Pocket

仕事や勉強など、やりたいことややらないといけないことがあってもなかなか手がつけられないということがありますよね。

やらなけばならないことを先延ばしにせずすぐやることができれば、仕事でも勉強でもより多くの成果が出せるようになります。

今回は、すぐやる人とやらない人の違いや、すぐやる人になる方法を紹介します。

Sponsored Links

すぐやる人とやらない人の違いは?

すぐやる

すぐやる人の特徴として、「とりあえずちょっとだけでもやってみる」ということがあります。

普通は何をやるにしても、やり始めるまでが一番エネルギーを使いますよね。

仕事でも勉強でも家事でもそうですが、やり始めるまでは抵抗を感じるかもしれませんが、一度やり始めると意外とスムーズに進んでいくものです。

色々理由をつけて先延ばしにするのではなく、ちょっとでよいからすぐに手をつけるというのがすぐやる人の特徴です。

Sponsored Links

すぐやらない人の習慣と問題点

すぐやる

すぐやらない人の特徴は、何事も準備ができてから出ないと動けないとういことがあります。

細かく計画を立てて最後までできる見通しができてからはじめてやり始めるということになると、準備が完全にできていないうちはどうしても先延ばしになってしまいます。

また、すぐやらない人は失敗を恐れているという傾向もあります。

仕事でアイデアが浮かんでも、失敗する可能性の方を考えてしまい、すぐに実行できないということになってしまいます。

うまくいくかどうかはやり始めてから判断するということも可能ですが、それでは手を付けた分だけ時間が無駄になってしまうという考えもあるかもしれません。

完璧主義の人は成功するのがわかっていて、準備が全部できてから出ないとやり始めることができないということになりますので、すぐやらない人になってしまいます。

Sponsored Links

すぐやる人になるには?今日からすぐできる改善方法を紹介

すぐやる

それでは、やることがあってもなかなか動き出すことができない…という人が、すぐやる人に変わるにはどうすればよいのでしょうか。

今日からすぐできる改善方法を紹介します。

①「5分だけ」など、時間を決めて少しだけやってみる

すぐやる人になる方法としておすすめなのが、「ちょっとだけやってみる」という手の付け方です。

一度で全部完成させなくてはいけないというものでないならば、とにかくやり始めてみれば後は簡単に進めることができるものです。

たとえば、自分の部屋の掃除など家事がたまっているなら、一度に全部やらなくてもよいので5分だけやってみるというのがおすすめです。

一度やり始めれば5分と言わず、やろうと思えば10分、20分と続けることができるはずです。

5分が難しければ3分だけということでもよいので、まず着手してみるというのが有効な方法となります。

Sponsored Links

②失敗を恐れずチャレンジする

すぐやる

すぐやらない人のなかには失敗を恐れて着手できないということもあります。

もちろん失敗が許されない仕事というものもありますので、その場合は準備を完璧にすべきですが、少々の失敗は許されるなら恐れずにチャレンジすることが大切です。

③だれかと一緒にやってみる

仕事でも勉強でも、自分ひとりだけでやると自分の気分でやるか、やらないかを決めてしまいがちになります。

この点、一緒に行動する人=良い意味でのライバル関係になってくれる人がいれば、行動を改善するのに役立ってくれるでしょう。

また、成果が出たときにまわりに褒めてくれる人がいれば、少しぐらい気分が乗らない状況でも、乗り切ることができるようになるはずです。

一流のプロスポーツ選手などは、ほとんどすべての人がプロのトレーナーを雇ってトレーニングのペースを作ってもらっています。

一流選手のように精神が強い人でも独りぼっちではなかなか行動できないものなのですから、私たちが1人で行動して結果を出すというのはなかなかハードルが高いでしょう。

ぜひまわりの人で同じ目標に向かって行動できる人を探してみてください。

Sponsored Links

まとめ

すぐやる

今回は、すぐやる人の特徴や、すぐやる人と同じ習慣を身につけるための方法について紹介しました。

なかなか行動に移すことができないという方も、「生まれ持った性格だから…」とあきらめないでください。

習慣を改善することで、すぐやる人になることは可能です。

とりあえず簡単なことから手を付けることを心がけるのがおすすめですので、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

Sponsored Links

関連記事と広告