Sponsored Links

会社・職場のマナー

歓迎会での挨拶の順番は上司からだと失礼?主賓の新人や役職はいつ?

新入社員や異動してくる社員の歓迎会で、幹事を任された!

…そういえば、歓迎会の時の挨拶の順番ってどうしたらいいんだっけ…。

絶対に失礼があってはいけないのが「歓迎会での挨拶の順番」です。

上司に失礼のないように進めながらも、異動してきた方や新人がフッと和めるような歓迎会ができると良いですよね!

以下、幹事が知っておきたい歓迎会でのマナーについてわかりやすく説明させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

歓迎会の挨拶の順番は?

歓迎会の挨拶の順番

歓迎会の挨拶の順番は、大まかな流れでいうと以下のようになります。

 

 歓迎会の挨拶の順番
  1. 開催の挨拶(幹事)
  2. 最初の挨拶(職場で1番偉い人)
  3. 乾杯(3番目に偉い人)
  4. 歓談(30分~1時間位)
  5. 新人の挨拶
  6. 新任者の挨拶
  7. 花束の贈呈
  8. 締めの挨拶(職場で2番目の人)
  9. 終了の挨拶(幹事)

 

幹事は司会者になりますので、開催と終了の挨拶を行います。

その上で、

 

  • 1番役職が上の人=最初の挨拶
  • 2番目に役職が上の人=最後の挨拶

 

という形になります(3番目に偉い人は乾杯の音頭を取ります)

1番役職の上の人に最初の挨拶をしてもらったので、2番目の人に乾杯を…となると間違いですので注意が必要です。

[ad#co-1]

歓送迎会の場合は?

職場に新しく入ってくる人の歓迎会と、異動や退職などで別れていく人の送別会を一緒にやるケース(歓送迎会と呼びます)もあるでしょう。

この場合、新任者と退職者の挨拶の順番が問題となりますが、結論から言うと「新任者が先」が正解です。

たとえ退職者の方が役職が上だとしても、歓迎の新任者が先で、退職者が後という順番になります。

同じ新任者、退職者で序列がある場合は?

「新任者が複数人いる、退職者が複数人いる」という場合は、役職が上の人から順番に挨拶をしていきます。

ここまでをまとめると、例えば以下のような順番で挨拶をしていくことになります。

 

新任者と退職者の挨拶順番(例)

  1. 新任者(10年目の異動社員)
  2. 新任者(3年目の異動社員)
  3. 新任者(1年目の新入社員)
  4. 退職者(勤続20年目)
  5. 退職者(勤続5年目)
  6. 退職者(勤続2年目)

 

一見ややこしいですが、

 

  • 新任者と退職者では新任者が先
  • 同じ身分の人なら、勤続年数が長い人が先

 

という2つのルールを守っておけば間違うことはまずありませんね。

また、新任者に花束を渡した後、退出者への記念品贈呈となります。

[ad#co-1]

上司の順番には要注意!

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-会社・職場のマナー

© 2020 トレンドジャンプ!