「家庭生活の悩み」の記事一覧

続柄とは何か?正しい書き方を一覧で解説!配偶者の親や連れ子はどう書く?

家庭生活の悩み
続柄

市役所などに出す書類に記入することがある「続柄(つづきがら・ぞくがら)」の記入方法に迷ったことがある方、多いのではないでしょうか。 この記事では、続柄の正しい書き方について解説します。 紹介する一覧表を見ながら、「誰を基準に書くのか?」さえしっかり理解しておけば、悩んだり迷ったりすることはなくなりますよ!

旦那が大好き!でも時々不安…という女性へ!いつまで続く?浮気されないためには?などのテクニック

家庭生活の悩み
旦那が大好き

旦那が大好き!旦那のことをいつまでも大好きでいたい!…でもふとしたときに不安になる…。 結婚した相手だからこそ不安に感じてしまうことってありますよね。 この記事では、旦那のことが好きすぎてときどき不安になってしまうという方のために、不安解消のための具体的な方法を紹介します。 自分自身がいつまで相手のことを好きでいられるのか、相手がいつまで自分のことを愛してくれるのか、浮気されないためには?などなど、夫婦生活を円満に保つための考え方について解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

風呂釜交換の費用相場は?作業内容や自分でやる場合の所要時間を解説

家庭生活の悩み
風呂釜 交換

この記事では、風呂釜の交換に必要な費用や所要時間、業者の選び方などを紹介します。 ある日突然シャワーのお湯が冷たい水しか出ないとなると困ってしまいますよね。 風呂釜の故障はいつ発生するか分かりませんが、風呂釜交換で気になるのはやはりどれぐらいの費用がかかるかです。

姪っ子とは?意味や類語・配偶者の子供である場合の呼び方の解説

家庭生活の悩み
姪っ子とは

20代後半~30代になると、兄弟に子供が産まれるという経験をする人が多いでしょう。 「でもこの子、自分から見てなんて呼んだらいいんだろう?」と疑問に思うこともひょっとしたら多いかもしれません。 今回は、姪っ子の意味や正式名称、義理の姪っ子などについてくわしく解説します。

五月人形の刀の飾り方は?紐の結び方や向き・弓の位置関係を解説!

家庭生活の悩み
五月人形の刀の飾り方

子供の日の「端午の節句」では、男の子がいる家で兜など、五月人形を飾りますよね。 皆さんはその五月人形で一緒に飾られている「刀」にどんな意味や由来があるのか考えられたたことはあるでしょうか? 今回は五月人形と一緒に刀を飾る意味や由来について解説させていただきます。

五月人形は次男にも用意すべき?兜飾りはいる?端午の節句のマナー

家庭生活の悩み
五月人形次男

長男の初節句では五月人形を買ったけど、次男の時にも買うべき? 五月人形は決して安い買い物ではないので、できればお兄ちゃんとの共有(おさがり)で済ませたい…という方もひょっとしたら多いかもしれません。 今回は、五月人形は次男にも買ってあげるべきなのか?兜飾りは必要なのか?といった疑問について解説させていただきます。

五月人形はいらない?いる?端午の節句や初節句で購入する本当の由来

家庭生活の悩み
五月人形はいらない?いる?

5月5日の節句の日は、生まれてすぐの初節句は双方の両親も招いておこなうことが多いですよね。 ただ、この時に飾る五月人形や鎧、刀といった飾りは場所を取るだけでなく、子供が成長すると興味を失ってしまうことも多いのが難点です…。 今回は、置き場所がないような場合に五月人形は買わなくてもいいものなのか?といったことについて解説させていただきます。

育休明けの挨拶はどうすれば好印象?手土産は持参するのが常識?

家庭生活の悩み

育休明け目前で「育児と仕事の両立ができるかな?」と不安を感じていらっしゃるママさんも多いと思います。 今回は、育休明けの好印象をもたれる挨拶のポイントや、用意するべき手土産(てみやげ)の種類や渡す人の範囲、渡すときにかける言葉について解説させていただきます。

育休明けですぐ退職は非常識?退職理由はどう伝えれば円満に辞められる?

家庭生活の悩み

妊娠前後の段階では「育児がひと段落したら仕事に復帰して頑張ろう。夫や親に協力してもらえばなんとかなるかも」と思っていたけれど、現実はなかなかきびしい…という状況のママさんも少なくないと思います。 今回は、育休明けの退職で会社に迷惑がかからない仕事のやめ方や、退職理由の伝え方について一緒に考えてみたいと思います。

子供と寝室を別にするのはいつから?嫌がる場合も一緒はダメ?

家庭生活の悩み

ある程度子供が大きくなると、「そろそろ子供と寝室を別にした方がいいかな?」と思うものです(夫婦生活もありますし) 今回は、子供と寝室を分ける時期はいつ頃がいいのか、子供が嫌がる場合も寝室は分けた方がいいのか?について解説させていただきます。

ページの先頭へ