだり、そのちょっとした悩みのコストが積み重なると精神的にも疲労が大きくなります。

さらには将来の不安から働きづめになり休む時間や自分のやりたいことを切り捨てていかなければ、となってしまいます。

お金の問題は生活に直結するので考えないようにするということができない難しい問題です。

家が裕福だと何か困ったときは援助してくれるのだろうと、自分と違い楽に生きてると思われてしまいます。

Sponsored Links

嫉妬された時の対処法

嫉妬される

上記では嫉妬されやすい人の特徴を、嫉妬しやすい人の心理を交えて紹介しました。

ここからは嫉妬された時の対処法を解説していきます。

目立たないようにする

目立たないというのは非常に重要になります。

目立ってしまう人の特徴としては、以下のようなことがあります。

目立ってしまう人の特徴(嫉妬されたくなければこれらを避けましょう!)

  • 声が大きい
  • 積極的に意見を主張する
  • 人と違ったことをする
  • 人の話題に上る

が主になります。

特に最後の「人の話題に上る」というのがクセ者で、本人にその気がなくても目立ってしまいます。

嫌味や悪口ならまだいいのですが、その内容が相手をほめるものだとしたら嫉妬の対象になりやすいです。

一度二度ならまだしも何回も耳にしてしまうと嫉妬しやすい人は「あの人よりも自分の方が」となってしまいます。

さすがに人の口まで対処しづらいでしょうが、嫉妬しやすい人の耳に入らないようにお願いするのもいいかもしません。

Sponsored Links

身の上話をしない

嫉妬される

嫉妬の大元は「羨ましい」という感情です。

家が裕福、恋人がいる、こんな良いことがあった、というのは嫉妬しやすい人にとっては羨ましくて仕方が無いことです。

人間関係を良好にするには会話の回数は重要ですが、その会話の内容を考えましょう。

仕事のことやテレビのドラマの内容などの、自身に関係ないことを多めに話して相手を見極めましょう。

Sponsored Links

ほめる、物をあげる

嫉妬しやすい人は自分が持っていないものを相手が持っている時に嫉妬します。

嫉妬しやすい人は自身の理想像が非常に高いです。

自分はこんなに素晴らしいのに誰も分かってくれない、不当な評価だと言っていることが多く、他人からほめられることに飢えています。

嫉妬の度合いが軽度な人なら、その人がこだわっていそうなことをほめたり、安価なお菓子を買ってあげたりすると良いでしょう。

その人と一緒に何か仕事をしたなら「あなたがいてくれて良かった」や他の人にその人の評価があがるように伝えるのも良いです。

目に見える報酬や人からの言葉というのは、自尊心を満たしてくれます。

Sponsored Links

物理的に距離をあける

一番手っ取り早いのは嫉妬しやすい人の範囲に入らないことです。

できれば視界に入らないように仕事をする時間をズラしたり場所を変えるのが良いですが、難しければその人の言葉が届かないところに移動しましょう。

視界に入らないことも重要ですが、会話をしないのも重要です。

嫉妬されるような情報を相手に与えないようにしましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は、嫉妬しやすい人の心理や対処法について解説しました。

本文でも紹介しましたが、嫉妬しやすい人は自分に自信がないのと同時に自尊心が高いことが多いので、それをいかに刺激しないようにするかが重要です。

いきなり嫉妬されて困っている方や、どう対処したら良いか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links