Pocket

ここでは「右翼・左翼」の言葉の意味や由来、その具体的な主張の違いについてわかりやすく解説します。

右翼は保守派、左翼はリベラル派などと呼ばれることもありますね。

天皇や韓国についての見解の違いなど、普段ニュースを見るうえで気になる話題について、右翼の人と左翼の人がどのような主張をする傾向があるのかについても考えてみましょう。

Sponsored Links

右翼と左翼の違いをわかりやすく説明すると

右翼 左翼 違い わかりやすく

冒頭でも見たように、右翼は保守的な主張をする人たち、左翼はリベラルな主張をする人たちのことをいいます。

ごく簡単にいうと、右翼は「昔からある価値観を大切にする人たち」・左翼は「新しい考え方をどんどん取り入れていこうという考え方を大切にする人たち」といえるでしょう。

右翼とは

右翼とは、保守的な思想をもとに意見を主張したり活動をしたりする人・団体のことです。

「保守的な思想」というのは、ごく簡単にいうと昔からある伝統を重要視するという考え方ですね。

政治や経済など、いろんなテーマにおいて右翼的(保守的)な考え方を持つ人たちは、「伝統」を重視する傾向があります。

例えば、経済政策については、右派の人は伝統的な経済理論に基づいて、市場の自然な経済活動にできるだけ介入しない政策を支持します(規制緩和に賛成など)


Sponsored Links

左翼とは

左翼とは、急進的で革命的な立場の思想を持った人や団体のことです。

もともとは明治時代の自由主義の運動から来ていますが、現代では社会主義や共産主義的な考え方の人を左派と呼ぶのが一般的です。

経済の話題で経済左派と言った場合は、できるだけ格差をなくして平等にすることを目指して、国が積極的に市場をコントロールすべきという立場です。

なぜ右と左で表現される?語源や由来は?

右翼と左翼、「あの人は右寄り」といった言い方をしますが、語源となっているのはフランス革命時代の議会です。

フランス革命のときの議会では、議長席から見て右側の席に保守的な思想を持った市民代表のグループが座っていました。

一方で、左側には当時フランス革命を推進していたジャコバン派という革命的な考えを持ったグループが座っていたのです。

このことから英語で保守的な意見を持つグループをright wing、改革を目指すグループをleft wingと呼ぶようになったわけですね。

その後この英語が明治時代に日本にもたらされ、和訳された結果「右翼」と「左翼」と呼ばれるようになります。

Sponsored Links

右翼と左翼の違いをわかりやすく:テーマごとの見解の相違

右翼と左翼のテーマごとの意見の違いを紹介します。

もっとも、右翼や左翼とひとことでいっても、ものすごくたくさんの論者がいますから、次で紹介する内容は「おおよそこういう意見を持つ人が多い」ということにすぎません。

同じ右翼(保守派)の人どうし、左翼(リベラル派)の人どうしでも、まったく異なる主張になることもありますから、注意してくださいね。

天皇についての見解の違いは?

右翼には日本の伝統を守るべきという保守的な考え方がありますので、伝統的な天皇のありかたは変えるべきではないという考え方を持っています。

日の丸や君が代についても賛成意見を持っている人が多いですね。

左翼は天皇制に反対する人もいますし、君が代斉唱に反対の人が多いです。

また、左翼の人や団体は夫婦別姓や外国人参政権など新しい制度を積極的に認めようという考え方が一般的です。

Sponsored Links

韓国についての見解の違いは?

一般的に、右翼団体は反韓意識が高いのが特徴です。

右翼主義的な考え方が伝統的な価値観(歴史についての考え方を含む)を重要視していることの表れと考えられます。

韓国では日本に併合された歴史に反感を持つ人が多いですから、必然的に日本の伝統や歴史にも反感を持つ人が多いです。

こうした韓国側からの反応が、右翼の人たちからすると「自分たちの価値観を馬鹿にされた」という反発につながることが多いのかもしれません。

韓国の主張に同調する人が多い左翼

一方で、左翼主義的な考え方では「戦前の侵略戦争(これも左翼側からの主張ですが)」について反省しようという意識が根強いです。

そのため、左翼の側からは韓国側からの「過去の戦争を反省せよ」という主張に対して、むしろ共感を覚える人が少なくないようです。

なお、左翼主義的な考え方では社会主義や共産主義に共感が強いですから、中国や北朝鮮といった社会主義を現実に標榜している国に対しても、シンパシーを感じる人が多いです。

Sponsored Links

ネトウヨとは?

インターネットの掲示板などではネトウヨという言葉がよく使われます。

これはもちろんネットで活動する右翼のことを指していますが、政治的な主張内容が右よりだからということで使われることはあまりありません。

ネット上で匿名性に隠れて意見が違う他人を激しく攻撃する人がネトウヨと呼ばれています。

そのため、著名人がSNSなどで右翼よりの発言をしても、それをネトウヨと呼ぶことはありません。

右翼寄り・左翼よりと言われる新聞や団体

日本の新聞には有名な全国紙が5つありますが、それぞれ若干右翼より・左翼寄りの特色を持っていると言われています。

もちろん全国紙なので全体的に客観的かつ公平に報道していますが、一般的には以下のような傾向があると言われています。

新聞社の右翼、左翼の分類

  • 読売新聞と産経新聞:右寄り
  • 朝日新聞と毎日新聞:左寄り
  • 日経新聞:どちらでもない

特定の新聞だけを読み続けるのではなく、バランスを考えるのもよいかもしれませんね。

まとめ

右翼はその国の伝統や慣習などの価値観を守っていこうという保守的な人や団体のことで、左翼は伝統にとらわれず自由や平等を実現する革新的な考え方を持つ人や団体のことです。

右翼というと街宣車のイメージがあり怖いという印象があるかもしれませんが、本来は国をより良くしていこうという意見の違いです。

右翼・左翼という言葉の先入観に惑わされず正しい意味で理解できるようにしましょう。

Sponsored Links

関連記事と広告