Pocket

この記事では、「ダイコンは大きな根?」の本文要約と、テスト対策や授業指導案を作成する際のポイントを解説させていただきます。

授業案を考えている先生方や、テスト対策の準備をしている生徒の皆さはぜひ参考にしてみてくださいね。


Sponsored Links

ダイコンは大きな根?本文の要約

ダイコンは大きな根?

ダイコンは漢字で「大根」と書くが、実際にはそのようなことはなく、上部と下部で器官が異なる。

上部は胚軸が太ったもので、下部は主根が太ったものである。

私たちは普段、ダイコンを食べる際には上の部分と下の部分とで違う器官を食べている。

また、上と下では水分量が違うため味も異なり、その特徴を活用して調理することで、ダイコンのさまざまな味を引き出すことができる。

普段何気なく食べている野菜も、植物として観察してみると興味深い発見がある。


Sponsored Links

ダイコンは大きな根?感想文の書き方

説明文についての感想を書くときには次のようなポイントを押さえましょう。

ダイコンは大きな根?感想文を書く時のポイント

  • ①文中の言葉を書き抜きながら自分の意見を述べ、説得力を持たせる
  • ②本文を読んで初めて知ったことについて述べる
  • ③筆者の主張について自分の意見を述べるようにする

以下、順番に解説させていただきます。

Sponsored Links

①文中の言葉を書き抜きながら自分の意見を述べ、説得力を持たせる

「ダイコンは大きな根?」のような説明文の感想を書くときには、本文中の言葉を用いるようにします。

そうすることで文章に説得力が増し、どこから何を考えたかということがわかりやすくなります。

②本文を読んで初めて知ったことについて述べる

説明文を書く筆者は、その分野に関して研究をした上で文章を書いています。

そのため、説明文を読んだ際、初めて知る内容が書いてあることが多いです。

あなた自身が初めて知った事実について述べることで感想文の質が上がります。

③筆者の主張について自分の意見を述べるようにする

本文に近い構成を意識し、筆者の主張について自分なりの解釈をまとめて書きましょう。

筆者と自分の意見が異なることもありますが、その際には共感した部分について述べるか、こういった考え方もあるのではといった提案のような形で述べるとよい文章になります。

Sponsored Links

ダイコンは大きな根?感想文の例文

タイトルが印象的で、段落構成も面白く、引き込まれる内容でした。

私たちが食べているダイコンは「根」なのかという、今まで考えたことのないテーマだったので頭の中でダイコンを想像しながら読みました。

実際には上と下で器官が違い、味も異なるということでとても驚きました。

「特徴を活用して調理すると、ダイコンのさまざまな味を引き出すことができます」という部分でも、大好きなダイコンをより楽しめます。

筆者がいうように、多くの野菜についても詳しく調べて、おいしく食べてみたいと感じました。

Sponsored Links

ダイコンは大きな根?【中1国語】授業指導案の作成

「ダイコンは大きな根?」の授業指導案を考える際には、以下のようなポイントを押さえましょう。

ダイコンは大きな根?授業案を考える際のポイント

  • ①段落の役割に着目しながら、事実と意見を読み分け、文章の内容を捉える
  • 筆者の説明のしかたの工夫について考える
  • 身近なものについて説明された文章を読み、文章の中で使われている言葉の意味や内容を捉える


Sponsored Links

テスト作成にあたって意識すること

説明文は、段落ごとに役割を持たせ、読者がわかりやすいように構成されていること
が多いです。

その中でも、筆者が調べたり明らかになっていることをまとめたりしている「事実」の部分と、その情報をもとに立てた仮説や筆者の考えなどの「意見」を述べることがあります。

本文は特にこの「事実」と「意見」が明確で読み手が「知りたい」という気持ちになるような工夫された構成になっているのです。

こうした「読みどころ」をもとに、テストの作成を行います。


Sponsored Links

ダイコンは大きな根?テストの出題例と解答解説

「ダイコンは大きな根」からは次のようなテスト出題が考えられます。

ダイコンは大きな根?テスト問題の例

  • ① 段落の役割(筆者の工夫)についての問題
  • ②「問い」の「答え」を探す問題
  • ③本文を理解しているか確認する問題
  • ④内容を簡潔にまとめる問題
  • ⑤筆者の主張を考える問題

以下、具体的なテスト出題例と、出題に対する解答例を解説させていただきます。

Sponsored Links

テスト問題例①:段落の役割(筆者の工夫)についての問題

筆者は、本文の構成を考えるうえでどのように工夫をしていますか。簡潔に述べなさい。

解答例と解説

「問い」と「答え」で段落が分けられ、読み手が理解しやすいようにしている。

本文中の構成について理解できているか確認する問題です。

この発問は授業中にも行い、しっかりと確認したうえで出題する必要があります。

理解できていない生徒がいる場合は、テスト終了後などに復習の時間をとりたいです。

Sponsored Links

テスト問題例②:「問い」の「答え」を探す問題

「ダイコンはどの器官を食べているのでしょうか。」という本文中の問いに対する筆者の解答に該当する部分を、文章中の言葉を用いて答えなさい。

解答例と解説

上にある胚軸の部分と下にある主根の部分

「答え」が書いてあるところの言葉をうまく組み合わせて解答する必要があります。

書いてある内容としては難しい問題ではありませんが、こういった問題が出たときに言葉を選んで文を作ることに慣れている生徒は国語の力が伸びていきます。

Sponsored Links

テスト問題例③:本文を理解しているか確認する問題

ダイコンにはなぜ辛味成分が含まれているのですか。十一字で書き抜きなさい。

解答例と解説

虫の害から身を守るため

辛味成分について書いてある段落に答えがあるため、よく理解できている場合は簡単な問題です。

書き抜き問題は「正しく」書くことが大切です。


Sponsored Links

テスト問題例④:内容を簡潔にまとめる問題

辛い大根おろしを食べたい人は、どのような調理をすればよいですか。文章中の言葉を用いて書きなさい。

解答例と解説

ダイコンの下の部分を力強く直線的におろして調理する。

ダイコンの特徴を詳しく書いてある部分から言葉を選び、自分なりの言葉でまとめる問題です。簡潔にまとめられるかがポイントです。


Sponsored Links

テスト問題例⑤:筆者の主張を考える問題

本文で筆者が読者に伝えたいことはなんですか。本文中の言葉を用いて簡潔に述べなさい。

解答例と解説

普段何気なく食べている野菜は、植物として観察してみると興味深い発見があるので、いろいろな野菜について調べ、魅力を発見してほしいということ。

筆者の主張をまとめる力が必要な問題です。

説明文ではこの力がとても大切なので、出す側としても解く側としても意識して考えておきたいです。

Sponsored Links

Pocket