Pocket

今回は、将棋タイトルで勝利した棋士がどのくらいの賞金を手にするのかや、プロ棋士の平均年収について具体的に紹介していきたいと思います。

私達にとっての将棋は娯楽のひとつですが、プロ棋士にとっては、まさにお金のかかった真剣勝負!なのです。

※↓こちらの記事もよく読まれています。

将棋タイトルごとの賞金

将棋タイトル 賞金

まずは代表的な将棋のタイトル戦の賞金について解説します。

竜王戦の賞金=4200万円

竜王戦の賞金は4,200万円で、準優勝は800万円の賞金となっています。

竜王戦では、まず6組に分かれて予選が行われます。

タイトル戦というのは挑戦権を得るだけでも大変なことですから、それぞれの組で優勝するだけでも賞金が支払われます。

優勝金額は90万円~450万円でトーナメントのランクによって優勝賞金が違います。

また、決勝トーナメントへと駒をすすめると対局料が発生します。

これは勝負の勝敗に関係なく1回戦目では、35万円~40万円。

準々決勝まで進むと、80万円~90万円。

準決勝では120万円、決定戦では330万円というのですから対局料だけですごいですね。

竜王の対局料は挑戦者とは別格で1,450万円もの金額です。

その挑戦者となる棋士には700万円が支給されます。


Sponsored Links

名人戦の賞金=2000万円

名人戦では、名人になっている人の対局料が1,050万円、名人と戦う相手の対局料は450万円となっています。

名人戦に優勝すると賞金として2,000万円が支給されます。

叡王戦の賞金=2000万円~3000万円

2,000万円~3,000万円と言われています。

明確にいくらというのは発表されていないのでわからないのですが、主催者であるドワンゴと、名人戦、竜王戦を主催する新聞社との関係性からおよそ上のような金額という説が有力です。

その他の公式戦の賞金

公式戦の中には、比較的低めで優勝賞金が300万円、600万円、800万円、1,000万円というものもあります。

公式戦以外のタイトル戦でも200万円~1,000万円の賞金が設定されています。


Sponsored Links

羽生善治さんの年収はどのぐらい?

プロ将棋棋士といえば誰もが知っている羽生善治さんの年収はどのくらいなのでしょう。

次の項目で見る基本給、ボーナス、対局料そして賞金を合わせると約1億円と言われています。

この金額に、講演やイベント出演料などをプラスするとどのくらいの金額になるのか想像するだけでもすごいですね。

この年収はプロ棋士と言われる人達の中でもダントツです。

一般的なプロ棋士の年収平均が700万円~800万円というのですから、夢のような金額ですね。

Sponsored Links

将棋棋士の平均年収は?対局料やお給料の仕組み

羽生善治さんのような超スタープレーヤー以外にも、プロ棋士として活躍している人はたくさんいます。

まだ経験が少ない棋士も活動するために生活費が必要ですから、プロになると基本給が支給されています。

おおまかにいうと、「プロ棋士の年収=タイトル戦の賞金+その他の公式戦賞金+テレビの出演料や書籍の原稿料など」といえます。

将棋には竜王戦・名人戦などの「タイトル戦」以外にも、いくつも公式試合があり、それらは出場するだけでも対局料が支給される仕組みになっています。

また、有名な棋士になるとテレビ出演やさまざまな将棋イベントでの解説、書籍などを出したときの原稿料なども収入になるのです。


Sponsored Links

プロ棋士の基本給はいくら?

1年を通して行われる順位戦のクラスによってランク分けされており、それぞれ基本給が異なります(当然、上のクラスに行けば行くほど基本給も高くなります)

棋士のクラス別基本給

  • 名人クラスは106万円
  • Aクラスは約65万円
  • B1クラスは約49万円
  • B2クラスは約32万円
  • C1クラスが約21万円
  • C2クラスが約16万円
  • フリークラスが支給なし

これが月給なので、それぞれ12か月をかけた金額が一応基本給だけでの年収ということになりますね。

Aクラスにまでなれば、基本給だけでも700万円以上ですから、一般的なサラリーマンと比べても高給取りといえるでしょう(これが高いとみるか低いとみるかは人それぞれだとは思いますが…)

なお、上のクラスのランク分けは、1年に一度決定されます。

この基本給に、公式戦などの対局料がプラスされてプロ棋士の年収となるわけですね。

Sponsored Links

棋士の基本給以外の収入とは

プロ棋士になると、基本給以外にも以下のような収入が発生します。

プロ棋士のタイトル戦賞金・基本給以外の収入

  • ボーナス(年2回)
  • 道場での指導料
  • 講演料
  • イベント出演料
  • 本を執筆したら執筆料

棋士としての人気が出て、活動の場が広がれば広がるほど、たくさんの収入を得ることができるのです。

まとめ

将棋タイトルの賞金を中心にプロ将棋棋士の収入を調べてみると、年収は高いです。

第一線で活躍している人だけではなく、公式戦の上位に食い込まなくても、サラリーマン以上の収入を得ることができることがわかりました。

公式戦、非公式戦にひとつでも多く勝ち進めればそれだけ収入アップに繋がり、お給料のクラスにも影響を与えるとなると気合が入りますね。

まさに実力勝負の世界ということがわかります。

プロ将棋棋士は、誰もがなれる職業ではありませんが憧れますね。

Sponsored Links

Pocket

関連記事と広告