Pocket

バロック音楽の名作ともいわれる、「アルビノーニのアダージョ」。

しかし、実はアルビノーニの作曲ではなかったとも言われています。

アルビノーニの名前が入っているのに、なぜなのでしょうか。

その理由を見ていきましょう。

Sponsored Links

「アルビノーニのアダージョ」作品解説

アルビノーニのアダージョ

たくさんのテレビ番組や映画に使われてきた名曲、「アルビノーニのアダージョ」。

この作品が生まれ、名曲となった経緯を解説します。

バロック音楽の名曲として大流行!

アルビノーニのアダージョの発表時、世の中はバロック音楽が大ブームとなっていました。

当時、バロック音楽の名手でありながら、忘れらていた巨匠アルビノーニ。

そんなアルビノーニの隠れた名作が発表されたとあり、大きな話題になりました。

さまざまな演奏家たちが次々とこの曲を録音し、音源をつくりました。

Sponsored Links

アルビノーニの死後に発見!

実はこの曲、当時に作曲家とされていたアルビノーニの死後に発表されました。

アルビノーニを研究していた、音楽学者レーモ・ジャゾットが発見したのです。

ジャゾットがこの曲を発見したのは、ドイツのドレスデンの図書館。

第二次世界大戦の被害にあったこの図書館で、アルビノーニの自筆譜の断片を
見つけました。

そして、それをもとに「アルビノーニのアダージョ」を作り上げたということです。

発表後、大人気に!

発表時に有名な音楽家が次々と演奏したこの曲。

かの有名な、カラヤンも1969年に録音しました。

映画やテレビでもよく使われました。

特に文豪カフカの傑作「審判」の映画化でも使われ、人々に大きな印象を与えました。

Sponsored Links

「アルビノーニのアダージョ」の本当の作曲者は?

実はこの名曲、アルビノーニがつくった曲ではないのでは、という説があります。

こんなにも有名な曲なのに、どうしてそんな疑惑が持たれたのでしょう。

詳しくみていきます。

アルビノーニが作曲した証拠は?

証拠は実はありません。

なんと、発見者のジャゾットは、発見した譜面をどこにも公開していません。

証拠を出そうともしないので、専門家からは非難されました。

専門家は、ジャゾットが譜面を見つけた図書館もくまなく調べました。

しかし、そこにもジャゾットの発見を証明する記録はなかったのです。

Sponsored Links

ジャゾットの秘書の証言

ジャゾットへの疑いの目が晴れないまま、月日はすぎます。

そして、2007年のこと。

ジャゾットの秘書の女性が、資料を公開しました。

それは、ジャゾットがアルビノーニの自筆譜の断片を書き留めたメモでした。

自筆譜そのものではありませんでした。

Sponsored Links

ジャゾットの晩年の言葉

ジャゾットは死を迎える何年か前に、こんなふうに言っています。

「わたしは、世の中から忘れられつつあるアルビノーニを助けたかった。アルビノーニの作った音楽を聞けば、世の中の関心も高まるだろう。

そう思って、この曲を作った。

それは、自分自身の純粋な楽しみでもあった。」

作曲家が誰なのかは、この発言からは正確には読み取れません。

しかし、ジャゾットのアルビノーニへの想いがよくわかる言葉ですね。

Sponsored Links

まとめ

「アルビノーニのアダージョ」は、アルビノーニの作曲ではない可能性があることがわかりました。

しかし、多くの人の記憶に残る名曲であることに変わりはありません。

ジャゾットの想いを受け止めて、アルビノーニの残した、さまざまな音楽を聞いてみたいですね。

Sponsored Links

関連記事と広告