歴史人物のお話

司馬遼太郎【峠】あらすじと作品紹介:映画化前に見どころをチェック!河井継之助の生涯

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

2018年9月、司馬遼太郎作品の「峠」が「峠 最後のサムライ」として映画化されることが発表されました(主演は役所広司さん・監督は小泉堯史さんです)

主要キャストとして以下のような実力派といわれる俳優さんがたくさん起用されていますから、とても楽しみですね。

映画「峠 最後のサムライ」主要キャスト

  • 役所広司(主演)
  • 仲代達也
  • 松たか子
  • 佐々木蔵之介
  • 田中泯
  • 仲代達也
  • 香川京子

司馬遼太郎さんの作品は今までたくさんドラマ化や映画化がされてきていますが、「峠」は意外にもこれまで一度もドラマ化や映画化がされていない作品です(司馬遼太郎ファンにとっては鉄板作品なんですけどね)

この記事では映画の原作小説である「峠」について、あらすじや見どころについて紹介します。

主人公である河井継之助や、その師にあたる山田方谷の生涯についてもくわしく解説していますので、映画化をきっかけに歴史小説に興味を持ったという方もぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

司馬遼太郎「峠」あらすじと作品紹介・見どころを解説!

司馬遼太郎 峠

(主人公の河合継之助が戦った長岡城跡)

司馬遼太郎「峠」の主人公は長岡藩の藩士・河井継之助です。

彼が所属する長岡藩は幕府の側に協力しますが、河合継之助自身は「幕府は滅びる。いや、武士の時代すら終わる」と冷酷なまでに見通している人物でした。

原作小説の前半では、この河合継之助の性格的部分について掘り下げて描かれます(このあたりは司馬遼太郎作品独特のリアルさが光っています)

河合継之助は、日本人としては珍しいほど徹底的な合理主義者で、上司に対してもズケズケとモノを言う人間でした。

例えば、若い時期に彼は江戸への留学を希望していますが、自分の江戸への遊学を中々許さなかった上役などは「アホウ扱い」です。

河合継之助は、雪国という不利な環境で財政に苦しむ長岡藩の改革を遂行し、小藩ながらすさまじい軍事国家へと長岡藩を変えていきます。

Sponsored Links

主流派に対して徹底抗戦した「長岡藩=今の新潟県」の歴史

河合継之助が家老として率いた長岡藩はいまの新潟県ですが、「新潟の人」というとなんとなく「温厚で辛抱強い人たち」というイメージがありますね。

しかし、幕末の長岡藩は当時もはや勝ち組になりつつあった薩摩藩や長州藩に対して徹底的に武力で抗戦した歴史があったのです。

物語の中盤で、江戸幕府はついに倒れてしまい、攻め上がってくる官軍(薩摩藩、長州藩)に対し、長岡藩は選択を強いられます。

徹底抗戦で対抗するのか、降伏するのか――

ここで、河井継之助は、常人では発想しないことを思いつきます。

Sponsored Links

河合継之助が目指した「長岡藩の独立国家化」

強力な武装国家として長岡藩を中立国として生き残らせようとします。

そのために河井継之助は長岡藩に必要な強力な武器を導入します。そして近代的な軍隊の編成を行うのです。

長岡藩は小藩ながら河井継之助に改革により、強力な「軍事国家」になります。

しかし、この結果、幕府勢力残党ともいえる東北諸藩は、長岡藩の力を頼ります。

しかし、河井継之助には、この戦争は勝てるわけはないと分かっていたのです。

時代の流れが見えすぎる天才は、戦は無駄であると判断して、官軍と停戦交渉をします。

しかし、それは決裂――

長岡藩は強大な兵力を持った官軍と戦わなければならなくなったのです。

長岡藩と圧倒的兵力を誇る官軍との激闘が始まります。

官軍の圧倒的兵力に対し、河井継之助の率いる長岡藩は踏ん張ります。

しかし、しょせん長岡藩は小藩です。

どんなに優れた兵器があったとしても、天才・河井継之助がいたとしても、その兵力が少ないのではどうしようもなかったのです。

そして、長岡藩は官軍に城を落とされます。その後、河井継之助は機略で城を奪還しますが――

河井継之助はその戦闘で傷つき、死んでしまうのです。

精神的支柱ともいえる河井継之助を喪った長岡藩は、これ以上の戦いをあきらめ会津に撤退します。

官軍を最後まで恐れさせ、苦しめた男の物語は終わります。

司馬遼太郎が「峠」で描きたかった時代と人物

次のページへ >




Sponsored Links

-歴史人物のお話

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.