まだ開業して間もない個人事業主の方の場合、会計や経理についてまだ何もやっていない…という方は少なくないでしょう。

まだあんまりもうかっていないのに帳簿ばかりちゃんとつけても…。

ちゃんと利益が出るようになってきたら、経理スタッフをアルバイトで雇って任せようと思ってる

こんな風に考えてらっしゃる経営者の方も、ひょっとしたら多いかもしれません。

Sponsored Links

しかし、開業間もない個人事業主といっても、会計や経理についてまったくノータッチの状態が続くと、次のようなデメリットが生じてしまう可能性があるので注意が必要です。

個人事業主 経理

個人事業主が経理をしていない場合に受ける可能性があるデメリット

  • ①事業の正確な状態がわからない
  • ②税務調査がくる可能性がある
  • ③銀行からの信頼性が下がり、融資が通らない可能性がある

①の事業状態の把握については「資金繰りは自分の頭に入っているから大丈夫」という方もいらっしゃるかもしれませんが、売上が今の2倍・3倍…となってきたときには実質的に処理が不可能になってしまう可能性が大でしょう。

また、②の税務調査に関して「うちは小さな個人商店(自営業)だから、税務調査なんて…」と考えてしまうのは非常に危険です。

税務調査というのは事業規模の大小にかかわらず定期的にやってきますから、開業1年目からきちんと対策をしておく必要があるというのが実際のところです。

さらに、③の融資については、銀行の融資担当係は過去の情報にまでさかのぼって調査を行いますから、開業間もないころの帳簿がいいかげんな状態になっていると、将来、融資がどうして必要!となったときに、経理をやっていなかったことが思わぬ落とし穴になってしまう可能性があります。

Sponsored Links

経理の必要性はわかっているけど時間もヒマもない…どうしたらいい?

もちろん、ここまでの情報については経営者の方であればいろんなところで聞く話でしょうから、「そりゃわかってはいるんだけど…」という感じですよね。

経理スタッフを雇うにはお金が必要だし、会計事務所(税理士)と顧問契約を結ぶほどでもない…という方も多いでしょう。

もしかしたら「エクセルで表を作ってなんとかやっている」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、エクセルは普段の入力作業はなんとかなっても、確定申告のときには計算入力が非常に大変です(手書きでやらざるを得ないです)

また、将来的に事業を法人化をして会計ソフトに導入するときになって、過去のデータがエクセルだとデータ移行にものすごく苦労する可能性があります。

それでは具体的にどうしたらいいのか?ですが、もっとも低コストで労力も少ない解決策としては、無料で使える会計ソフトを活用するのがおすすめです。

↓具体的には、こちらの会計ソフトがもっとも有名で使い勝手も良いでしょう。


>>無料で使える会計ソフト「freee(フリー)」

テレビCM(↓)などでも宣伝されていますから、すでに知っている方も多いかもしれませんね。

以下ではこの無料会計ソフトの具体的な導入方法や導入するメリットについて解説します。

Sponsored Links

クラウド会計ソフトは無料で使える

個人事業主 経理

今までの会計ソフトは、パソコンのウイルス対策とソフトなんかと同じように、1本何万円もするパッケージソフト(弥生会計や勘定奉行などのソフトが有名ですね)を買ってこなくてはなりませんでした。

一方で、2018年現在の主流(というかほぼすべてがこれです)は上で紹介したような「クラウド会計ソフト」です。

「クラウド」と聞くと「なんとなく聞いたことはあるんだけど今いち意味がよくわからない…」という方も多いかもしれませんね。

クラウド会計というのは、ごく簡単にいえば「インターネット経由で使えるソフト」のことで、価格もパッケージソフトのように「まとめて1回払う」という形ではなく、「月額料」という形で支払うことになります。

しかも、多くのクラウド会計ソフトは基本的な機能は無料で使える場合がほとんどなんですよ(もっと細かい損益のデータを作成したいような場合には有料になりますが、個人事業主の方の場合はほとんど必要ない機能であることが多いです)

※↓無料会計ソフトのfreeeを実際に使っている様子はこんな感じです。

メールアドレスの無料登録だけなので「とりあえず…」でも試せる

個人事業主 経理

上で紹介したクラウド会計ソフトも、確定申告をするまでの作業はすべて完全無料でできますから、コストをかけずに最低限の会計処理ができる状態にしたい方はぴったりだと思いますよ。

クラウド会計ソフトはメールアドレス(gメールやヤフーメールなどの無料アドレスでもOK)を登録するだけですぐに使い始めることができます。

↓無料で使えますので、「まずはちょっと触ってみる(だめならやめてもOKだし)」というところから始めてみたい方にもおすすめですよ。

>>会計ソフトfreee(フリー)を無料で試してみる