歴史人物のお話

信長と家康の関係は兄弟なみの仲良し同盟?本能寺での暗殺の真相は?

投稿日:

Sponsored Links

※このページは 4 分で読めます。

信長と家康というと、「仲良し」というイメージがある方も多いと思います。

実際、信長と家康は数十年以上にわたって同盟関係にありました。

部下にすら裏切られることが当たり前の戦国時代にあって、異例の長さで続いた同盟関係ですから、性格的な面でも仲が良かったのかな?という風に考えている方もおられるかもしれませんね(その同盟は信長が本能寺で斃れるまで続きました)

しかし、信長が本能寺で討たれたことに関しては「実は家康が黒幕」という説があることはご存知でしょうか。

今回は織田信長と徳川家康のふたりの関係について考察してみましょう。

Sponsored Links

織田信長と徳川家康の同盟関係は?

信長と家康

(徳川家康の像)

信長と家康とは同盟関係にありましたが、実は2人の間にはさまざまなわだかまりがありました。

家康の長男である「信康」についてご存知でしょうか?

実はこの信康は、信長の命令によって殺されているのです(実際に手を下したのは家康自身。そのことを家康は後々まで悔いていたといわれています)

信長(現在の岐阜県)からみて、東方向には家康の勢力地(愛知県)、そのさらに東には当時最強の大名といわれていた武田信玄(山梨県)がいました。

この武田信玄と、家康の長男である信康が内通しているといううわさがあり、それを疑った信長は信康を殺すよう家康に命令しています。

実際には、当時「豪傑」という評判があった信康の才能を、信長が恐れたこと(将来的に自分の子供たちを脅かすのでは…と考えた)が原因といわれています。

息子を殺されても家康が信長と同盟をつづけた理由は?

自分の息子(しかも大切な長男)を殺すよう命令されたら、普通は相手にうらみを持つでしょう。

しかし、家康は信長に対してはあくまでも同盟関係をつらぬきます。

織田信長と徳川家康は最初は「同格の同盟」を結んだとされていますが、その後、西の近畿地方に向けてどんどん勢力を伸ばしていく信長に比べて、家康はどんどん弱い立場になっていったことがうかがえます。

上で説明させていただいた「信康を殺されているのに、同盟関係を維持した」という事実からいってもどちらかというとやや従属的な関係であったと考えるのが自然です(家康が信長に従属)

その後、武田信玄が病死し、最終的に武田氏は信長の勢力が滅ぼします。

信長としては東にいる目の上のたんこぶだった武田氏がなくなったことにより、すぐ東となりの家康に気を使う必要があまりなくなってきたことが考えられます。

Sponsored Links

信長と家康の性格について

信長と家康

(織田信長の像)

また、信長と家康の同盟関係を考えるうえでは、二人の性格的な面についても理解しておく必要があります。

まずは信長の性格について。

「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」という句は、信長の性格を表すものとして現代まで伝わっていますね。

ちなみに家康は「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」です。

家康の辛抱強い性格、我慢を重ね最後に天下を手中にした性格を表していると言われます。

まったく正反対の性格であった信長と家康ですが、最終的に家康が天下をとることになったのはなぜなのでしょうか?

信長の性格は実際は違う?

実は信長は、現代に伝わるイメージと、史実から見えてくる実際の性格とがかなり違うのです。

というのも、信長は何度も「同じ部下」に裏切られています。

代表的なのは松永久秀で、二度目の裏切りのときには茶器を渡して許してもらっているのです。

「何度も同じ部下に」裏切られているということは、その部下を「何度も許している」ということでもありますよね。

要するに、信長は謀反を起こした部下を処刑していないのです。

その他にも、信長は部下、身内に裏切られまくりです。

このような史実からは「信長は実は家臣には甘い」という人物像が浮き上がってきます。

裏切っても処分が甘い。そして、あまりにも人を信じすぎるのです。

「第六大魔王」と呼ばれる信長は意外に「良い人」だったようです。

Sponsored Links

信長と家康は仲が良かったのは本当か

では、家康はどうでしょうか。家康は裏切らないのです。

確かに天下を目指すようになってからは、「肉食獣の狸」と化します。

次のページへ >




Sponsored Links

-歴史人物のお話

Copyright© トレンドジャンプ! , 2020 All Rights Reserved.