引越しのマナー

引越し挨拶の粗品の相場は?タオルや洗剤ならどこで買うのがおすすめ?

投稿日:

※このページは 3 分で読めます。

引越しで慣れ親しんだ街を離れるのはさびしいですが、新しい土地で新生活を迎えるのはわくわくしますよね。

引越しが済んだ後の手続きとして欠かせないのが、新しく「ご近所さん」になる近隣住民へのご挨拶です。

ご挨拶では簡単な粗品を持っていくのがマナーですが、金額的な相場や商品選びでお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、引越し後の挨拶で渡す粗品の相場はいくらぐらいなのか?どこで買うのがおすすめかといったことについて説明しますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

引越し挨拶の粗品の相場は?

粗品の相場は、「相手がお返しをしなくてもよく、相手に値段の想像がつくぐらいのもの」が良いです。

具体的には、アパートやマンションなどの集合住宅では、300円から1000円相当の粗品が良いでしょう。

大家さんや管理人さんには、通常の住民プラス500円程度のものを選ぶのが良いですね(つまり800円~1500円ぐらいの粗品)

一軒家に引っ越す場合は、今後その地域に住んで長いお付き合いになりますので、もう少し高い1000円~2000円程度の物がいいでしょう(自治会長さんも同額程度)

300円~1000円ぐらいの粗品でいいの?安すぎない?

こんな安い値段の粗品で大丈夫?と不安に感じてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、引越しの粗品であまり高価なものを渡すのは、かえってマナー違反になってしまいますので注意が必要です。

たとえば、あなたが住民だったとして、新しく引越しの挨拶に来た人に、「1万円はするような粗品」を頂いたらどう思いますか?

お返しをしなきゃいけなのかな…とか、何か下心があるのでは?など、逆に気を使ってしまいますよね。

300円~1000円の粗品でも、意外と喜ばれる商品が多くありますよ。

次の項目では、粗品に適している具体的な商品について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

引越し挨拶の粗品はどんなものがいいの?

引越しの挨拶で渡す粗品に適しているのは、「奇をてらわない、万人受けする商品であること」です。

手作りのものや、極端に賞味期限が短い飲食物は避けて、次のようなものを選んでおくと良いでしょう。

具体的には、次で紹介するようなものが引越しの粗品としておすすめですよ。

引越し挨拶の粗品例①:タオル

引越し挨拶の粗品と言えば、タオルが一番の定番ですね。

↑上のリンク先のようなオーガニックタイプの今治タオルは値段も安く、喜ばれるのでおすすめです。

タオルの利点は、どんなにあっても受け取り手が困らないものであること。

そして、価格帯が300円(店によってはもっと安い場合もあります。)から1000円と色々選べることですね。

イオンやイトーヨーカドーなどの店舗に行けば、シーズンによってのしがついたタオルもありますよ(ネット通販ではもともとついているものが多いです)

引越し挨拶の粗品例②:日用品

日用品もタオルと同様にもらって困る方はまずいないと思います。

例としては、サランラップやジップロック、食器用洗剤、洗濯用洗剤などがありますね。

それ以外で意外におすすめなのが、その地域で使用するゴミ袋です。

次のページへ >




Sponsored Links

-引越しのマナー

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.