Pocket

「デカダンス」という言葉をファッションやお菓子(デカダンス ドュ ショコラなど)のネーミングで見ることもあるかもしれませんが、あまりなじみのない言葉ですよね。

この言葉は、実は文学的にとても意義のある言葉なのです。

この記事では、「デカダンス」の意味を検証しながら、その独特な世界観をひもといてみたいと思います。

Sponsored Links

デカダンスの意味は退廃的?

デカダンス 意味

デカダンスは直訳すると「退廃的」「病的」という意味で、そのような傾向や生活態度をあらわしています。

例えば、「この文学の主題はデカダンスにある」といったような場合には、「退廃的な生活や社会の風潮をテーマにした作品だ」という意味になりますね。

なお、「退廃的」というのは文化が過度に成熟して、不健全な状態になっている様子を意味します。

以下ではより具体的に、デカダンスという言葉の意味や由来についてみていきましょう。

デカダンスはフランス語

デカダンスはフランス語です。

その意味だけ見るとネガティブな意味合いを帯びていますが、日本でそのままの意味で使うことは少なく、主に芸術や文芸上の一傾向や、ファッションなどで使われています。


Sponsored Links

世紀末芸術としてのデカダンス

19世紀末にフランスを中心にしたヨーロッパで巻き起こった文学活動が、デカダンスと呼ばれていました。

当時のキリスト教的価値観に懐疑的な傾向があり、「退廃的」で「虚無的」、「耽美的」な表現をする文学や詩が世紀末芸術として、デカダンスと名付けられていたのです。

これらはデカダンス派と呼ばれ、社会にも影響を与えていました。

デカダンスに関連する作家や作品

デカダンスの代表的な作家にランボー、ボードレール、ヴェルレール、ワイルド、ドフトエフスキーなどがいます。

デカダンスとして著名な作品は、次のようなものです。

デカダンスをテーマにした作品として著名なもの

  • ランボー:詩集「地獄の季節」「イルミナシオン」
  • ユイスマンス:小説「さかしま」
  • ボードレール:詩集「パリの憂鬱」
  • ワイルド:戯曲「サロメ」

Sponsored Links

日本文学にもあったデカダンス

日本の近代文学でも、デカダンスの傾向や雰囲気を持つ作品が多くありました。

代表的な作家は三島由紀夫、太宰治、谷崎潤一郎などで、作品には次のようなものがあります。

日本の文学作品にみられるデカダンス

  • 三島由紀夫:「金閣寺」「豊穣の海」
  • 太宰治:「人間失格」
  • 谷崎潤一郎:「春琴抄」「細雪」

ファッションでも「デカダンス」は使われる

ファッションでも「デカダンス」という言葉が使われることがあります。

ただし「退廃的」というネガティブなニュアンスではなく、「耽美的」や「甘美」など、デカダンスという言葉の醸し出す独特の雰囲気を表現しているものが多いようです。

Sponsored Links

チョコレートで使われる「デカダンス」の言葉

高級チョコレートのブランドでも、「デカダンス」を使用しているものがあります。

これらがどういうニュアンスで使われているのかについて解説します。

ゴディバ

ベルギーの高級チョコレートメーカーのゴディバは、デカダンスと名付けたチョコレートドリンクを販売しています。

ショコリキサーと呼ばれるドリンクは、「ダークチョコレートデカダンス」と「ミルクチョコレートデカダンス」の2種類があり、フローズン、アイス、ホットと多様なスタイルで試すことができます。

デカダンスという言葉の持つ甘美な雰囲気を備えた、贅沢なチョコレートドリンクのようですね。

Sponsored Links

デカダンス ドュ ショコラ

ブランド名に「デカダンス」を入れたチョコレートショップがデカダンス ドュ ショコラです。

銀座と茗荷谷に店舗を構え、高級感あふれるショコラを製造・販売しています。

日本とフランスの融合をコンセプトに、最高級のクーベルチュールやリキュール、ナッツなどを厳選。

専属のパティシエがひとつひとつ作りあげるショコラは、「デカダンス」という甘美で芸術的な響きにとても合う一品です。

まとめ

「デカダンス」の意味について説明しました。

この言葉は、本来は文学や芸術の分野で使う言葉です。

近年では、元の意味の「退廃的」や「病的」よりは、「耽美的」「甘美」など、良い意味で使われることが多いといえるでしょう。

Sponsored Links

関連記事と広告