Pocket

「日本の経済は零細企業が支えている」とか、「日本企業の99%以上は零細企業」といったようによく言われますよね。

ただ、正式な意味として「零細企業」とはどのような定義があるのかよくわからない…という方も多いと思います。

この記事では、零細企業の定義や、そこで働くメリットやデメリットについて説明します。

自分の勤めている会社が零細企業なのか気になるという方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんね。

これから応募しようと思っている会社が零細企業だったら、どのようなメリット・デメリットがあるのかも知っておくと良いでしょう。

Sponsored Links

零細企業の定義とは?

零細企業 定義

零細企業と聞くと、ただ単に規模の小さい会社というだけでなく、弱小であまり儲かっていない会社というイメージを受けることもありますね。

イメージを抜きにすれば、中小企業よりも小さい会社を指すと言っていいでしょう。

この零細企業、実は法的にも定義があるのです。

業種と人数によって基準がある

零細企業は正式名称を「小規模企業者」と言い、中小企業基本法に次のような基準が設けられています。

零細企業=小規模企業者の基準

  • 卸売業:従業員5人以下
  • 小売業:従業員5人以下
  • サービス業:従業員5人以下
  • 製造業、建築業、運輸業、その他:従業員20人以下

それぞれの業種によって、仕事を回していくために必要な従業員の数は違います。

そのため、業種によって異なる従業員の人数が基準になっているというわけですね。


Sponsored Links

年商や資本金は関係ある?

零細企業の定義はこのように業種と従業員人数のみで決まり、年商や資本金はとくに定められていません。

それらが大きくても、業種ごとの人数が基準以下であれば零細企業ということになります。

中小企業との違い

中小企業も零細企業と同じく業種と従業員人数が判断基準になりますが、さらに「資本金」も基準に加わります。

業種
資本金 従業員数
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
その他 3億円以下 300人以下

Sponsored Links

ベンチャー企業との違い

中小企業や零細企業とは別に、ベンチャー企業という言葉を聞いたことがあると思います。

ベンチャー企業とは新しい領域や専門的な知識でビジネスを行う企業のことで、業種や人数で定義する零細企業と並べて比較することはできません。

つまり、零細企業の中にはベンチャー企業と呼べるところもあるし、そうでもないところもあるということですね。

おおまかにいうと、ベンチャー企業とは挑戦的な事業に取り組んでいる会社という意味ですから、比較的大きな企業であってもベンチャー企業と呼ばれることはあるのです。

ベンチャー企業は零細企業と同じく少人数で経営する会社も多いですが、急速に成長して莫大な利益を上げている企業も存在します。

零細企業で働くメリット

就職した会社が零細企業だと、マイナスイメージを抱いてしまう人もいるでしょう。

しかし、零細企業にもメリットはあります。

具体的には次のようなことが零細企業で働くメリットといえるでしょう。

零細企業で働くメリット

  • ①活躍の機会が多い
  • ②規則にしばられない

以下で具体的に見ていきましょう。

Sponsored Links

①活躍の機会が多い

零細企業は人数が少ないので一人に与えられる業務の種類や量が多くなる傾向があり、その分仕事に対する責任も大きくなります。

新人でも重要な仕事を与えられる機会があり、能力次第で活躍できるチャンスが増えるでしょう。

さまざまな仕事をこなすことで経験を積むことができ、スキルを高めることもできます。

向上心がある人には適した職場と言えるでしょう。

②規則にしばられない

大会社になるとたくさんの人を統率するために細かい規則があり、しばられることも多くなりがちです。

しかし零細企業は少人数なので、比較的きびしいしばりはないというメリットがあります。

アットホームな雰囲気の中で仕事ができるのも、零細企業ならではでしょう。

>>零細企業の求人を探してみる

零細企業で働くデメリット

零細企業で働く場合のデメリットとしては、次のようなことが考えられるでしょう。

零細企業で働くデメリット

  • ①福利厚生に不安がある
  • ②給与が低い傾向がある

こちらも順番に解説します。

Sponsored Links

①福利厚生に不安がある

零細企業は規模が小さいために資金面であまり余裕がなく、福利厚生や残業代などが手薄になる不安があります。

もちろん、中にはしっかりとしている会社もありますが、大会社、中小企業に比べると劣りがちと言えるでしょう。

②給与が低い傾向がある

同じく資金面での問題から、給与や賞与が他と比べて低い傾向があります。

ただし、その分だけ業績に応じて上がる可能性はありますが、零細企業である以上、給与面での不安は否定できないでしょう。

まとめ

零細企業の定義や、勤めた場合のメリット・デメリットを考察しました。

零細企業とはいえ、成長して従業員人数が増えれば中小企業へと変貌します。

自分の能力を発揮できる可能性もある零細企業、自分が頑張って会社の業績を上げるぐらいの意気込みがあれば、とてもいい職場になるかもしれませんね。


Sponsored Links

関連記事と広告