メールやLINEで遠方の人とも連絡を取りやすくなった現代ですが、「気持ちを伝えるにはやっぱり手紙じゃないと」という方も少なくないでしょう。

手紙は書き出しや結びの言葉にその人の品性があらわれるとよくいわれますから、基本的なルールを理解しておくことが大切です。

ここでは、10月に書く手紙にぴったりの結びの言葉や挨拶を例文で紹介します。

季節感を感じさせながらも相手のことをいたわる文章を選んでみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

10月の手紙:結びの言葉の選び方は?

10月 手紙 結び

手紙の結びの挨拶は、次の3つを順番に含める書き方が良いでしょう。

手紙の結びの言葉の書き方

  • ①季節感を感じさせる文章
  • ②相手の体調などを気づかう文章
  • ③相手の成功や発展を願う文章

10月は日本ではもっとも気候が過ごしやすい季節で、紅葉や旬の食べ物など、季節感を感じさせる話題がたくさんありますね。

一方で、季節の変わり目でもありますから、風邪などをひかないように相手の体調を気づかう文章があると印象が良いでしょう。

10月の季節特有の体調管理の話題としては、乾燥・季節の変わり目の風邪・寒さと関節痛・食べ過ぎなども話題として取り入れやすいです。

次で紹介する例文を参考に、手紙を送る相手のことをイメージしながら結びの言葉を選んでみてくださいね。

Sponsored Links

ビジネス向け:10月の手紙の結びの言葉

10月 手紙 結び

10月に出すビジネス向けの結びの挨拶では、秋の季節感を感じさせつつ、相手の活躍を願う文を組み込むと印象が良いです。

下記のような例文を参考にしてみてください。

ビジネス向け:手紙の結びの言葉(10月)

  • 秋たけなわの好季節、ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
  • 秋冷が加わります故、何卒ご自愛ください。
  • 秋の長雨が続いております。どうか風邪を召されませぬよう、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
  • 天高く馬肥ゆるの候、ご自愛専一に、益々ご活躍ください。
  • 清秋の季節、社業の更なるご発展を心よりお祈り致しております。
  • 社業のますますのご発展を、心よりお祈り申し上げます。
  • ΟΟ様の一層のご活躍をお祈り申し上げます。
  • これからの季節、朝夕寒くなりますので、くれぐれもお身体にお気をつけ下さい。
  • これからの季節、冷え込みが一層厳しくなります故、何卒ご自愛ください。
  • 秋が深まり、寒さが一段と険しくなる季節ですが、くれぐれもお風邪など召しませんよう、お気をつけ下さい。
  • これからも、お元気にご活躍されますことを心よりお祈りいたします。
  • 末筆ながら、皆様のご健康と更なるご発展をお心よりお祈り申し上げます。
  • 澄み切った秋空のように、皆様のお心が晴れやかでありますよう、お祈り申し上げます。
  • 朝夕冷え込みますので、体調を崩されることないよう、どうかご自愛ください。
  • ご家族のご健康をお祈りいたしております。
  • 末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
  • 乱筆乱文にて、お目汚し失礼致します。
  • 多忙中とは存じておりましたが、○○をお伝えしたく、筆を取らせて頂きました。
  • 何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらず、どうかご自愛ください。

Sponsored Links

親しい人向け:10月の手紙の結びの言葉

10月 手紙 結び

親しい人向けの手紙では、読み手を想像しながら結びを書くのがポイントです。

相手との関係性を感じさせる具体的なエピソードや、情景を描写する表現があるとより良いでしょう。

読み手が傷つかない内容なら、多少ひねりを効かせても面白いかもしれませんね。

相手の体調を心配する表現の結びの挨拶(10月)

  • 朝晩は冷え込むようになりました。お体には十分お気をつけ下さいませ。
  • 日増しに肌寒くなっていく時期です。お風邪など召しませんように。
  • 秋の夜中とは言え睡眠を十分にお取りになって、ご壮健にお過ごしください。
  • 秋も深まり、朝方はめっきり冷え込みますね。風邪などひかれませんよう、お身体には十分お気をつけ下さい。
  • 秋冷際立つ季節となりましたね。どうかお体にはお気をつけ下さい。
  • 気候不順が続きます故、お体に気をつけてご壮健にお過ごしください。
  • お互い健康にはよく配慮して、思う存分に秋を楽しみましょう。
  • 味覚の秋と言えども、身体が資本。お互い体重管理と健康管理を怠らないよう、気をつけましょう。
  • 紅葉に彩られる好季節を、どうかお健やかにお過ごし下さいますように。
趣味のつながりがある人への手紙で使える結びの挨拶(10月)

  • ご趣味の美術館鑑賞にぴったりの季節ですね。秋を存分にお楽しみください。
  • 秋は趣味が捗る季節と申します故、読書にスポーツに、実り多い秋をお過ごし下されば幸いです。

Sponsored Links

自然が好きな人への手紙で使える結びの挨拶(10月)

  • 紅葉の季節を大いに楽しみましょう。
  • 〇〇山の紅葉は来週あたりが見頃のようです。ご多忙とは存じますが、お時間があるときにぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
  • 実りの秋を満喫して、どうぞお元気にお過ごしください。
  • 山の紅葉はそろそろ見頃のようです。もしよろしければ、来週末でもご一緒しませんか。
  • まもなく〇〇山の紅葉も盛りを迎えます。ご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

お酒好きな人への手紙で使える結びの挨拶(10月)

  • 熱燗の恋しい季節となり、今はしみじみと酒を飲んで語り合いたい気分です。ご都合お知らせ下さい。
  • 熱燗が美味しい季節になりました。お互い飲み過ぎに気をつけつつ、晩酌を楽しみましょう。

その他の結びの挨拶(10月)

  • 味覚の秋、食べ過ぎて太ってしまうのが怖いです。スリムな〇〇さんが羨ましいです。
  • 美しい紅葉に彩られての、晴れの門出を心よりお祝い申し上げます。末永くお幸せに。
  • たわわな秋の実りのような、円満なご家庭を築かれますことを祈念いたしております。

Sponsored Links

まとめ

この記事では10月に手紙を送る時、ふと使いたくなる結びの挨拶をご紹介しました。

結びの挨拶は、あなたの気遣いを美しく締めくくるリボンなのです。

書き手の真心が伝わる結びは、手紙をより良いものにしてくれるでしょう。

Sponsored Links