「オセロー」はシェイクスピアの4大悲劇の一つとして世界中で読み継がれている作品ですね。

この記事では、シェイクスピア「オセロー」のあらすじを簡単に、わかりやすく解説します。

もっと詳しく知りたい人のために作品の見どころについても解説していますので、これからシェイクスピア作品に挑戦したい!という方はぜひ参考にしてみてくださいね(一部ネタバレを含むので注意してください)

Sponsored Links

「オセロー」のあらすじ

「オセロー」あらすじ

「オセロー」はヴェニスの軍人である主人公のオセローと、美しい娘デズデモーナによる悲恋を描いた作品です。

デズデモーナの父親の反対を押し切り結婚したオセローとデズデモーナですが、幸せの時はあっという間に終わりを迎えます。

オセローには信頼していたイアーゴーという部下がいましたが、実はイアーゴーはオセローをよく思っていなかったのです。

オセローをねたましく思っていたイアーゴーは、オセローを破滅させるためイアーゴーの副官であるキャシオーを遣い、デズデモーナの悪評を流します。

デズデモーナの不貞の噂を耳にしたオセローは、次第にデズデモーナに疑いをかけるようになります。

イアーゴーはさらにキャシオーの妻をも噂に加担させ、後戻りが出来ない程にオセローを追いつめていきます。

そしてついにオセローはデズデモーナの首を絞めて殺してしまったのです。

デズデモーナが死んだあとにキャシオーの妻から聞いた噂の真実に、オセローは自分自身を責めます。

そして、愛する妻を信じずに犯してしまった罪を悔みながら自らに手をかけるのです。

>>シェイクスピアのその他の作品

Sponsored Links

「オセロー」の登場人物

「オセロー」の主な登場人物を簡単に紹介します。

「オセロー」登場人物

  • オセロー:ムーア人であり、ヴェニスの軍人。美しいデズデモーナと結婚する
  • デズデモーナ:容姿端麗で聡明な女性。父親の反対を押し切り、オセローの妻になる
  • イアーゴー:ずる賢く卑しい本性を隠し、周りには誠実な性格を演じている
  • キャシオー:エミリアという妻がいる。優しい性格ゆえにイアーゴーに利用されてしまう

Sponsored Links

「オセロー」の見どころ(※ネタバレあり注意)

オセローを読むときにおさえておきたい見どころについて、簡単にわかりやすく解説します(※一部ネタバレを含みます)

うわさをうのみにしたオセローの末路

妻よりも噂を信じたオセローは妻を殺した後に真実を知ることとなり、悲観したオセローは自らも命を絶ちます。

デズデモーナを殺したあと、キャシオーの妻エミリアがやってきて、デズデモーナの噂をながしたのは夫のイアーゴーであると告白します。

真実を知ったオセローはイアーゴーの噂に踊らされていたこと、そして愛するデズデモーナを殺してしまったことを嘆き、自らも命を断つのです。

オセローにとって、誰よりも信じるべきだったのは愛する妻のデズデモーナだったはずです。

オセローは妻を信じず、副官が流した根拠のない噂を鵜呑みにしたばかりに、悲劇を迎えることになってしまったのです。

Sponsored Links

イアーゴーの末路

キャシオーの存在は「世の中口がうまいだけでは生き残れない」とシェイクスピアが訴えています。

イアーゴーは持ち前の話術でさまざまな人物を噂にまきこんでゆき成功したかに見えましたが、後にキャシオーに刺されてしまいます。

イアーゴーはさまざまな人を巻きこんでおきながら、その存在が邪魔だとなると自分の手を汚さずに葬ることも企てる劣悪な人物です。

成功者を妬む自分の嫉妬心を止めることが出来ず、しかも自分は噂を流すだけで、周りの人間を決定的な行動に動かそうとする悪人、最後はやはり痛い目にあっていましたね。

Sponsored Links

独り歩きをするうわさの恐ろしさ

「オセロー」はイアーゴーの計算による行動や噂が招いた悲劇の物語ですが、噂のおそろしさは現代に通じる部分があります。

実際にみていないものや本人から言われてもいないことなのに、第三者にそれらしく言われてしまうとなんとなく信じてしまった経験は誰にでもあるはずです。

「オセロー」も最初からイアーゴーの話に耳を傾けず、愛するデズデモーナを信じていれば悲劇はおとずれなかったのです。

もしくは自分が見ていないものや根拠のないものについて、噂を信用しなければ良かったのです。

シェイクスピアは昔の物語だから…と思っていても、意外と私生活に通ずる部分がありますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は「オセロー」についてあらすじを簡単に解説しました。

昔々の物語とはいえ、自分の中でどきっとしてしまう場面がいくつか出てきます。

難しいと避けられがちなシェイクスピアですが、「オセロー」をきっかけに他の作品を読んでみると、きっとおもしろさにはまってしまいますよ!

Sponsored Links