Pocket

「パンドラの箱」という言葉は聞いたことがあるけど、意味がよくわからない…という人もひょっとしたら多いかもしれません。

言葉の雰囲気からすると、いかにも何か大変なこと、困ったことが起こったという感じがしますね。

しかし、この言葉はもともとギリシャ神話にあった言葉で、現在の日常生活で使われている意味とはちょっとニュアンスが違うのです。

この記事では、「パンドラの箱」の言葉の意味や語源についてくわしく解説します。


Sponsored Links

パンドラの箱の意味は「希望」?

パンドラの箱 意味

「パンドラの箱」は、ギリシャ神話の中に出てくる言葉です。

この神話の意味、実はいろいろな解釈ができるのです。

まずは「パンドラの箱」の語源になったギリシャ神話を簡単に紹介しましょう。

神が作った人間の世界では、最初は男性しか存在せず、災いがありませんでした。

そこにゼウス神が人類最初の女性「パンドラ」を作り、「決して開けてはならない」と言って箱を持たせて人間界へと送り込みます。

この箱にはあらゆる悪と災いが封じられていました。

パンドラは人間の世界に着くと、好奇心を抑えられずに箱を開けてしまいます。

その途端、封じられていた悪と災いが一斉に外に飛び出していきました。

パンドラはあわてて蓋を閉じましたが、あとの祭りです。

最後に箱の底に残っていたのは、「希望」だけだったというのが最後の結末になります。


Sponsored Links

「パンドラの箱」の神話の意味の解釈はたくさんある

この神話の解釈の仕方(つまり、この神話から何を学ぶべきか?ということ)は大きく分けて次の2つがあります。

「パンドラの箱」神話の意味の解釈

  • ①どのような悪や災いがあっても、最後には希望がある
  • ②そんな悪や災いがあっても、希望があれば生きていける

どちらにも共通することとして、「最後に残った希望に意味を見出している」ということがあげられます。

これは世界にどんな絶望的なことがあっても、希望は残されているというメッセージと受け取ることができるでしょう。

ただ、一般的に会話や文章で「パンドラの箱」が使われるときは、この「希望」の意味はあまり含まれておらず、どちらかというとネガティブな言葉として用いられることが多いですね。

これは、箱を開けることで、「これまで災いのなかった世界に悪と災いが投じられてしまった」という側面だけが一人歩きしている(つまり、その部分だけが強調されすぎている)ものと思われます。

日常生活で使う例文として、どのように使われているのか、次の項で具体的に見ていきましょう。

Sponsored Links

「パンドラの箱を開ける」の使い方と例文

一般的に「パンドラの箱」を使うとき、「それを開けたら大変なことになる」「開けたら最後、取り返しのつかないことになる」などの意味で使われることがほとんどです。

「悪や災いを招く」ということに重点が置かれているわけですね。

その例となる文章を紹介しましょう。

「パンドラの箱を開ける」の例文

「パンドラの箱を開ける」の意味を、例文を通して見ていきましょう。

この間の会議では不注意な発言をしてしまった。課長のパンドラの箱を開けてしまったようだ。→発言によって災いを招いた

激しい反応が返ってきたので、どうやらパンドラの箱に触れてしまったみたいだ。→触れてはいけないことに触れて、問題を大きくした

Sponsored Links

今回のプロジェクトでは、会社からパンドラの箱を渡された気分だ。→しくじると災いを招くことになる

上司が犯したミスを話題にするのは、事務所内ではパンドラの箱だ。→話題にすることはタブーである

どれも「パンドラの箱」を開けてしまったら、とんでもない災いがあるというニュアンスです。

ここではパンドラの箱に残された希望は忘れられて、開けることが固く禁じられていた箱を開けてしまい、大変なことが起きたという内容ばかりがクローズアップされているのです。

本来の神話では「最終的には希望が見いだされたこと」が大切なのですが、現在は否定的な言葉として使われることが多いことは理解しておくとよいかもしれません。

まとめ

「パンドラの箱」の意味や使い方について見てきました。

一般的にはあまりいい意味には使われないようですが、神話の伝えたかったことは「最後に希望が残った」という結末です。

これをネガティブに解釈するには少し無理があり、不幸があっても希望はあるというポジティブな意味合いが真の意図と言えるでしょう。

「パンドラの箱」を困ったときに使うとしても、気持ちの中では「希望」を忘れないようにしたいものですね。

Sponsored Links

Pocket

関連記事と広告