Sponsored Links

歴史人物のお話

信長と家康の関係は兄弟なみの仲良し同盟?本能寺での暗殺の真相は?

なぜ、光秀は信長を討たねばならなったのか、中国攻めに大軍を預けられるほどに信長は光秀を信じていました。

信長は光秀の反乱を聞くと「是非もなし(しょうがない)」と言ったといいます。

これも伝承の域に近いですが、今まで散々部下に裏切られてきた信長とすれば「しょうがない」とぼやきの言葉を上げたくなるもの分かる気がします。

最期まで人を信じすぎる信長は光秀の裏切りも想定していなかったのです。

家康黒幕説があるって本当?

本能寺の変の原因、その背景には数えきれないほどの説があります。

中には改暦に端を発する朝廷・足利将軍家の黒幕説もあります。

これはつい最近史料が見つかりほぼ容疑は晴れています。

そして、信長の忠実な同盟相手であった、家康も本能寺の変の黒幕にもなっています。

天下を統一し、敵のいなくなった信長にとって最大の敵になるのは家康であると信長は考えます。

そして、信長の先手を打って逆に家康の方が暗殺を企てたというのが、大河ドラマでも採用された、「家康黒幕説」の主張です。

ただ、この説にはいろいろな穴があります。

[ad#co-1]

本能寺の変のとき家康はなにをしていたの

本能寺の変が起きた時、家康も同じ畿内にいました。

家康は大きくとり乱し、家臣に自刃の決意すら漏らしています。

この家康の対応も、信長との関係がただの軍事同盟ではなく、家康が信長に心酔していた部分があるのではないかと推測できます。

これを演技であったという「説明」をすれば、黒幕説へ結びつけることもできます。

でも、どうでしょうか?

そして、家康は、本多忠勝を中心とする家臣に説得され、畿内を脱出し本拠地である三河に帰ることに成功します。

この家康脱出劇は「神君伊賀越え」という名で歴史に名を残しています。

その場には徳川四天王と呼ばれる家康を支える重臣もそろっており、ここを光秀に強襲されたら、日本の歴史は大きく変わっていたかもしれません。

[ad#co-1]

本能寺の変の真相と徳川家康の関係は

家康は本能寺の変では巻き込まれた被害者である可能性が濃厚です。

ドラマで採用された家康黒幕説は、根拠に薄い物と言えます。

家康黒幕説の根拠は、信長が家康を脅威と見ていたという点から始まります。

優秀な番犬は、獲物がいなくなれば食べられてしまうということですね。

しかし、本能寺の変が起きた時点で信長は家康の暗殺を考える状況にあったでしょうか。

関東では北条氏が相当な力を持っていました。

北陸では謙信が世を去っても、まだまだ強い力を持っていた上杉氏がいました。

そして、中国の毛利は今戦争中なのです。

その援軍のため光秀は出征したのですから。

更にその先の九州では獰猛な戦闘集団である島津氏が暴れている最中だったのです。

こう見ると、本能寺の変の時点で、信長には裏切らない同盟相手である家康を暗殺するメリットがありません。

よって、この説は「こういう説明もできます」という域を出ていない物だと思います。

まとめ

信長と家康の関係は、あまり注目されることがないものです。

直後に天下を取る豊臣秀吉があまりに目立ちすぎて、ふたりの関係は、信長と秀吉に関係の陰になってしまっているようです。

しかし、信長と家康の同盟関係がもしなかったら、その後の戦国時代の結末は大きく変わったでしょうし、日本史そのものが大きく変わったでしょう。

部下に甘すぎる天才武将・信長と、天才に心酔していた律義者・家康の性格もこの同盟が強い絆であった一因ではなかったかと思います。

[ad#co-1]

Sponsored Links



Sponsored Links

-歴史人物のお話

© 2020 トレンドジャンプ!