Pocket

最近はグルメ漫画が1つのブームにもなっていますね!

人気のグルメ漫画がドラマ化されるケースも非常に多くなっています。

この記事ではマンガ好きのライターが、グルメ漫画というジャンルに絞っておすすめを紹介していきます。

話題の最新作やスマホで無料試し読みができる作品もあるので、参考にしてみてくださいね!

グルメ漫画【定番3本】漫画好きライターおすすめ

グルメ漫画 おすすめ

まずはグルメ漫画の定番作品を3本紹介します!

2chなどでも定期的に話題になっているので、だんだん定番化してきたといってもいい作品が多いんですよね。

その中でも定番だけど奥が深い!思わずゴクリと喉が鳴る作品を見ていきましょう。

Sponsored Links

「孤独のグルメ」

「孤独のグルメ」は単行本全2巻、原作:久住昌之、作画:谷口ジローによって月刊PANJAとSPA!で連載されていた作品です。

現在は作画の谷口ジロー氏が逝去され、原作の久住氏は「3巻が出ることはありません」と公言しています。

連載は終了していますが、松重豊主演でドラマ化していて2018年までにSeason7が放送され今も愛されている作品です。

ドラマがかなり話題にもなったので、原作を後から知ったという人も多いのではないでしょうか。

今回は原作の漫画を中心に紹介していきますが、この「孤独のグルメ」の特徴は何といっても中年男性がひたすら独りで食事を楽しむといった描写にあります。

ストーリーや作品について

グルメ漫画によくみられる、料理の批評やレシピの紹介などはほとんどなく「腹が減ったから美味しいものを食べる」という主人公のありのままの食事風景がほとんど。

この主人公というのがどこにでもいる独身中年男性といった雰囲気ではあるのですが、食事に対する姿勢は独自の信念に基づいています。

黙々と独りで食べている風景ですが、主人公の頭の中での独り言も独特で面白いんです。

「早くご飯来ないかなあ。焼き肉といったら白い飯だろうが」などとクスッと笑ってしまうようなものもたくさんありますよ~。

夜遅くにこの作品を読むのおすすめしません。

きっとあなたも飯テロにあってしまいますよ…(笑)

Sponsored Links

「食戟のソーマ」

「食戟のソーマ」は漫画の王道週刊少年ジャンプで2012年から今も連載している人気漫画です。

原作者は附田祐斗、作画は佐伯俊で二人とも「食戟のソーマ」が代表作となっています。

単行本は1巻から30巻まで出ており、アニメ化などもされてきました。

ジャンプ作品がアニメ化されるというルートは人気漫画として認められたようなもの。

その後、ゲーム化やアニメの2期3期が放送されるなど、ジャンプの看板を背負って立つ存在となりました。

ストーリーや作品について

ストーリーはジャンプらしい王道物で、名門の料理学校を舞台に下町の料理屋の息子の主人公がのし上がっていくというサクセスストーリーとなっています。

主人公を取り巻く美少女たちが、絶品料理を食べたときの反応がなぜかエロ全開!!

そんな突拍子もないお色気要素が話題となり、人気に火が付きました。

グルメ漫画ならではの食材や料理の作画が細かく描かれており、繊細なタッチの絵に思わず生唾を飲んでしまうほどです。

ジャンプならではの「勇気・友情・勝利」も楽しめるので、どんな世代にもおすすめできる作品ですね。

Sponsored Links

「侠飯(おとこめし)」

こちら「侠飯」ですが、原作は小説です。

薩美佑によって漫画化され、2016年から週刊ヤングマガジンで連載中となっています。

現在、単行本は6巻まで出版されており、生瀬勝久主演でドラマ化されるなど何かと話題となっていますよね。

グルメ漫画としては衝撃的な「ヤクザ×料理」という組み合わせとなっており、ストーリー展開も楽しめる作品です。

ストーリーや作品について

主人公はヤクザの組長である柳刃という男。この組長、左頬に大きな傷があるが、キレイ好きで料理上手というんだから、驚きなんです。

普段は恐い顔をして無口な組長ですが、料理のこととなると、途端に色々なことを語りだします。

しかもその料理の腕が天下一品。冷蔵庫のあまりもので、上等な料理を作り出します。

侠飯(おとこめし)と言うだけあって、少々ズボラさんでも作れるような実践的な料理を披露しているので、再現レシピなども多数あるんです。

特に夜食にしたいような料理は多く、夜中の腹をグーグー言わせてくれますよ~。

料理だけでなくレシピも気になる人はぜひチェックしてください!

Sponsored Links

グルメ漫画【2018年最新2本】日常系グルメ漫画のおすすめ

グルメ漫画 おすすめ

ここからは2018年最新のグルメ漫画を紹介します。

グルメ漫画はすでに1つのジャンルとして確立されている感がありますが、2018年もどんどん新しい作品が出てきていますよ!

最近読んだグルメ漫画の中で、特に印象に残ったものを紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね。

Sponsored Links

女性にもおすすめ「ワカコ酒」

「ワカコ酒は」新久千映によって月刊コミックゼノンで連載されている作品です。

他にもWEB漫画で配信されるなど、今大人気の作品となっています。

その人気っぷりは、ドラマ化され、アニメ化され、さらには韓国でもドラマ化されるなどとどまることを知りません。

この「ワカコ酒」は何といっても絵がゆる~い感じで、グルメ漫画によくあるガツガツした感じは全くなく、女性でも読みやすい作品です。

ストーリーや作品について

「ワカコ酒」の主人公ワカコは26歳のOLで、お酒が大好きなおひとり様女子です。

交際相手もいるのですが、お酒を呑む時の趣向が合わず、ワカコは呑むペースを崩されるのを嫌うので一緒に呑むということはほとんどありません。

1人で気ままにお酒を呑んでおいしい肴を食べるというのが大好きなので、初めてのお店でも余裕で入っていくのがなんだかうらやましくも感じます。

お酒と肴がマッチした至福の瞬間、ワカコの口から「ぷしゅー」という声が漏れるんですが、これまたうらやましいくらい幸せそうなんです。

どこにでもいるOLが、お酒と肴で毎日の疲れを癒す日常を描いた本作品は、現代の女性におすすめの漫画でもあります。

Sponsored Links

マツコの知らない世界でも紹介!「昨日何食べた?」

「昨日何食べた?」はよしながふみがモーニングで月1のペースで連載している作品です。

最新の漫画として紹介するのは似合わないほど、かなり前から連載されています。

ですが最近マツコの知らない世界やあさイチでも紹介されている話題作なんですよ。

マツコの知らない世界では「レシピ本として使えるおすすめマンガ第1位」として紹介されるほど、作品中には細かい料理シーンがあります。

料理しているシーンがかなりのページを占めており、その中で調理する際のポイントやアドバイスもしっかり描かれているためレシピ本として使える漫画と言われています。

Sponsored Links

ストーリーや作品について

「昨日何食べた?」は同性愛カップルの日常を描く作品です。

男2人で暮らすアパートでの食生活を中心に描かれており、弁護士の史朗と美容師の賢二の毎日を一話読み切りで進んで行きます。

この作品は漫画の中の時間がリアルタイムと同じく設定されています。

2007年の連載当時の主人公の年齢は43歳と41歳でしたが、2018年の14巻では二人とも50歳を超えリアルな背景も描かれているのも面白いところです。

同性愛ならではの悩みや、どのカップルにもある葛藤なども描かれており物語を語る上では欠かせません。

ですが、権利や理解を求めるといった社会的な描写はほとんどなく、自分たちの身の回りの変化や理解とどう向き合うかを日々考えているような雰囲気です。

今を悩める人たちに、どことなく料理で救いの手を差し伸べてくれる、そんな優しくも深い作品。

せひ色んな人の心に響いてほしい作品です。

Sponsored Links

まとめ

グルメ漫画 おすすめ

今回は漫画好きのライターがグルメ漫画に絞って紹介してきました。

漫画をあまり読まないという人も、「食」に関わるものなのできっと夢中になれちゃいますよ。

友達におすすめ漫画を聞かれた、なんて時はこの5本から選べば間違いないですよ~!

ぜひ、あなたの漫画ライフの参考にしてくださいね。

Sponsored Links

関連記事と広告