読書感想文の書き方

太陽と月の大地【課題図書】あらすじと読書感想文の書き方・例文

更新日:

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

夏休みの課題、読書感想文はもう書けましたか?

この記事では、今年の中学生の部の課題図書に選ばれている「太陽と月の大地」について、読書感想文の書き方を例文付きで解説します。

いくつかのステップに分けて紹介してあるので、読書感想文を書くコツとともに、あらすじも分かりますよ!ぜひ、参考にしてみてください。

Sponsored Links

太陽と月の大地:内容あらすじ

舞台は15世紀末のスペインのグラナダ。複数の宗教に寛大だったナスル朝が滅亡し、代わりにイスラム教を弾圧するキリスト教徒が支配するようになったことから、イスラム教徒とキリスト教徒の対立が始まる時代です。

主人公はモリスコ(キリスト教に改宗したイスラム教徒)の男の子エルナンド。

兄、父、祖父と一緒に暮らしています。

ナスル朝の時代、宗教を超えて親しくしていたアルベーニャ伯爵がエルナンドの家を訪れるシーンから始まります。

キリスト教徒であるアルベーニャ伯爵の娘、マリアと互いに惹かれあうエルナンドですが、宗教の対立が深まる中、モリスコであるエルナンドの家族に悲劇が襲い掛かります。

エルナンドの兄であるミゲルが、モリスコの娘を助けるためキリスト教徒を殺してしまったことから反逆者として追われることに。

また、エルナンドと父は「仲良くしていたキリスト教徒との戦いは避けたい」として、戦争から逃れ山に潜んでいました。

しかし、キリスト教徒に捕まり、奴隷として競売にかけられてしまいます。

二人は、アベルーニャ伯爵に競り落とされることで助けられましたが、エルナンドは「自分は奴隷になり果てた」と、マリアを突き放します。

やがてエルナンドと父は、自由を求めアフリカへ渡ることにしました。

マリアは二人を乗せた船をいつまでも見送ります。

太陽と月の大地:読書感想文の例文

「今、となりにいる人と文化が違うかもしれない」そんなことをこれまで考えたことがありませんでした。もし、明日のお昼休みにクラスメイトから「今日は断食月だから昼食を食べない」と言われたら、私はどのような言葉を返していいかわかりません。

友達が気持ちよく過ごせるように配慮したいと思いつつも、知っているいつもの日常から飛び出したでき事として、困惑してしまうと思います。

また、モーロたちのアラビア語の使用を禁止する、というシーンがありました。

夜、真っ暗な部屋で物音がすると、昼間ではなんとも思わないような小さな風の音でも、必要以上にドキドキして不安な気持ちになってしまいまいますよね?

それは「小さな風の音」が怖いのではなく、見えないことで何があるか分からない不安な気持ちが恐れへと繋がっているから。

それと同じことがグラナダで起こっていたのだと思いました。

アラビア語自体が恐怖なのではなく、何を話しているかわからないことに恐怖があったのでしょう。

そのような暗闇をなくすには、どうしたらいいのでしょうか。

唯一、私たちにできることは「相手を知る」ことだと思います。

自分が生まれ育った土地とは違う場所にあり、違う言葉を使う文化を恐れないというのは、とても難しいことです。

でも、もし少しでも知っていたならば、見方が変わってくると思います。

知識という灯りで暗闇を照らすことは、自分にしかできません。

何か知らないものに出会ったとき、少しの勇気を持って一歩踏み出してみましょう。

人から聞き、未知の世界を知ることで、それがきっかけとなり、やがて平和に繋がっていくと思いました。

次のページへ >




Sponsored Links

-読書感想文の書き方

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.